お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

G
  • 字幕

英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの栄光と挫折を描いた、名女優メリル・ストリープ主演の傑作ドラマ。

1925年、雑貨商の家に生まれたマーガレットは、市長も務めた父の影響で政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選する。失望するマーガレットにプロポーズをした心優しい実業家デニス・サッチャーは、「食器を洗って一生を終えるつもりはない」と野心を隠さない彼女を寛容に受け入れる。やがて双子にも恵まれたマーガレットは幸せな家庭を築く一方で、政治家としての階段も昇り始める。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の評価・レビュー

3.4
観た人
12254
観たい人
5306
  • −−

    数の子さん2022/01/23 17:28

    なんか戦争時代を生き抜いてきたお婆ちゃんを思い出した。不安定な時代を強い意志で生き抜いた女性たちと通じるものがあった。

    首相と言っても所詮は1人の人。だけどその1人が歴史を変えれる1人になるかもしれない。

  • 3.6

    キリコさん2022/01/13 18:07

    歴史・伝記映画として十分おもしろかった。メリルの演技。

    最後のティーカップの解釈に迷う。ただの女に戻りましたってこと?それともただの女の部分も併せ持っていたってこと?「鉄の女」の異名からわかる通り、女であることの呪縛からは逃れられなかったってこと?全部ピンと来ない。

    邦題失敗してると思う。「涙」をつける必要が感じられない。

  • 2.8

    jobaさん2022/01/04 23:53

    やはり自伝ものは期待を超えることが少なく苦手。
    実話だからフィクションだから良い悪いは関係ないと思うものの、実話もの特に偉人などの自伝ものは共感どころが少なく話も深みが感じられないことが多い。ただ、音楽担当のトーマス・ニューマンが好きなので鑑賞。

    ラストシーンの淡々としたメリル・ストリープの演技とバレンボイム演奏のスタッカートの効いたアヴェ・マリアがよかった。一番好きな演奏になり、音源も購入。

    自伝もので好きなのは『エリン・ブロコビッチ』『シンドラーのリスト』『ヴェロニカ・ゲリン』『ジャーヘッド』あたりか。

  • 3.8

    あささん2022/01/04 18:53

    描かれていませんでしたが、化学者からの転身というところに興味ありでした。

    鉄の女には同じレベルで話し合いできる側近はいなかったのかな。

    政治において奮闘している姿は立派でしたし、11年も首相をしたのは素晴らしいですし、ずっとおしゃれに手を抜かず活動していたのも素晴らしいです。

    活躍してた頃の世論とか調べてみたくなりました。

  • 4.5

    沙那王さん2022/01/03 05:06

    事実の再現ではなく、多少 美化されてはいるだろうな。とは思う。
    それでも、マンガで伝記を読むよりこの映画は素晴らしかった。
    メリル・ストリープの演技力というか…そこにサッチャーさんが居た。

    茶化してツッコミを入れてくる旦那さんの存在は、とても大きかった。
    『あなたの幸せも願っていたのよ?幸せだったの?デニス。』ほっぺにチューが答えだろう。
    プロポーズ、夫と双子との海でのバカンス。家族の幸せといえる時間は短かったかもしれない。
    『人生は、何をしたかではなく、どれだけ心を込めたか。である。』って誰かが言ってた。

    いろいろありすぎた80年代。活躍してた女性政治家って、土井たか子しか知らないけど。
    信念を持ち、貫く強さ。孤独でもあるだろう。決断を下すのは痛みを伴う。

    構成というか、編集というか、物語の流れが圧巻。
    淡い水色のワンピースだった立候補前。
    当選して教育大臣になり、帽子を脱ぎ捨て首相になる深みある青いスーツ。
    孤立無援からの退陣は赤いスーツ。

    暴動のシーンが思った以上に多く、爆弾テロも数回。
    日本の有権者は大人しいのか諦めてるのか。
    総理大臣なんか、すぐ代わる。この人なら!と期待した小渕さんは倒れちゃったし。首相じゃないけど谷垣さんは自転車事故で引退したし。立憲民主党は先の選挙で略字が他党と被ったせいで票が割れたし。何やってんの、バカじゃないの?って思うけど枝野さんは責任取って辞めるって言うし。NHKをぶっ潰すとかいう不思議な人も立候補してたし。政治のことは丸で分からない。

    それでも この映画を見たら、より良い社会を目指して貢献したい。っていう野心のある女性の奮闘が垣間見える。
    サッチャーさん。妻であり母であり、首相を11年も続けたなんてやっぱりスゴい人だったんだ。

    イギリスが舞台なのにバグパイプは使わない。
    王様と私の『Shall we dance?』が幾度となく流れる。それは幸せな時間。
    エンディングのピアノ曲も素敵で、日が暮れゆくさまのような、あのフェードアウトの時間も良かった。

    多分、サッチャーさんは私の祖母と同世代。戦争を体験して強くなったのではなく、強くあらねば生きてこれなかったのかもしれない。
    私が幸せに暮らすことも大事。孤独に皿を洗うだけの嫁にはなれないとは言っていたけれど、みんなが幸せになれる世の中を目指す生き方って、すごい覚悟だ。

    『みんなが平等、そんなフリは止めよう。』ってサッチャーさんのパパは、すごいこと言うな。社会主義の批判だろう。努力できる人は努力して、それ相応の対価を得るのは良いことだと思う。
    ただし、幼少期のスタートラインが雲泥の差だったり、学ぶ機会を得られないとか法の隙間を狙ったズルだったら話は別になる。

    なんか、めっちゃ色々考えさせてもらった。

  • 3.8

    Mizuhoさん2021/12/27 23:09

    サッチャー時代の歴史の勉強になった。ここの採点からあまり期待してなかったんだが、私は面白かった。庶民で特に野心もない女性が政治信念を貫き通し国政を進めていく。庶民の働き口がなくなる事も、戦争する事も厭わない。これはどこから来るのだろう。野心がないからこそ、何の忖度ない決断ができるのか。
    晩年は、政治家時代の苦渋の決断、緊張、後悔が、フラッシュバックされ、愛する夫を失った寂しさと相まっての苦悩。この人は死ぬまで政治家だった。
    メリル・ストリープはサッチャーそのもの。

  • −−

    イカさん2021/12/24 23:56

    ミニオンズ観てたらイギリスの映画見たくなって、周りで評判良かったのもありなんとなくこれを選んでしまった〜(アホ?)
    見始めてからそういうイギリスの綺麗なところたくさん観れるわけじゃないわ!ってすぐ気づいたんだけど、メリル・ストリープ訴えられん?ってくらいご本人に似てるのが普通に面白くて全部見た。

    面白かったんだけど、どういう感想を抱いてほしくて作った映画なのかわかんないまま終わっちゃった。多分これ私の認識が映画とずれてるのと、時代かな…(たかだか10年くらい前の作品だが…)と思う。新自由主義とか正味なはなし古臭いからね。

    なんか、サッチャーの中身も外見も強くて優秀で、男に負けないその様を見てわーすげえ!とか、そんなサッチャーも認知症になり、先立った夫の幻覚を見るほどに家族への愛が深い、普通の人間の部分を持っていて…とか、あとサッチャーのでっけえ名言の背景を知ってすごいとか、そういう見どころがあるんだとは思うんだけど、素直に感じ入ることができなかった。

    だって普通にパワハラおばさんで怖いし……自分がパワハラしてることにすら気づいてなくて、周りの男性の同僚のこと全員腹の底では敵だと思ってるし……怖、としか思えなかったや。
    名言いうときも「今から私が名言を言うわよ」って感じのタメを入れるし、マジで中学の頃の嫌いな部活の顧問そっくりで不快笑
    なんか人間としてあんまり好きになれなかったし、認知症で旦那さんの幻覚見てしんどいの可哀想とかも思えんくて…私がイカれてる?これどっちなん?

    自分の国の首相は、サッチャーみたいに名言言ったり堂々としていたり国際社会で存在感を持っていたりしなくていいので、人の話をちゃんと聞けて、思いやりがあって、一緒に働いている人がつらい気持ちにならずに済んで、国民みんなが健康で幸せに暮らせるように頑張ってくれる人がいいな…と思った。サッチャーくらい優秀であってほしいけど笑

  • 3.6

    moeさん2021/12/21 18:21

    サッチャーの生き様というより夫婦の関係性がとっても素敵だった。
    若い頃のサッチャー夫めちゃくちゃかっこよかったな。

  • 3.6

    みずしーまさん2021/12/21 03:02

    ♡2021年143本目♡

    『他人は他人だ、自分の道を行け』

    『考えが人間をつくるのよ』

    11年半もの長い間イギリスの首相だったマーガレット・サッチャー。"鉄の女"のフレーズが有名すぎて印象が偏ってたけど、この作品を観たら少し変わるかも。

    亡くなった夫の幻影と会話をする、首相を引退したサッチャーの姿から始まるのが印象的。

    イギリスの首相といえばやっぱり、チャーチルとサッチャーのイメージが強いよね〜。
    ボリちゃんは個人的に好き 笑

  • 3.4

    NAOさん2021/12/04 14:42

    今日は射手座の新月♐️そして南極でみられる皆既日食🌚
    今日は偉人や伝記を読むのがグッドアクションなのでこちらに💁🏽‍♀️


    最初に全然メリルだとわからなかった👀
    特殊メイクもだけど、
    歩き方やら話し方やら凄すぎるわ😭
    歯がかなりいい味出してる🦷
    本物と似てる〜!

    夫のスーツの色選んであげるのいい❤️
    窓の上に向かって戯けるのもかわいい🧥
    インドの結婚式の時のピンクのターバン🤣
    …だがしかし…なのね😢

    しかし、かなりクラシカルなイギリス英語が実はちょいしんどい😅

    サッチャーの娘こんなに奔放な雰囲気なのね!

    パールの🦪ネックレスの長さが完璧👏
    若い頃とドレスの色もリンクさせててわかりやすい☺️

    あのラット🐁なんなの💕
    このプロポーズの仕方メチャクチャウィットに富んでるぞ😻✨デニス素敵だわ👏でも老け方が凄い👴🏻

    今の時代はお茶碗洗ってるだけの妻になることの方が難しそうだわ。

    私は鉄の女だと思われてるのだろうか…😂
    こんなに豆腐メンタルなのに(笑)
    --
    ヒール👠の音を鳴らして✨
    メリルは頭に被るスカーフ🧕がとてもよく似合う女優さんだお思う。

    予期せぬ貴重なことを聴けるかもしれない。
    ちょっとサイズあってないんじゃないか?という横じわの出ちゃってる衣装…!衣装合わせのあと太っちゃったのか…サッチャーがそうだったのか…🤔

    帽子👒メチャクチャ素敵💕
    ここからのビッグヘアーになったのかな😇

    でも、この時からコンサバティブの男性たちはなんて協力的で素敵なんだ?裏があるの?

    いまはルックスを変える話をしているが、中身は変えるな、あとは俺たちに任せろ✨

    かっこいいい💋🕺なのにエアリィィイィ😭

    声の出し方指導、締まったカラーへのシフト👗
    バッグは持って登壇するのか👀
    このウィッグも高いんだろうなぁ。やはり馴染む顔のキャパシティ。

    原田マハの総理の夫は映画にもなってみたけど、イギリスではとっくの昔だもんな🤔
    まぁ、女王というのもあるけど。
    写真での足の組み方🦵が気になる😇
    首相なってからは丸襟も着るのね。

    何を考えるかが言葉になる
    言葉が行動になる
    行動が習慣になり
    習慣が運命を変える

    気持ちと考えの違いなかなか難しいね。

    dismiss敬礼!面白い🤣
    My shoes👞👞

    母親役になりますわ☕️
    こんな選択をもする女性、凄すぎるよね。

    税金のことは何とも言い難い。
    うーん、気持ちや病気かのことで正気を保つために赤ペン先生やってつらくあたってしまったのかな。

    もう双子のネックレスじゃなく何連にも連なったパール🦪になってる。

    国民が全て彼女のような意思と強さを持ってたらよかったでしょうけどね。
    彼女は16personalities testだとprotagonist だろうか?
    ローズカラーのツーピースが美しい🌹🌹✨
    どんな時でも妻の味方でいる夫が素晴らしいね。

    そして、いくぜ!断捨離✌️
    こんまりじゃあー!

    君は一人でも生きていけるよ。
    今までもそうだった。

    これはエールととってよかったのよね?デニス氏✋

    リップペンシルでしっかり引かれた口紅が美しく、その格好で、やっとお茶碗を洗う女性になったのね💋

    マーク、君に会いたかったぞ。
    もしや、マークも……🪖

    スーツはdefinitely grayだと言ってたので最後まではグレーで。

    ※これOscar ヘアメイクにノミネートされなかったのかな?素晴らしい👏




レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました