アダルト
  • トップ
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 作品配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • ライブ
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

G アプリでDL可: レンタル 購入
1時間37分 字幕あり 音声:スペイン語/日本語

ムヒカ大統領が日本にやってきた!彼が私たちに伝えたかったその思いとは?

2012年、ブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連会議にて、現代の消費社会を痛烈に批判し、人類にとっての幸せとは何かを問うたウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ。その感動的なスピーチ動画が瞬く間に世界中で話題になったことで、田部井監督は当時ディレクターを務めていたテレビ番組で彼を取り上げることになる。ウルグアイへ渡った監督はそこで一度も日本に訪れたことのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。なぜ、ムヒカは日本のことをよく知…続きを見る

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

リンクがクリップボードにコピーされました

詳細情報

イメージを拡大する

場面写真

キャスト・スタッフ

出演:
監督:

あらすじ

2012年、ブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連会議にて、現代の消費社会を痛烈に批判し、人類にとっての幸せとは何かを問うたウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ。その感動的なスピーチ動画が瞬く間に世界中で話題になったことで、田部井監督は当時ディレクターを務めていたテレビ番組で彼を取り上げることになる。ウルグアイへ渡った監督はそこで一度も日本に訪れたことのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。なぜ、ムヒカは日本のことをよく知っているのか?その後もその疑問の答えを突き止める為に監督は何度もウルグアイへと渡り、大統領退任後のムヒカへの取材を重ねる。監督は多くの日本人にムヒカの言葉を聞いてほしいと願うようになり、ムヒカ自身も訪日を熱望。絵本の出版社の協力を得て、彼の来日が実現する。

関連情報

プロデューサー:大島新,堀治樹 音楽:石崎野乃  主題歌:三浦透子「uzu」 企画:濱潤 プロデュース:濱潤

最新!ドキュメンタリー洋画月間ランキングもっと見る

アメリカン・ユートピア アメリカン・ユートピア

映画の原案となったのは、2018年に発表されたアルバム「アメリカン・ユートピア」。この作品のワールドツアー後、2019年秋にスタートしたブロードウェイのショーが大評判となった。2020年世界的コロナ禍のため再演を熱望されながら幻となった伝説のショーはグレーの揃いのスーツに裸足、配線をなくし、自由自在にミュージシャンが動き回る、極限までシンプルでワイルドな舞台構成。マーチングバンド形式による圧倒的な演奏とダンス・パフォーマンス―― 元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンと11人の仲間たちが、驚きのチームワークで混迷と分断の時代に悩む現代人を”ユートピア”へと誘う。

¥440

(0.0)

デイヴィッド・バーン

1位

クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー

タフガイ、西部劇スター、そしてアカデミー賞受賞――クリント・イーストウッドほど様々な顔を持ち、長きに渡って活躍するアーティストは類を見ない。俳優、プロデューサー、監督、フィルムメーカーと、唯一無二の“映画スター”として今もなお現役で飛躍し続けるイーストウッド長年の功績を、9つのエピソードで辿る!

¥550

(0.0)

クリント・イーストウッド

2位

SNS-少女たちの 10 日間- SNS-少女たちの 10 日間-

2020年、1 本のドキュメンタリーが世界を震撼させた。そこは巨大な撮影スタジオに作られた 3 つの子供部屋。幼い顔立ちの 3 名の女優が、“12 歳・女子”という設定の下、部屋に設置された PC を使い SNS で“友達募集”をしたところ、なんと 10 日間で 2,458 名もの成人男性がコンタクトをとり、卑劣な誘いを仕掛けてきたのだ。撮影されているとは気付かず、未成年に対する容赦ない欲望の行動は徐々にエスカレートしていき…。

¥440

(0.0)

テレザ・チェジュカー

3位

ブックセラーズ ブックセラーズ

社会の多様化やデジタル化で、本をめぐる世界は大きく変わってしまった。書店は、本は、未来に生き残るのだろうか…いや、本の魅力は絶対になくならない。本を愛する人たちのそんな思いに応えてくれるのが、本作『ブックセラーズ』だ。世界最大規模のNYブックフェアの裏側から、業界で名を知られたブックディーラー、書店主、コレクターから伝説の人物まで、登場する人々の本への愛情、ユニークなキャラクターには誰もが心惹かれずにはいられない。インタビューに登場するNY派の錚々たる作家たちや、ビル・ゲイツによって史上最高額で競り落とされたダ・ヴィンチのレスター手稿やボルヘスの手稿、「不思議の国のアリス」のオリジナル原稿など希少本が多数紹介されるのもたまらない魅力だ。本を愛するすべての人に届けたい一級品のドキュメンタリーである。

¥440

(0.0)

デイヴ・バーグマン

4位

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

≪世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館の知られざる舞台裏を描いた、劇場大ヒットの話題作!≫世界中の図書館員の憧れの的であり、NY有数の観光スポット。本作の主役は、荘厳な19世紀初頭のボザール様式の建築で知られる本館と92の分館からなる世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館だ。文学、芸術などの分野でも多くの人材を育て、またNY市民の生活に密着した敷居の低い図書館。その活動は、我々の固定観念を打ち壊す。

¥440

(5.0)

フレデリック・ワイズマン

5位

21世紀の資本 21世紀の資本

原作本は700ページを超える超大作だが、映画は難しい数式など一切使うことなく、「ウォール街」「エリジウム」「ザ・シンプソンズ」などの映画やアニメをふんだんに引用し、時代を彩ったヒット曲をちりばめながら(音楽担当はエレクトロポップ・デュオ、エールAirのジャン=ブノワ・ダンケル)、わずか103分で原作本のエッセンスを五感に叩き込む。まさに唯一無二の“学べる”エンタテインメント!

¥440

(4.7)

トマ・ピケティ

6位

ヴィンテージバイクを愛する男たちの21日間 ヴィンテージバイクを愛する男たちの21日間

『イージー・ライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』ファン必見!ヴィンテージバイクを愛して止まない男たちが旅する21日間を追った冒険ドキュメンタリー。

¥1,100

(0.0)

ロバート・パトリック

8位

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人への評価・レビュー

4
観た人
860
観たい人
3610
  • 3.8

    おふみさん2022/01/10 12:21

    日本の文化や規律に敬意を表したあとにウルグアイの方へ「私たちは幸せだ。人生で大切だと思うことが違うだけだ。」という言葉が刺さりました。若者との対話のシーンも感動的で、いつか子供にも観せたいと思いました。

  • 4.5

    炭鉱倶楽部さん2022/01/10 11:34

    「富の平等な分配で世界を改善できる」
    この理想は実際には人類の考え方を変えなければならない。


    ちょっとしたお金は人に安心感を与える。
    だけど物やお金のために生活することはおかしい。
    マクロ的な視点で見て、国際社会・資本主義社会には問題は山積みだが一人一人の姿勢ははシンプルでいい。
    自分が夢中になれて、情熱を注ぎたいもののための選択をすること。

    生きていれば問題には必ず直面する。
    だけど歩み続けることで必ず色々な形で夢は成し遂げられる。

  • 3.5

    rstmnysさん2022/01/08 22:59

    インタビューの中で投獄されてた12年の間に孤独の中で考えを深めていったって言ってたけど、その中で社会のこと、政治のこと、生き方のことそれぞれに独自の哲学を築いていったんだろうなと思った。
    何のために生きるのか、幸せとは何か立ち止まって考えてみようと思った。

  • 3.5

    Ruuさん2022/01/05 10:20

    少し遅れましたが...
    明けましておめでとうございます🎍
    今年も宜しくお願いします✨

    2021年最後をムヒカさんにしたので
    2022年最初もムヒカさんにしました✨
    年末に見たものよりは見易い作りになっていて
    でも映画というよりテレビを見ているようでした。
    テレビ番組のディレクター作だからかな。
    "世界一貧しい大統領"、
    ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカさん。
    実際は"貧しい"とは全然違う、
    質素な暮らしぶりなだけで心の豊かさたるや。
    公邸には住まず収入の大半を寄付、
    大統領は多数派に選ばれたのだからその多数の人と
    同じ暮らしをしなければならないと言う。
    前作同様他の書籍類の方が私は好きだけど、
    こちらも観れて良かったです。

    ムヒカさんの考え方だけで全ての問題が
    良くなるわけではないけど、
    日本にもあんなリーダーがいてくれたら、と
    願わずにはいられない。

    【我々は発展するために生まれてきたのではない 幸せになるために地球に生まれてきたのだ】

    2022→1

  • 4.1

    イーデスハンソンしげゆきさん2022/01/02 08:43

    意外にと言えば失礼かもしれませんが、良かった。
    またどこかの小さい国の大統領かと思いきや、ウルグアイやねんね。そして、元々穏やかな、清廉な人なんやと思いきや過激派やし。でも今の日本を考えさせられる。生まれたから生きるのか、コントロールするのか。日本は勤勉で規律がある。自国は怠惰なのか?と問われると「幸せだよ」と。広島を訪れるのは義務。西洋化し、アジアで確固として先進国入りした日本。そして今や色々な国に追い越されていきつつある日本。今こそ何が幸せでどう考えるか。いい映画に出会いました。

  • 5.0

    そこそこのFilmaniaさん2022/01/01 23:27

    日本製の映画だと見やすい。
    所々シーンの切り替えがくっきり変わって
    あっ違うシーンになるのね!と驚かされたが。
    感情移入しやすいというか、ナレーションの安藤さんの声が聞き入れやすかったのもある。


    ウルグアイには多くの日本人が住んでいることを知った
    若かりしムヒカさんと現在のムヒカさんの顔の以外の差がありすぎて面白い。
    ムヒカさんの話す一文一文に重みを感じる。
    話し方が印象的

  • 2.5

    Umaさん2021/12/31 15:20

    人に誘われなきゃ観ないタイプの映画だった。
    貧しいというのは金銭がないことではなく、欲しいものに際限がないこと。物欲が止まらない私には耳が痛い。

  • 1.5

    Niaさん2021/12/30 12:40

    ムヒカは好きなので見てみたら日本の若きテレビマンが作ったドキュメンタリーと言う事で非常テレビ的な構成。これを映画館で…という事でスコア低め。映画館で見なくて良かった〜。

    ムヒカのざっくりとした半生、政治的信念、基本的な考え方などは再度理解できたけどとにかく32歳子持ちの僕語りがキツい。これを見る人はムヒカやウルグアイの事を知りたいと思うのだけど、まさか遥々ウルグアイまで行ってテレビでお馴染み「日本についてどう思いますか?」を始める神経にびっくり。考えに切り込む様な質問は全くできないし、思い出作りみたいな海外出張に経費が下りてしまう日本企業、まだ景気良いつもりなのでは?という感想。

    2016年5月に初めての子どもが産まれて歩世と名付けたと熱い思いを語りながら、6月にはウルグアイにインタビューに行ってる無神経さに呆れた。

  • −−

    じゃさん2021/12/27 17:35

    貧しい人とは少ししか物を持っていない人ではなく、もっともっといくらあっても満足しない人のことだ
    発展は人類の幸せ・愛・子育て・友達を持つこと、そして必要最低限の物で満足するためのもの。幸せこそが一番大事な宝物だから。
    なぜ日本人は広告に西欧人を使うの?

  • 3.9

    まきまきさん2021/12/22 22:51

    自宅で観ましたぁ〜。

    「生まれたから生きる」

    「自分の人生を操縦する」

    ムヒカさんの言葉は
    とっても伝わる。

    響く。

    それは、彼のムヒカの言葉だから。
    そこへの裏づけが、彼の人生にある。
    語りかける話し方。

    後半、
    学生への講演会。
    これだけでも、この作品見る意味あるし、
    熱い人だなぁ〜。
    そして、とっても魅力的。

    幸せとは何なのか?
    たいへんそのことが良くわかる。
    たぶん、ムヒカが語る幸せ、
    その幸せを、人が求めることが、
    社会の、
    世界の、
    幸せなんだよね(^_^)

    やっぱりドキュメンタリーは面白い☺️

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    公式ソーシャルメディアのご紹介

    RakutenTVをフォローしよう
    表示モード:
    スマートフォン
    PC