お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
定額見放題
  • 再生する

Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス(’21年宙組・梅田芸術劇場)

G

戦時下の情報戦を戦い抜く男たちのドラマと芸術を愛し守ろうとする人々の熱い想いを絡め、先行きの見えない日々を精一杯生きる人々のヒューマン・ドラマに20世紀初頭のパリで華開いた“バレエ・リュス”の輝きへのオマージュを散りばめたオリジナル・ミュージカル。

戦時下の情報戦を戦い抜く男たちのドラマと芸術を愛し守ろうとする人々の熱い想いを絡め、先行きの見えない日々を精一杯生きる人々のヒューマン・ドラマに20世紀初頭のパリで華開いた“バレエ・リュス”の輝きへのオマージュを散りばめたオリジナル・ミュージカル。スイスのリゾート地サン・モリッツに佇むHotel Svizra House(ホテル スヴィッツラ ハウス)。第二次世界大戦中期、ナチスドイツの脅威が広がるヨーロッパにおいて中立国であるスイスは“謀略の十字路”と呼ばれ、様々な国籍、階級、職業の人々が行き来していた。戦火を逃れた富裕層が集うこのホテルに、今日もまた一人、新たな客がやって来る。オランダ貴族の父とバレエ・リュスのダンサーを母に持つロベルト・フォン・アムスベルク(真風涼帆)は、ロンドン駐在の外交官として多忙な日々を送っていたが、彼の真の任務は、英国情報部の為に働くスパイキャッチャーとして敵国のスパイを摘発することであった。ある重要なミッションを受けてサン・モリッツにやってきたロベルトは、ドイツ軍のパリ占領により失業したバレエダンサーのニーナ(潤花)と出会う。ホテルではロシアの亡命貴族の伯爵が主催するニジンスキー救済のチャリティ・バレエ公演が予定されており、ニーナはその公演で踊るためにやって来たのだった。そこに、この公演のスポンサーで芸術のパトロンでもある、オーストリアの実業家ヘルマン・クラウスナー(芹香斗亜)が、艶やかな美女を伴い訪れる。 作・演出:植田景子

お得なパック(1)

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2021
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2022-05-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入660

宝塚 舞台宝塚・舞台ランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

リンクがクリップボードにコピーされました