お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

G

言いたくねぇけどばいばい

木更津キャッアイのリーダー・ぶっさん(岡田准一)の死から3年が過ぎ、キャッツのメンバー・バンビ(櫻井翔)、うっちー(岡田義徳)、マスター(佐藤隆太)、アニ(塚本高史)はバラバラの生活を送っていた。しかし彼らにはぶっさんにちゃんとした別れを告げられなかった事を、心にずっと抱えたままであった…。そんなある日、死んだはずのぶっさんの声を耳にしたバンビは、久しぶりにアニやマスターに会いに行く。そして3人でぶっさんを甦らせようと、ぶっさんらしき声のいう通りに何かを作り始め、それを完成させる。すると、それが突然爆発し、3人は“ぶっさん復活”を期待したが、出てきたのは自衛隊訓練所から脱走してきたうっちーとゾンビ軍団であった。話の流れで、ゾンビ軍団と野球で対決し、負けたらうっちーとアニの2人が自衛隊になることに。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

木更津キャッツアイ ワールドシリーズの評価・レビュー

3.6
観た人
17730
観たい人
2486
  • 3.8

    Yukiさん2021/11/25 22:05

    日本シリーズも
    ワールドシリーズも
    ドラマと違ってファンタジーで
    ドラマが一番面白いけど

    木更津キャッツアイっぽい
    ぶっさんとのお別れかただったと思う


    ぶっさんは多分、

    死ぬってわかったから
    普通じゃない泥棒をしてみたりと

    本当は普通に生きたかったんだろうな

    最後の最後に普通なことをいった
    あのシーンは何回みても泣ける

  • −−

    seckeyさん2021/10/25 18:37

    愛して愛して愛してやまない木更津キャッツアイの世界。すべてが完璧なこの世界が永遠に存在していて欲しい。

  • 2.9

    ももさくさん2021/10/22 21:40

    ぶっさんが主人公の様な韓国ドラマを見ていたぶっさんとユッケ。

    そして時は経ち2006年12月…バンビは山ほたるダンシングモール建設の話しを聞いていた。ぶっさんが亡くなって3年の命日も近づいていた。

    バンビはバラバラになったメンバーに会いに行く。


    神取一郎(高田純次)木更津市の現職市長。

    杉本文子(栗山千明)うっちーが入隊した自衛隊の教官。

    ミニミニオジー(MCU(KICK THE CAN CREW))「OZZY'S」のマスターとなった。オジーにそっくり。

    ゾンビ(橋本じゅん)この世に未練あり日米高校球児。

    他出演者→ ユンソナ、船越英一郎、中川礼二、中川剛、レッド吉田、神奈月、桐谷健太、宅間孝行、芳岡謙二、東せいじ、西村清孝、田中聡元、鈴木なお、森下能幸、阿部隆、森山直樹、佐光凛星、平本亜夢、中野目宗真、岡田智志、田中颯、宴堂裕子、福田心沙希他。

    定番メンバー→ 岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、酒井若菜、阿部サダヲ、山口智充、嶋大輔、三宅弘城、平岩紙、須之内美帆子、細野佑美子 、あじゃ 、柴山香織、渡辺いっけい、古田新太、森下愛子、小日向文世、 薬師丸ひろ子他。

      「それを作れば彼は、やってくる」

    「フィールドオブドリームス、その映画にぶっさんの謎が隠されてる」

       「もう子鹿じゃねぇな鹿だ」

    フィールドオブドリームス見てない人は、この映画きっかけで見たくなるのかも。

    全体的にあり得ないけど面白い。あのシーンにチラッと後ろにいたのは気づく人は気づくと思う。

    テレビシリーズも配信される事あったらまた見直してみたいなと思いました。みんなキャラ濃くていい!。

    秋葉原、デリヘル、モー子の結婚式、レンタルビデオ、キツめのパンチパーマ、やっさいもっさい、フィールドオブドリーム、マッチのものまね、ヘルス、スタバもどき、ハンバーグとカレー、金のたぬき、脱走、02245、モノマネ教室、くっついた貝殻、吹き出るビール、お宝も印象的。

    岡田准一は本当顔整ってる〜。見入ってしまう。クドカン作品だからか演じ方が長瀬智也とかぶる。うっちーがバカっぽいキャラが薄くなっててまともになったのが逆に微妙。橋本じゅんがかなり太っていてわからない。

    子供やタバコが浮いている…見える人と見えない人がいるのは何故なの?。あの時、こうでした的な所もかなり楽しい。

      「なんでみんな気づかねぇんだよ」

    22で止まってるぶっさんと25になったみんな、死んでるんだもんな…でも何となく切ない感じでしたねぇ。でも、ちゃんとお別れするって大事な事なのかもね。

  • −−

    ふなさん2021/10/16 00:03

    久しぶりにワールドシリーズも観ました。
    思い出すぎて点数がつけられない。
    木更津出身で良かったなあって思える映画。

    とっても面白いんだけど、とっても寂しくなります。
    ばいばい。

  • 3.8

    リョウタさん2021/10/01 05:05

    2021年 567本目

    映画「木更津キャッツアイ」シリーズ2作目
    1作目が面白かったので続けて鑑賞

    前作では伏線を少しずつ回収していったのだが、今回は野球の試合の中でまとめて回収していくスタイルだったので、より気持ちがよかった

    ぶっさんとのラストに感動した

    映画版2作とも面白かったのでドラマも観てみたいのだがどこのサブスクでも配信されていない
    この機会にdtvでドラマも配信してほしかった
    配信されるとしたらParaviかな?

  • 4.3

    しんりさん2021/09/08 09:56

    前作日本シリーズの10倍面白いのでは。
    あと、やっぱりぶっさんにはあのスタジャンにマフラーがないとですよ。
    フィールドオブドリームスを観てると更に楽しめます。
    絆と成長のお話。
    本当に切ないっす。マジでばいばい。

    木更津キャッツアイを観てると、10年前に渋谷バックドロップであのマフラーを買っておいて良かった〜と思います。

  • 3.6

    ぬこさん2021/09/07 07:33

    木更津版、フィールド・オブ・ドリームス。


    それを作れば彼がやってくる!


    ぶっさん、ばいばい。

  • −−

    koyamaxさん2021/06/15 23:03

    かったるいだけの地元遊び まじでばいばい。
    劇場版第二弾。

    余命宣告されながら元気にいきるぶっさんと、仲間たちとの日常を描く。
    というテレビシリーズでしたが、終了から3年を経て、
    今作は、月日の経過、立場や共有できる事が変わると付き合いも変わる。という話になります。。

    人付きあいに最終回はあるのでしょうか?

    卒業、死別や離婚、絶縁 別れ方は色々ありますが、、
    逆に、それらがない限り関係性は永遠につづくのでしょうか?


    個人体験的には、美しい別れ自体そうそうありませんでした。
    はっきりと中指立てられるか(立てるか)

    もしくは、ただ単に疎遠になってゆくだけです(^^;


    「長く付き合った人(友人)にさよらならを告げる場合」を知りたくて鑑賞したのですが、今作のような設定は特殊であるものの、一般に置き換えてみても、このけじめのつけ方は意外とできそうでできないことかもしれないと思いました。

    いまさらクドカンさんの説明は不要ですが、、
    毎回こうした着眼点に感心します。


    今作での、お父さんには、死んだぶっさんが見えない理由のように、、

    構成も表の描写と裏の描写が二つの側面から同じ物事を描くのがこの作品の基本構成としてありますが、泣いて笑っていろいろあってという時系列を経て、たどり着く結論ではなく、陰と陽の調和が同じ場所に宿っているというところは、クドカンの真骨頂というところかもしれません。

    長い付き合いでの別れの際、よぎる感情も、一つではない。
    そんなものなのかもしれません。(しみじみ)


    テレビシリーズは深夜によくやっていたので観てました。
    今見ると、編集のテンポ タイムリマップの使い方など、このシリーズ独特のものではありますが、やはり今現在のドラマと少し違う時代感がありますね。

    演者の髪型とかも。後ろ髪がみんな長めです笑

  • 3.5

    寺巡りさん2021/06/06 11:06

    ぶっさん、久しぶりー!
    何で木更津キャッツアイって、こんなに面白いんじゃろー。
    何年前のかいね?この作品。
    頭空っぽで、ゆるーく見て笑える。
    クドカンは本当凄いなぁ。。。

    阿部サダヲも櫻井翔もみんな若い若い!

    命があるうちに、やりたい事はやり尽くしたいね☆

  • −−

    かさん2021/06/06 01:26

    くだらなさが最高に大好きやのに
    ぶっさんにバイバイ言うところで

    「俺たち、ぶっさんが生きてる間に楽しいこと全部やっちゃったんだよ。でも、俺らこれからも生きていかなきゃじゃん。」

    ってアニのセリフ急に沁みた、、

    「あん時はそれが辛くて、だからぶっさんの見舞い行けなかったんだよ。」

    25歳になったら、ぶっさんが居なくても
    生きていけるようになってた
    22歳のぶっさんには合わせれないって

    バンビたちと同い年か!!!!
    まだまだ楽しいことありそうだな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました