お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

その男、東京につき

G

一心に我が道を突き進み、HIP HOPではなく“般若”というジャンルを確立した孤高の男の生き様。

独自のHIP HOPスタイルを確立した孤高の男 “般若”の強さ、そして誰も知ることのなかった弱さと、絶望の底を彼は初めてカメラの前で語った。東京・三軒茶屋。様々な文化がせめぎ合うこの街から一人の偉大なラッパーが生まれた。彼の名は般若。時代や流行に迎合せず、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックは多くのファンだけでなく、日本のヒップホップシーンそして音楽シーンに大きな影響を与えてきた。しかし、その背後にはこれまで多くを語られなかった壮絶な経験があった。少年時代のいじめ、音楽との出会いとジレンマ、自殺をも考えた過去。いくつもの困難に行先を絶たれても書くことそして歌うことだけは止めなかった。どん底から拾い上げた、本質から湧き上がるリリックは多くのファンを魅了し続け、ヒップホップでなく般若と言うジャンルを貫き、ついに武道館ワンマンライブを成功させた。諦めず、自分を追い込み、研ぎ澄まし、突き詰めたその先でやっと掴んだ光。そして、更なる高みを目指し止まることなく歩み続ける姿。今まで語られることの無かった父への想い、大きく変わった世の中の状況、今後の想いを彼はカメラに向かって話し始めた。Zeebra、AI、t-Ace、R-指定(Creepy Nuts)、T-Pablow (BAD HOP)、BAKUほか、豪華出演者たちも各々が知る“般若”の姿を語る。孤高のアーティスト“般若”初の長編ドキュメンタリー映画。

詳細情報

関連情報
編集:岡島龍介 ゼネラルプロデューサー:ショガト・バネルジー,ジョン・フラナガン エグゼプティブプロデューサー:福井靖典,松本俊一郎 プロデューサー:上田悠詞 撮影監督:手嶋悠貴 カメラオペレーター・録音:赤塚美幸 編曲・追加音楽:吉田大致 タイトルデザイン:梅本卓弥(K’sPROJECT) 製作:A+ENetworksJapan 制作:A+ECreativePartners 協力:昭和レコード 配給:REGENTS 配給協力:エイベックス・ピクチャーズ 宣伝:B’sINTERNATIONAL
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-09-06 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550

ドキュメンタリー邦画ランキング

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました