お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ

G
  • 字幕

音楽ファンならば知らぬ者はいない稀代のフロントマン、リアム・ギャラガー。

音楽ファンならば知らぬ者はいない稀代のフロントマン、リアム・ギャラガー。伝説的なロックバンドオアシスの成功でスターダムにのしあがる反面、破天荒でスキャンダラスな行動でメディアから度々バッシングを受け、さらに兄弟との確執が表面化し、バンドは解散状態に。そこから新たに結成したバンドも解散となってしまう。失意の中、自らの力だけで音楽の世界を生き抜くことを決意したリアムは自身の音楽人生を賭け、ソロデビューアルバム『As You Were』を発表する―。『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』はイギリスのロックシーンを牽引するロックンロール・スター=リアム・ギャラガーの成功、挫折、苦悩そして、再起を賭けた感動的な復活劇を映し出す。

詳細情報

原題
Liam Gallagher: As It Was
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-12-25 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズの評価・レビュー

3.8
観た人
1464
観たい人
2707
  • 3.8

    りょうさん2022/01/22 13:47

    ボーヘッド結構出てきたけど、歴代のオアシスメンバーの中でもかなり重要人物説。

    ドン底からまた這い上がったリアム。カッコいい。

    たしかにノエルよりリアムの方がカリスマ性あるよね。

    ノエルも好きだけど。

  • 3.6

    どらみさん2022/01/20 23:29

    ロック・フィールドがめちゃ楽しかったんだけど
    リアムが語るノエルとの兄弟喧嘩の話とか
    録音終わりにパブで呑むのが楽しくて
    とっとと録音終わらせてたとか
    リアムが楽しそうに当時を語るのが本当に面白かったんだけど

    かつて刈谷日劇でこの作品観てたのも
    素顔のリアムの面白さが解った一つだよな~って
    珍しく感想ツイートしてないんだけどね。笑
    思い出して、こういう風に作品が繋がってゆくのって
    映画鑑賞の醍醐味の一つかな~って思いました

    刈谷日劇は音楽映画も良くかけるジャンルの一つだね

  • 3.8

    marscatさん2021/12/25 16:19

    人は自分がやってきたことからは、逃れられないんだなぁ。それが、オアシスのリアムなら、なおさら。

    10代のころから聴いていたバンドの、こんな話しを、20年以上も経って見るなんて、想像もしてなかった。

    だから、もしかしたら、20年後に突然仲直りして、オアシス再結成のライブが観られるかもしれないね。

  • 5.0

    Atsukiさん2021/12/24 01:06

    観終わった後、寂しさと嬉しさが込み上げる…リアムは色々な意味で変わった。大人になった。彼の周りの人のことを思えばoasis解散してよかったとまでも思ってしまう。特に兄貴のポールとボーンヘッドは常に最高のサポートメンバーだし、なによりも今の奥さんがリアムのことをしっかり理解してコントロール、マネージメントしてる…家族を想うリアム、特にLennonとGeneに対する愛は本物だろう。
    そして母の事を想うならノエルと生きてる間に和解して欲しい。
    ドン底で色々なことに気づいたリアム
    大学2年の時に聴きまくってたソロファーストアルバムの曲達もあの当時とは違った様に聞こえ、切なくなった
    かつてのリアムギャラガーはもう見れないが新しく生まれ変わった彼を俺は死ぬまで追いかける

  • −−

    toraさん2021/12/23 22:45

    oasis、Beady Eayの解散を経て自分を俯瞰できるようになったから、今のLiamは昔とは違った人の良さとかっこよさが出てるのかな
    いい嫁と息子だな〜

  • 3.6

    Takenさん2021/12/09 04:11

    こちらも記録忘れ。リアムは大人になったのだ。しかしREUNIONを期待し続けてるのは誰よりも彼なのかもしれない。

  • 3.0

    KazuIrieさん2021/11/08 23:30

    リアムギャラガー目線でのオアシス解散から今まで。積み上がってきたものではあろうが、フランスでのライブ中に楽屋で大喧嘩してそのまま解散、はクレイジーすぎる。リアムは死ぬまでオアシスのつもりだったけどノエルがもうリアムとはできない、と。その後のリアムはどん底を味わうも、パートナーのデビーと出会い復活。他にも実家に帰るシーンや子どもと触れ合うシーンで家族を大切にしていることが伝わってきた。然し同じく家族であるノエルとは10年以上話してないとは、壮大な兄弟喧嘩である。

  • 3.7

    映画効果72さん2021/11/03 22:31

    ほぅほぅ
    色々大変やったんやなぁリアム…
    そりゃロックスターだもんね。

    観賞後As You WereとWhy Me Why Notポチり…ソロってガッカリしそうであんまり興味無かったんですが、しっかり聴いてみたくなりました。映画内では触りぐらいしか聴かせて貰えませんし。

    リアム視点だからノエル側からはどうなんだろう?とも思ったりします。まぁどっちもどっちな気もします。

    確かにシンガーとしてのリアムの声ってジョン・レノンの様であり、ジョニー・ロットンの様であり唯一無二ですよね。先日beadyeyeの1stを聴いてたらその凄さが分かりました(今更?笑)曲にロック力を付加するパワーが凄い。今またシンガーとしてoasisと向き合ったらどうなのかな?

    映画では家族、兄への想い、oasisへの想いが吐露されていました。oasis=兄への気持ちはまだ整理出来てない感じがしました。未練ありというか。2009年以来会ってないし連絡すらとってないとか。お母さん兄弟の事心配していて可哀想だなぁ。

    oasis再結成を望むかというと微妙ですが、2人がまた同じステージに立って欲しいとは思います。

  • 3.0

    Taskさん2021/10/26 21:34

    前から観たかった「Liam Gallager -As It Was-」やっと観れました〜。

    "Oasis" から "Liam Gallager" のソロまでのキャリアを描いた、ドキュメンタリー映画。けど、いい意味でも、悪い意味でも、内容が単調で、少し退屈やったかな〜と感じた。 

    本人的には、もちろん、激動のキャリアというのは、観ていて分かるんやけど、いかんせん、観ている側には、なんかこう、退屈な印象を受けてしまう。構成力不足なんかな。

    "Oasis" も、"Liam Gallager" も好きやねんけどな〜。もったいない作品と感じる。

  • 4.5

    YOSSYさん2021/10/22 21:51

    ノエルとの確執の深さがよくわかる。 それでもやっぱりoasisの再結成を夢見たい。 もう少しlive映像をフィーチャーしても良いのでは? とにかく生で観たい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました