お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

13月の女の子

G

亡くなった友達にまた会いたい たとえ世界が終わりだとしてもー女の子たちによる心温まるSFヒューマンドラマ。

女子高生、穴森一穂は引っ込み思案でクラスに馴染めずにいた。そんなある日、生まれつき心臓病を患う唐木田巫女と偶然出会い、二人は親しくなっていく。しかし半年後、巫女は入院中に亡くなってしまう。悲しみに暮れている一穂に一通の手紙が届く・・・。『唐木田巫女について話があります。明日の夜、あの部屋に来て』巫女についての話とは?一穂は一人、夜の校舎へと入って行く。そこには、巫女の死と同時に現れた謎の転校生・浮間莉音が待ち受けていた。

詳細情報

関連情報
撮影:春木康輔 編集:戸田彬弘 美術:中村哲太郎 音楽:茂野雅道
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-03 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

13月の女の子の評価・レビュー

3.6
観た人
311
観たい人
1148
  • 3.0

    MaIkoさん2021/05/25 21:03

    萩原みのりちゃん目的で見たら
    SFよりのお話だった、、、

    そのため乗り切れず、、、
    ただこの時の萩原みのりちゃんかわいい。

  • 2.6

    筍さん2021/05/18 21:35

    結局、アイドル映画やったんね😅

    何か突拍子もない映画だったな~😣
    SFでもあり、アオハルでもあり、サスペンスでもある😅
    色々ごちゃ混ぜ😵

    唯一、チームシャチホコの子だけ知ってた😅

    映像はいいんだけどね~😅

  • 3.0

    boscoさん2021/04/09 01:46

    パラレルワールドをテーマにしたジュブナイルSF舞台を映画化。

    世界線移行による同一人物の存在重複を
    魂や存在を枠外に押し出す概念で解決しているのか?と考えると…
    最初に巫女が死んでしまった要因が
    別世界線の巫女が一穂に会いたい一心で
    その世界線に来たことかもと思うと
    なんとも切ない話になってしまいますね。

    サスペンス脳としては
    投票シーンで危険因子の排除(口減しを言い出す独裁性や組織票を企む人間性)に動かないのがモヤモヤしましたが、
    彼女たちが本質的に悪者ではないんだろうな、とも考えられて引きずらずに観れました。

    走るセーラー服って青春って感じでいいですね。

  • −−

    Gautamaさん2021/04/03 13:23

    ちょっと時をかける少女に新要素を足したタイムスリップもの。でも本当にこれ女子高生目線で作っているのか疑問に思う箇所もあった。出演者目当てでしか皆んな見てないだろw

  • 2.5

    kiraさん2021/03/28 10:32

    自分の理解力が足りなくて内容が入って来なかった・・・

    皆さん、レビューで補足していこうと思います😅

  • 3.6

    ヒジィアレンさん2021/03/22 16:12

    会いたかった

    小宮有紗主演
    パラレルワールド設定のSF青春映画

    シンプル
    女の子達の心理的な話

    青春と愛とSF

    もっと設定を活かして13月を使って良かったんじゃないかなあ
    ちょっと惜しい感じ
    投票シーンはなんか『人狼ゲーム』っぽいハラハラ感だったけどそれ以上にインパクトはなかったかなあ

    出演者がかわいい女優さんばかりです
    小宮有紗ちゃんは『ゴーバスターズ』の子
    最近売れっ子の萩原みのりちゃん出ています

  • 3.8

    リョウタさん2021/03/15 05:21

    2021年 155本目

    みのりちゃんが出演しているということで鑑賞
    やっぱり凄い女優さんだ

    生贄投票での女子たちが怖かった

    13月という設定をもう少し使ってほしかった

    エンドロールで流れた主題歌の「一期一会」がとてもよかった

  • 2.3

    よこちんさん2021/03/10 20:52

    2017年に初演された同名舞台の映画化作品。良くも悪くも“舞台風アイドル集結群像劇”といった感じ。
    あえて映画化しなくてもよかったのではという気がしてしまいました。

    また“パラレルワールド(並行世界)”という設定は扱いが難しい気がします。
    本作の設定で、別の世界では“13月”という暦を使用していて、こちらとあちらの世界で時間のズレが生じることになります。そういう時間的ズレがなおざりにされていて少し気になってしまいました。

  • 2.0

    くるーぞーさん2021/03/08 21:20

    石川 瑠華ちゃんが出てるから観てみたよ!

    そうブスもデブもイケメンも一切出てこない
    ドルオタが喜びそうな映画だった。
    といってもアタクシ アイドルにはあんまり
    くわしくないし乃木坂とか興味ないし
    どっちかというとチームしゃちほこ とか
    たこやきレインボーの方が好きなんだけどね
    て詳しいやん!
    そんなことは置いといて
    舞台の方が面白そうな感じだし
    美少女しか出てこないっていうのもなんだかなぁ。
    アイドル映画としかいえないような・・。
    それと中盤からのサバイバルな展開は何?
    どうせやるなら最初からやればいいじゃん。
    何しろ女の子が沢山出てきて
    誰が誰やらよくわからないから生贄選挙シーンが
    全然盛り上がらないんだよね。
    生贄の子と津田寛治の追っかけの子の
    サバイバルのオチの方が気になったよ!
    てかラストは要するにまどマギみたいなオチということで
    オッケーなのか?よくわからないな。
    あ!なんて熱くレビュー書いてたら石川 瑠華ちゃんのこと
    書くの忘れてた。まいっか。

  • 3.5

    しばお家さん2021/03/01 01:26

    観る前までは切ない青春映画なのかなと思ってたけど、いい意味で180度違った。
    昔風の画面や考察しがいのあるストーリー、演者さんたちが制服を着てもあまり違和感を感じずリアリティがあった。
    津田寛治さんも渋かったなぁ…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る