お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エリザベート-愛と死の輪舞-(’16年宙組・宝塚)

G

1992年にウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」を、<死、黄泉の帝王>であるトートを主人公にして宝塚独自の装置、衣装、振付により宝塚版として、1996年雪組で世界各地での上演に先駆け日本初演。

1992年にウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」を、<死、黄泉の帝王>であるトートを主人公にして宝塚独自の装置、衣装、振付により宝塚版として、1996年雪組で世界各地での上演に先駆け日本初演。大好評を得、その後計8回公演を重ねてきた宝塚を代表するミュージカル。日本初演から20周年という、日本のミュージカル史に燦然と輝く不朽の名作に新たな歴史を刻む記念の公演。2016年に宙組で上演された、ルドルフを桜木みなとが演じた、宝塚大劇場公演バージョンをお届けします。物語はエリザベート暗殺犯ルキーニ(愛月ひかる)を狂言まわしに進行する。意識不明となり冥界に迷い込んだエリザベート(実咲凜音)に一目で惹きつけられたトート<死、黄泉の帝王>(朝夏まなと)は、彼女に命を返してやる。そして、その愛を獲るまでエリザベートを追い続けることを決意する。ハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(真風涼帆)はエリザベートを見初め二人は結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィー(純矢ちとせ)や、窮屈な宮廷生活に耐えられず、フランツに助けを求めるが彼も味方ではなかった。そんなエリザベートの許にトートは度々訪れ死へと誘惑する…。
Book and Lyrics by Michael Kunze Music by Sylvester Levay Original production: Vereinigte Bühnen Wien GmbH Worldwide Stage Rights: VBW International GmbH Linke Wienzeile 6, 1060 Vienna, Austria international@vbw.at  www.vbw-international.at ORIGINAL PRODUCTION BY VBW VEREINIGTE BÜHNEN WIEN a company of w!enhold!ng ⓒ1992 Edition Butterfly Roswitha Kunze / Levay Music Rights for Japan controlled by Shinko Music Publishing Co., Ltd., Tokyo

詳細情報

関連情報
劇場:宝塚大劇場
音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-11-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入880

宝塚 舞台宝塚・舞台ランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

リンクがクリップボードにコピーされました