お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

幸せへのまわり道

G
  • 吹替
  • 字幕

これは、実話に基づいた物語。ひとつの出会いが奇跡を呼び起こす。

ロイド・ボ―ゲルは、雑誌記者として華々しいキャリアを積んできた。今は愛する妻と生まれたばかりの子どもと暮らしている。ある日、ロイドは姉の結婚式に招待され、式場で絶縁していた父・ジェリーと再会を果たす。ロイドは、家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を許せずにいた。些細なことがきっかけで手を上げてしまうなど、心の内にわだかまりを抱えていた。数日後、ロイドは編集部の依頼で、子ども向け番組の司会者として人気者だったフレッド・ロジャースに関する記事を書くため、彼の仕事場を訪ねる。フレッドは、ひと目見ただけなのに、ロイドが抱えている家族の問題や心の葛藤を感じとる。一方、ロイドもフレッドの不思議な人柄に惹かれていく。やがて2人は、取材の名目を越えて、公私共に交流を深めていくのだった……。

詳細情報

原題
A BEAUTIFUL DAY IN THE NEIGHBORHOOD
関連情報
原作:トム・ジュノー 製作総指揮:ミカ・フィッツァーマン=ブルー,ノア・ハープスター,エドワード・チェン,ハワード・チェン,バーゲン・スワンソン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-11-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

幸せへのまわり道の評価・レビュー

3.8
観た人
2990
観たい人
11046
  • 4.0

    Sakikoさん2021/06/13 21:15

    トムハンクスってすごいんだな…
    ドキュメンタリー見てから見るとなおすごさが際立つ…
    息の吸い方まで完コピ…

  • 5.0

    YanRayさん2021/06/13 15:53

    事前にドキュメンタリーを観たら、いろんな側面でより透明度が増し、涙で目の奥が痛い...。

    映画の作りそのものが番組『Mister Rogers' Neighborhood』の精神を根幹にしているところに、ものすごい、ものすごい、感銘を受けた。画面越しの「あなた」に届けようとする語りかた。"1分間"のシーンはそれを最も表現している。

    非常に緻密で繊細な原案記事・脚本の賜物だろうなぁ。(実際の記事を読んでみたいなぁ)

    監督のマリエル・ヘラーさんは本当に天才だと思う。毎回繊細で丁寧な映画作り、心から尊敬する。

  • 4.0

    仲ちゃんさん2021/06/10 07:47

    【『仮面ライダーゼロワン』と重なるテーマ】

    鑑賞した日(2020年8月)の朝に観た『仮面ライダーゼロワン』と重なる部分があって、感慨深いものがあった。

    子供向け番組でも、重たいテーマ(仮面ライダーでは家族を殺した相手を許すことが出来るかと云う話だった)を取り扱う姿勢が、長く番組が続く秘訣なんだなあと改めて思いました。

    相手を許すのは、中々難しい。でも怒り続ければ、怒りは連鎖し、不幸の渦から抜け出せない。そんな大事で普遍的なことを優しく教えてくれる、『心がささくれだっている人』にオススメの1本です!

  • 4.0

    nonさん2021/06/07 11:53

    トム・ハンクス氏と『ペリーメイスン』のマシュー・リス氏共演。実話ベース。エンドロールの終わりにフレッド・ロジャーズさんご本人も登場。

    わたしのようにロイド寄りの人間にはとてもカウンセリング効果のある作品では。感情のコントロールって難しい。フレッドでさえ常に闘っている。でも、大切なもののためなら闘えるのかも。

    この邦題は好き。

  • 4.0

    ポーキュパインさん2021/06/06 15:39

    これを理解するのは難しいけれど、尊敬に値する主人公、最後ピアノを叩く主人公、近くて遠い、遠くて近い感じがとても良かった。こんな人いないと言ってしまえばそれまでだけど、こんな人を目指すことはできる。久しぶりにクリアな気持ちで見ることができた映画だった。

  • 3.8

    knykeastさん2021/06/06 07:20

    穏やかな作品です。とても優しい気持ちで眠りに誘われます。半分冗談で半分本当です!決して夜中には見ないで下さい(^^)。

    フレッド・ロジャース(トム・ハンクス)。子供向けの人気テレビ番組の司会者で、子供の感情と向き合い、前向きになれるメッセージを優しく発信し続けた実在の人物。

    その穏やかな語り口と笑顔で、世の中の複雑な事象を取り上げ、感情との向き合い方をわかり易く解説します。まるで自分がカウンセリングを受けている錯覚に陥ります。

    主人公のロイド・ボーゲル(マシュー・リス)は気鋭の雑誌記者。しかしその敵意に満ちた取材スタイルから、取材を敬遠されがちに。そんな中、フレッドだけが彼の取材を受け入れます。

    ロイドのどんな質問の中にも、彼の気持ちを汲み取り感謝の言葉を返すフレッド。まるで仙人です(^^)。こんな返しか!と感心してしまいます。

    どんなに忙しくても、時間に追われていても目の前の相手に全力で向き合い、そして必ず感謝を言葉にする。簡単な事に思えますが、どれも難しい事。でもそれが世の中を良くする極意に思えます。

    まぁ、これでもか!という位、珠玉の言葉の詰まった作品です。特にストーリーの起伏もある訳でもなく、フレッドの心の様に穏やかな作品でした。まさに事実は小説よりも奇なり!

    そしてフレッドを深く知るに従って、暗い過去を抱えるロイドも、少しづつ心の奥底が解き放たれ、気持ちに変化が訪れます。

    最後にフレッドの分身(^^)、内気なトラのダニエル(人形です!)が怒りに駆られた時に歌った印象的な言葉を。

    「怒るのをやめると気分がいい。僕の心をどうするか決めるのは僕!」

  • 4.0

    nagisaさん2021/06/06 01:42

    トム・ハンクスが目に入って無意識にもう観ようとしてた。

    大人は体が大きいだけで子どものままだと思う。
    思ってることと反対の言葉を言ってしまう。

    1分間目を閉じて傍にいてくれてる人を思い出そう。

    ありのままの君が好き。

  • 3.5

    よねさん2021/06/05 21:06

    トムハンクス×人生モノ
    のハズレのなさは凄いと思う笑。
    自分も父とはそんなにいい関係では
    ないのですが、凄くこれを見て
    救われたというか。

    仲良くあるべき!
    みたいな理論じゃなくて、
    父がいたから今の自分がいる
    って確かにそうで、遺伝で似てるところ
    もあるし父の苦手な部分にならないように
    真逆の人間っぽいところもあるし、
    時間はかかると思うんですが、
    今作の父子のように
    いつか歩み寄れたらなと思います。

  • 4.0

    はるすみさん2021/06/03 22:45

    人と比べない、ゆっくり焦らず自分の人生を生きようと思える作品でしたぁ。

    オープニングや印刷工場の映像、ミニチュアの街の模型などたくさんの工夫があって見ていてホッとするし雑な言い方するとオシャレになった気分になるよ!

  • 4.0

    ペコリンゴさん2021/06/03 21:57

    記録。
    抑え、赦し、向き合うこと。

    トム・ハンクスが実在した子供番組の司会者を演じたヒューマンドラマ。『ある女流作家の罪と罰』のマリエル・ヘラー監督作品。

    恐らく日本人の大多数が知らないと思われるフレッド・ロジャース。30年以上に渡る長寿番組『Mister Rogers' Neighborhood』での司会を通して、子供たちの道徳教育に貢献した人物だそう。

    YouTubeでチラッとオリジナルの番組を見た感じ、ミニチュアの街並みや、オープニングのシークェンスの再現度はバッチリ。そこだけ4:3のスタンダードサイズに変わるのも雰囲気出てる。フレッド当人と比べるとガッチリ体型ではあるものの、穏やかで優しい口調で話すトム・ハンクスもイイ感じだ。

    トムとは『ペンタゴン・ペーパーズ』以来の共演となるマシュー・リスが父親との確執を拭いされない記者を主演する。

    人を見抜く鋭い眼力。如何に意地悪な質問をされようが動じぬ姿勢と醸し出す雰囲気。「聖人」と形容されるフレッドとの交流を通して心に訴えかけられているのは、主人公ロイドだけではなく観ている我々でもある。あの「一分間」はその最たるものであり、彼の視線が誰に向いているかに気づきハっとするのだ。

    そんな「聖人」とて普通の人間であることを示す描写を随所で挿入するのも良き。怒りを抑え赦す。これは決して我々に出来ない事では無いのだと思わせてくれる。

    何から何まで上手だし、なんとも素敵な映画でしたね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す