お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アメリカン・ユートピア

G
  • 字幕

映画の原案となったのは、2018年に発表されたアルバム「アメリカン・ユートピア」。

映画の原案となったのは、2018年に発表されたアルバム「アメリカン・ユートピア」。この作品のワールドツアー後、2019年秋にスタートしたブロードウェイのショーが大評判となった。2020年世界的コロナ禍のため再演を熱望されながら幻となった伝説のショーはグレーの揃いのスーツに裸足、配線をなくし、自由自在にミュージシャンが動き回る、極限までシンプルでワイルドな舞台構成。マーチングバンド形式による圧倒的な演奏とダンス・パフォーマンス―― 元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンと11人の仲間たちが、驚きのチームワークで混迷と分断の時代に悩む現代人を”ユートピア”へと誘う。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

アメリカン・ユートピアの評価・レビュー

4.2
観た人
9385
観たい人
19972
  • 5.0

    座敷童さん2021/11/30 15:14

    2020年トランプの再選が最大の争点となったアメリカ大統領選挙を前にして、元トーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンを中心に、移民やBLM、アメリカの正義、そして私たちの可能性について問いかけが音楽によってなされる。力強いメッセージにまた明日も生きていこうと思えたし、なんだか許されてる気がした(徹夜明けで行ったからかもしれない)デイヴィッド・バーンが衰えずかっこいい。

  • −−

    たなさん2021/11/30 11:10

    事前知識無しで観て、政治的な表現多くてなんだろうと思ってたら、大統領選辺りの時期のライブなのね
    ミュージシャンが、上品に音楽で政治的なアピールをする理想例な気がした
    正直序盤は平沢進にしか見えなかった

  • 4.5

    タジン鍋さん2021/11/29 23:31

    映画館で観たかったよー。でも、上半期ベストに入れる人が多くて、熱量も多いのも納得のステージングだった。パワフルで縦横無尽に動きまわすダンスに、カッコいい音楽に、政治性を織り交ぜていて、オトナなショームービー。熟練した余裕とアグレッシブルなチャレンジ精神。スパイク・リーの手腕も光る。照明の使い方もイイ

  • 4.0

    renoさん2021/11/29 16:47

    We dance like this, because it feels damn good
    それぞれが音と一緒に身体を揺らし、希望を信じ合う空間があたたかさと強さに満ち満ちていた。私も混ざりたい…!
    内なる変革と大きな変革、どちらもしなやかに、でも泥臭くね。

  • 3.9

    湯婆婆さん2021/11/29 00:12

    市内で爆音映画祭っていう映画祭で上映されてたので見ました!!!!!(前情報一切無し)

    感想としてはこれ映画なのか、?っていう感じ笑
    ライブビューイングに近いかな!
    あとこの時すっごい睡魔が襲ってきて正直寝ちゃいましま笑笑でもつまらないからとかじゃないです!!!!!笑笑ちゃんと面白かったです!

  • 5.0

    13untaさん2021/11/28 22:41

    Same as it ever was.

    自分の嗜好性の正反対を直角でぶつけられたら大号泣してしまった。

  • 3.3

    ハリス56号さん2021/11/28 10:36

    近所の単館にかかったので劇場鑑賞

    スタイリッシュでカッコよくてオシャレで、
    歌声気持ちイイしフワフワして一曲も知らないし…zzz

    90分は気持ち良く寝たかな
    て言うかこれは映画って言ってイイの?
    映画館で洒落たライブパフォーマンスを見た感覚、採点不能、私は好きではない

  • 4.0

    狂い咲きYamhosロードさん2021/11/28 04:34

    メッセージ云々とか抜きにして、ショートして凄い。それだけでも観る価値は十分ある。
    多分音源で聴いても曲的に私の琴線には全く触れんタイプの音楽なんだが、ショーとして凄かったです。

  • 5.0

    hayaさん2021/11/26 22:14

    この地位になった人が、社会に対して呼びかけを行うことの意義とか、柔軟であり続ける姿勢にやられた。そしてそれを、本業で昇華させるのが凄すぎる、パフォーマンスも凄すぎる。ステージの全てがプロだ。本当にすごい。
    上映後の拍手にも感動しちゃったよ。

  • 4.5

    Yuzuさん2021/11/26 21:22

    金曜の夜に
    地元の小さな映画館で。
    別世界にいるような100分間だった…。

    自身のシュールな実体験や
    米国の問題、あるべき姿を
    David Byrneを筆頭に歌と語りで表現する
    ブロードウェイショー

    字幕がなくてもわかるほど簡単で
    でも真っ直ぐなトーク。
    耳に残る力強いサウンドとソング。
    なかなか生で見ることができないから
    劇場で見れるようにしてくれた
    監督のスパイク・リーには感謝しかない。

    優しく、温かく、強い、社会派エンターテイメント。
    いつか生で立ち上がって見て見たいなあ。
    上映後、拍手が沸き起こったのも
    余韻に浸る一つだった〜

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました