お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

黒い瞳-プーシキン作「大尉の娘」より-(’19年宙組・博多座)

G

ロシアの文豪プーシキン原作の「大尉の娘」をモチーフに、ロシア帝国の圧制下に喘ぐコサック民族の反乱の中、民族と身分を越えた純粋な愛と男同士の友情を描く。1998年に真琴つばさ、風花舞ら、月組により初演、2011年には音月桂、舞羽美海を中心とした雪組により全国ツアーで再演された作品。1773年、ロシア。女帝エカテリーナII世(純矢ちとせ)が支配する帝国内では、圧政に苦しむコサック民族が反乱の機会を窺っていた。地方貴族の陸軍少尉ニコライ(真風涼帆)は、任地ベロゴールスク要塞へ向かっていたが、降りしきる雪で方向を見失ってしまう。夜も更け、従僕(寿つかさ)と途方に暮れていた時、通りがかった浮浪者が二人を宿屋まで案内する。ニコライは礼として自分の上等の外套を差し出すが、彼こそが反乱軍のリーダー・プガチョフ(愛月ひかる)だとは知る由もなかった。要塞へ辿り着いたニコライは、連隊長(松風輝)の娘マーシャ(星風まどか)に出会い、2人は互いに惹かれ合うが、マーシャは実はコサックの娘だった…。脚本:柴田侑宏、演出・振付:謝珠栄

お得なパック(1)

詳細情報

関連情報
劇場:博多座
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-11-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550

宝塚 舞台宝塚・舞台ランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す