お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

朝が来る

G

[監督]河瀨直美×[原作]辻村深月 感動ミステリー映画化。「子供を返してほしいんです」1本の電話から、運命が動き出す――。

「子どもを返してほしいんです。」平凡な家族のしあわせを脅かす、謎の女からの1本の電話。この女はいったい何者なのか―。一度は子どもを持つことを諦めた栗原清和と佐都子の夫婦は「特別養子縁組」というシステムを知り、男の子を迎え入れる。それから6年、夫婦は朝斗と名付けた息子の成長を見守る幸せな日々を送っていた。ところが突然、朝斗の産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性から、「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってくる。当時14歳だったひかりとは一度だけ会ったが、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心優しい少女だった。渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い女には、あの日のひかりの面影は微塵もなかった。いったい、彼女は何者なのか、何が目的なのか──?

詳細情報

関連情報
撮影:河瀨直美 原作:辻村深月 『朝が来る』(文春文庫) 共同脚本:髙橋泉 製作:キノフィルムズ・組画
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-24 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

朝が来るの評価・レビュー

3.9
観た人
15955
観たい人
22275
  • 3.8

    kanegoneさん2021/12/02 14:00

    これが河瀬直美監督か…

    樹木希林の「あん」とは、また全然違って感じられた。

    重いし、その重いところが長いし、ちょっと疲れるんだけど、いい映画だった。

    丁寧に撮られた映画。
    人の事情を分かってあげようと少し努力したくなるような映画。
    風景の美しさを捉えた映画。

  • 3.5

    miekoさん2021/12/01 21:15

    2021年140作品目

    11月は名古屋、大阪と出張のお仕事が続き忙しく過ごしていました。
    今日から12月。
    休む間もなく次のお仕事準備を始めていますが、少しだけ映画を観る時間も取りながら無理せず師走を駆け抜けようと思います。

    みなさんも大変だった2021年の残り一ヶ月、どうかお体お心共に大切にお過ごし下さい。

  • 3.5

    きなさん2021/12/01 17:15

    2021/12/1
    wowow

    河瀬監督の映像は自然を撮ってるとこからはじまるけど、この映画はその描写が多過ぎませんかね。
    ドキュメンタリー風を誇張してるように感じる。
    最後のエンドロールを見なかった💦またwowowでやったら録画してみなきゃです。

  • 3.2

    cocomilk8o8さん2021/11/29 20:09

    重いし、日本映画になるとなんでこんなに陰気度が増すんだろう。

    ひかりちゃんが不憫でならない。
    若い無知さもあると思うが、
    結局女性が苦しむことになる。
    とにかくひかりちゃんが不憫で、家族も毒家族で恐怖しかない。

    唯一の救いは養子先の栗原夫婦。
    佐都子はとても人間出来ていて強い人。

    エンドクレジット後も絶対最後まで見て欲しい。
    それで全て救われるし、明るい未来が見える。

    ひかりちゃんが産んでくれたことで感謝している人がいる。
    あなたは一人ではない。そこに貴方の血を分けた息子もいる。

    俳優さんの演技も秀逸で素晴らしかった。
    でもひかりちゃんの人生が重すぎて、
    ちょっと自分にはきつかった💦

  • 4.0

    Aさん2021/11/29 19:43

    すごくすごく綺麗な映画だった。広島での朝、東京での朝どちらも美しかった。大人になってもう一度見たいな。

  • 4.3

    葵奈太さん2021/11/29 12:30

    心が痛い…
    1組の夫婦と1人の少女どちらの視点も描かれていて、それぞれが抱く悩みや葛藤が繊細に描かれていてどちらにも強く感情移入してしまった。

    辻村深月信者なので更に高得点をつけております。
    情景や間がとても良く
    監督の方は辻村深月の本をしっかりと読み込まれている印象を受けました 。

  • 3.8

    パンおいしいさん2021/11/29 12:06

    なんでひかりばっかりこんな目に...と思って逃げた彼氏への怒りが止まらなかった 家族の配慮も足りないと思う、あれはキレてもしょうがない

    不妊に悩む前半の描写も繊細で印象に残った 酒飲んで同僚に辛さを吐露する井浦新の演技がリアルすぎて忘れられそうにないな

  • 3.9

    hikaruさん2021/11/29 02:39

    ドキュメンタリー感が強くて
    何とも言えない気持ちで見終わってからの
    エンドロールの一番最後に
    心が少しあたたかくなった

    養子をもらう側、養子に出す側
    どっちのことも丁寧にかかれてて
    子供ができない旦那さんの
    居酒屋での同僚との話。。
    旦那が原因で子供を授かれなくても
    旦那さんといたい妻

    妊娠をきっかけに人生も家族も
    めちゃくちゃになった女の子と
    ごめんって泣いただけで
    何事もなかったかのように生きていく男の子

    誰の立場にたっても悲しくて苦しい

  • 4.0

    gagaさん2021/11/28 23:32

    けっこうヘビーな内容だけど、多くの人にとって観る価値あり。

    原作は辻村深月の『朝が来る』で、養子縁組がテーマ。
    育てる側と産みの親側の双方にバランスよくスポットを当てている作品。

    この映画を観たら、中学生でママになってしまった人に対して、無責任だと言えなくなるはず。
    それまでは無関心かつすこしの偏見があった自分が恥ずかしい。

    若年出産に限らず、男が逃げちゃって、母子が孤立するパターンはほんとに、胸が締めつけられることを体感した。
    日本社会には自立自助という浅はかな考えで、自分ではどうすることもできない人達に、手をさしのべる場を奪わないでほしい。

    あと、どっかで見たことある映像体験だな、と思ったら『あん』だった。
    河瀬監督がストーリーの合間に挟む、美しい自然風景や生活音が心地よい。
    河瀬監督にはぜひ、瀬尾まい子の小説を映像化してほしい!

  • 4.7

    apさん2021/11/28 22:56

    不妊治療を続けていたがなかなか妊娠に至らず子どもを持つことを諦めていた一組の夫婦が、特別養子縁組という制度を知り、新たな家族として息子を迎え入れる。てっきり夫婦の物語だと思っていたが、この映画は、中学生で妊娠、出産し、子どもを手放すことになった女の子の人生にも焦点を当てていく。「特別養子縁組」という制度をテーマに、子どもの生みの親と育ての親の「ふたりの母親」を軸に描いた物語。素晴らしいラスト……

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る