お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブラック・スワン

G
  • 字幕

鬼才ダーレン・アロノフスキー、ナタリー・ポートマン主演で放つ傑作サイコ・サスペンス!

「白鳥の湖」のプリマドンナに執着するあまり、狂気へと魅入られるバレエダンサーの運命を緊迫感あふれる演出で描く。“白鳥”と“黒鳥”に苦悩するヒロインを熱演したナタリーは、本作でアカデミー主演女優賞を獲得。ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生のすべてをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生のニナにとってハードルの高すぎる挑戦だった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー・リリーの出現も、ニナを精神的に追いつめていく。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ブラック・スワンの評価・レビュー

3.6
観た人
115224
観たい人
38137
  • 3.0

    papiさん2021/05/08 23:26

    昔話級にわかりやすい人物設定で恐怖とエロだけに絞られたイニシエーション、もうちょっといろいろあんだろ模索方法…とは思うけどナタポさん素晴らしいしカッセルさんの薬膳レベルで効きそうなクズ具合も素晴らしい。白いものを黒くするより黒いものを白くする方が難しそうに思えちゃう黒寄り人間のが多いだろうから、クニスさんバージョンも見たいな。

  • 3.5

    gakupapaさん2021/05/08 23:06

    バレエの白鳥の湖の舞台を巡る狂気の世界。
    画面からプレッシャーがヒシヒシと伝わってくる。
    ナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技は素晴らしいの一言。

  • 4.8

    オモクナルさん2021/05/08 22:44

    ナタリー・ポートマンが凄すぎる!
    現実と妄想を行ったり来たり。
    カメラのアングルもあいまって特に怒涛の後半20分は口アングリ。

  • 4.0

    たいがさん2021/05/08 13:50

    恥ずかしながら未見でした、、、

    白鳥の湖の主演に抜擢されたニナ
    主演は白鳥と黒鳥両方踊れなければならず、自分とは正反対と言える黒鳥の表現に苦悩するうちにだんだんと追い込まれていき現実と妄想が入り混じっていく、、、

    ナタリーポートマンの圧巻の演技!
    彼女はレオンとスターウォーズのイメージしかなかったからここまで表現力があるのかと圧倒されたし驚かされた

    ラストの舞台初日のシーンがすごくて息をするのも忘れるぐらい見入っちゃった

    こういう精神的に追い込まれちゃって自分が訳わかんなくなって最終的に覚醒する映画めっちゃ好きです

  • 3.5

    のりたまごさん2021/05/07 23:44

    こんなに怖い作品だと思ってなかったので、怖くて見れないシーンがたくさんあり過ぎた…。バレエの世界は本当にああいうことがありそうって思ってしまった。
    ナタリーポートマンの存在感が素晴らしかった。美しく儚いのに追い詰められて変貌していく様子とか。
    疲れた。しばらく尾を引きそう…。

  • 4.4

    観々すぎくんさん2021/05/07 00:37

    白鳥になる為に極限まで追い詰められたダンサー。痛々しいシーンが非常に多くありきたりなドッキリ系ホラーよりも後味が悪くキツく感じる。また、家族や講師や同僚との関係の全てが生々しく不快である。一度見たら暫くは二度と見たく無い衝撃的な一作だ。

  • 4.2

    nyoさん2021/05/06 22:06

    ナタリー・ポートマンは名女優。主役に選ばれて母に電話しながら嬉し泣きするシーン、あの演技すごい。演技力が高いが故、観てる側が延々緊張し続けちゃう映画。バレエ美しかった。
    母娘の関係性がリアルだった。自分を妊娠したせいでキャリアを絶ったと娘に言っちゃう母。最低!娘が主役になったことを誇りに思いつつ、同時に自分が出来なかったことを娘がしていることに嫉妬心や不安を感じて、自分で支配できるように全てを抑圧し続けて子供扱いしていたんだろうな。だからニナを本番に行かせなかったのかなとも思った。母こそ大人になりなさいよ!!
    見終えた後からずっと、楽屋でニナが腹の底から叫ぶ「IT'S MY TURN!!!」が脳裏に焼き付いているし、それが自分のお守りになってる。黒鳥のように振る舞うくらいでいい。

  • 3.7

    nobu0326Jさん2021/05/06 21:37

    完璧を求めたバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)の行末のお話。
    白鳥の湖を踊る冒頭のバレーシーンにまず圧倒される。
    どんどんどんどん見ているのが辛くなる変貌し続けるナタリー・ポートマンが危うく儚げで恐ろしくもまた美しい。
    ホワイトスワンとブラックスワンを行きつ戻りつプリマドンナの重圧に押しつぶされ翻弄され虚実入交るニナを演じたナタリー・ポートマンの迫力に圧倒される映画「ブラック・スワン」(2010年作)なのでありました。

  • 3.5

    ぶみさん2021/05/06 20:07

    ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン主演によるドラマ。
    バレエ「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人公が、プレッシャーに押し潰されていく様を描く。
    主人公となるバレリーナをポートマン、演出家をヴァンサン・カッセル、新人バレリーナをミラ・クニス、ベテランバレリーナをウィノナ・ライダーが演じているが、何はともあれ、ポートマンの鬼気迫る演技は圧巻の一言であり、彼女の演技が本作品の全てと言っても過言ではないほど。
    そして、表現者だらけの世界における、これまた狂気に近い凄まじいまでのプロ意識は、お仕事ムービーとしても一級品。
    特に終盤の公演当日のシーンは、ついつい見入ってしまい、エンドロールを迎えた時に、やっと肩の力が抜けた事態に。
    精神が崩壊し、現実と妄想の境界が曖昧となっていく様が見事に描かれるとともに、バレエの世界に限らず、プレッシャーに潰されそうになる局面の感覚はわからないでもない一作。

    君の黒鳥を見せろ。

  • 3.3

    ヒラリーさん2021/05/06 18:24

    白鳥の湖の主役を勝ち取ったニナ
    努力を重ねるもなかなか認めて貰えない現実に苛まれながらも挑む本番
    彼女自身がバレエを好きというよりも親の夢を託された重さが気になった。
    やらなければいけない役の為なら何でも犠牲にする。
    自分の身体だって捧げるし、友人の尊厳も傷つける。
    どんなに精神状態がヤバくても本番は来るし、主役は絶対渡さない。
    幻の域を超え過ぎてて地獄。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す