お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ファーザー

G
  • 字幕

第93回アカデミー賞(R)2部門<主演男優賞><脚色賞>受賞!老いによる思い出の喪失と、親子の揺れる絆を描く。かつてない映像体験で心を揺さぶる感動作。

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。だが、それが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰だ?なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか?ひょっとして財産を奪う気か?そして、アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか?現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた〈真実〉とは――?

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ファーザーの評価・レビュー

4
観た人
20293
観たい人
39225
  • −−

    AKIRAさん2022/01/27 09:15

    どこまでが現実で妄想なのか、それすら本人が気づかないというのは怖い。作中の主人公は娘もいるしお金もありそうだからまだ救いはありそうだけれど、孤独老人で経済的にも貧しく認知症になってしまった場合はどうすればいいのだろう。人生に恐怖する作品だとも思った。

  • 5.0

    スタンダードさん2022/01/27 08:39

    【認知】


    幼い頃はある日自分が突然、
    全く違う環境に置かれた気持ち
    になることが多々ありました。


    それは僕の知らぬところ、
    大人の事情で変わる環境もあれば、
    僕自身の能力が起因することも。


    他の子より学習能力が劣り、
    習い事で気付くと同期は、
    次の階級へと進んでいくのです。


    でも自分の能力を自覚し、
    ここが自分の居場所なのだと、
    いつしか認知するように。


    認知できない恐怖とは何か?
    それをこの映画を鑑賞して、
    再び認知することになりました。

  • 4.0

    claraさん2022/01/27 04:28

    認知症のひとはこんな感じで世界みえてるんやってめちゃくちゃ勉強になった
    あとアンソニー・ホプキンスは神

  • 4.2

    nmovieさん2022/01/27 01:25

    ☻I think I'm losing all the leaves.
    (全ての葉を失っていくようだ)☻

  • 3.8

    Nishiyaannさん2022/01/26 23:23


    アルツハイマー型認知症の患者の視点
    から描いた作品


    まるで出口のない
    深い森のようだった

    自分の母方の祖父母は
    認知症になる前にまだ若くして亡くなったけど

    長く生きていることが
    必ずしも幸せではないのかもしれない

  • 4.0

    kokoさん2022/01/26 22:30

    人は、何も知らずに生まれ、家族や社会からあらゆることを学び、多くの言語と記憶のキャパシティを備えた知的な生き物だ。
    理性的で賢い、だが命のある生き物であり、老いと衰えはどんな生き物にもくる。
    人間の本来の寿命は38歳らしい。

    怖い、悲しい、切ない、様々な感情が押し寄せる。
    なにせ認知症の父と娘を客観的に観るのでも辛いのに、この映画は体験型なのだから余計だ。
    まだ動ける身体があっても「もう限界だからね」と言わんばかりにボロボロと崩れてく記憶と人格に胸が痛む。
    特にラストシーンは印象的だ。
    でもどうしてだろう、辛い中に微かに感じた人間の愛らしさ。
    完璧じゃなくていい。
    完璧じゃないのがいい。
    老いて、生まれたころに還る、最後の姿まで含めて1人の人間なんだ。
    それに、彼の晩年はきっと幸せなものだろう。
    何も分からなくなっても、陽の光の温かさを感じることができるなら。
    そうであってほしい。


    ジャケと煽り文から想像するような感動的演出じゃないのが逆に良かった。
    アンソニー・ホプキンスの名演に感服。

  • 4.3

    Amyさん2022/01/26 22:26

    観てて飽きないし見入ってしまった!

    ボケることがあんなに怖くて寂しいものなのか…
    自分も含めボケる感覚がわからない人は絡むのもめんどくさがってしまうけれど、認知症に見舞われたご老人も必死に生きているんだな…と認識
    最後優しい介護士さんにこっちも救われた気持ちになった。そして涙ホロリ

  • 4.1

    めだかさん2022/01/26 21:45

    「羊たちの沈黙」アンソニーホプキンス、最高齢でのアカデミー主演男優賞受賞作。
    認知症を追体験できるような作品。
    これが彼がみている世界なのか。認知の歪みで、時系列や周りの人との関係性がぐちゃぐちゃになり確かな物が何かわからなくて常に不安。
    見事な映像化だった。

  • 3.9

    パンさん2022/01/26 20:05

    映画的手法で平等に描いていて
    途中までどちらが、何が正か捕らえさせなかった。
    あらすじのまとめ方がすごくいい塩梅なので、追体験出来るように配慮されているのも嬉しい。

    これが史実的な程克明なのか、知識も経験も乏しく分からないけれど
    間やテンポがただただ丁寧で、怖くて途方もないことを腹の底から感じられて良かった。今後生きていく上での何かしらのバロメーターになると思う。

  • 3.9

    saiさん2022/01/26 19:25

    “いい名前だ”

    職種柄、認知症の患者と関わることが日常茶飯事なので、ラストのやり取りなんかは本当に親近感というか、胸に刺さりました。アンソニー・ホプキンスの泣く演技も迫真でした。納得のオスカー主演男優賞です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました