お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

映画 ホタルノヒカリ

G

綾瀬はるか主演の大ヒット・ドラマの劇場版! 新婚旅行でローマへと旅立った干物女が大騒動を巻き起こす!

紆余曲折を経て、同居人にして上司である高野部長と結婚したホタル。心機一転、ステキ奥様をめざして奮闘するわけもなく、相変わらず自宅の縁側でゴロゴロと寝転がってばかり。“トド新妻”と化したホタルだったが、ノリノリの高野部長と共に新婚旅行でイタリアに行くことに。そしてローマへと飛び立ったふたりの前に、イタリア版干物女とでもいうべき莉央と弟の優が現われる。

詳細情報

関連情報
原作:ひうらさとる「ホタルノヒカリ」(講談社KC・Kiss)
音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

映画 ホタルノヒカリの評価・レビュー

3.1
観た人
15423
観たい人
1119
  • 3.0

    yas9さん2021/08/31 10:07

    ドラマの流れで映画も久々に鑑賞。まあ、映画にするほどのこともないけど、好きだからいいんだ。

    52/2021

  • 3.0

    luiさん2021/08/26 00:02

    ★ドラマの世界観は変わらず★

    ドラマの綾瀬はるかと藤木直人のかけ合いが好きで、
    作業中に流す映画としてチョイス。
    結果、流し見でちょうど良かったかも、と思ってしまいました🤣

    ドラマは主人公蛍が仕事に奮闘する姿と、その反動でだらけきる家でもギャップで緩急がついていたのですが、
    本映画は舞台が新婚旅行inイタリアなので、常に蛍がオフモード…笑
    よって蛍の素っ頓狂さと天然さが全開で、ちょっとお腹いっぱいでした。

    蛍とぶちょおの雰囲気はそのままなので、ドラマを見ていた方は懐かしい気持ちになれると思います!

  • 2.5

    カールハインツ水野さん2021/08/22 11:22

    シリーズもののTVドラマを終わらせるための劇場版っていうのがよくあるけど、これもそんな感じ。ホタルノヒカリは全部見たけど、これは見なくても大丈夫。

  • −−

    くーみんさん2021/08/20 00:56

    むかーしむかしー、
    映画館で観たの思い出した。

    ドラマも大好きで
    綾瀬はるかの「ぶちょー」って言う言い方が
    めっちゃ可愛かったの覚えている。

  • 3.3

    inogeさん2021/08/09 23:48

    ドラマ見てないけど楽しめました、綾瀬はるかの天然の役は可愛いかったですね。
    2人で新婚旅行がやっと出来て良かった。

  • 1.4

    TokoKさん2021/07/30 11:48

    ドラマを見てないが、好調だったので、スタッフの慰労会を兼ねたイタリア旅行の企画なのだろう。バブル期なら良く聞いた話だが、ファン映画としてなら需要があるのかな。綾瀬・藤木・松雪なら、もっと違うものが出来たはずだが、あえてこのようなものを作った意図が何かあるのかもしれない。登場人物の名前等は変えず、同じ配役で、他には一切制約をしないで、若い有望な監督に撮らせたら、同額のお金で世の中に寄与できたのでは?藤木には大河で西行の役を極めて行かれることを期待したい。

  • 3.0

    CotoCoさん2021/07/16 00:35

    何年か前に観たけどたまたまやっていてながら観

    ドラマに、ハマり
    部長がとても好きで

    映画の部長はホタルの影響うけまくりな感じに(笑)

    昔観た時と今だと色々思う事が変わってた(笑)

  • 1.3

    328さん2021/07/05 23:31

    原作未読、ドラマ版未視聴ですが、奥さんが録画していたので鑑賞。目的は綾瀬はるかです。

    さて、なかなか素っ頓狂な映画でした。
    綾瀬はるか演じる主人公はカタカナで書くイっちゃってる人でした。干物女とやらの定義をわざわざ調べてしまいましたが、綾瀬はるかの潤い感は違うでしょう。
    映画化されるということは、ドラマ版が人気だったということですよね。同僚らしき人が出てきていたので、察するにドラマでは仕事シーンが多かったのかもしれません。
    シャキッと働く姿があれば、干物姿とのバランスがとれ、味わいもあったことでしょう。
    やはり、しょっぱいものと甘い物は交互に口にしてこそ食べ続けることができます。

    脚本は、オープニングタイトルまでがやたら長い割に、物語の世界観、設定がいまいち分からず終いでした。主人公の変なやつ感のみ次々に見せられた挙句に、アニメによる主人公紹介がメルヘン過ぎなのか(それだけではないと思いますが)この場面は何を言っているのか謎でした。

    まあ、ドラマファンありきの映画と思えば仕方ないですね。ドラマを見ず手を出したこちらが悪い。

  • 3.0

    ぷちこさん2021/07/05 15:21

    わざわざ映画にしなくても、わざわざローマまで行かなくてもよかったのでは…。でもまたぶちょおとアホ宮が見られたからよかった。

  • −−

    ドウェイン旬ソンさん2021/07/04 07:22

    なんか2人のエピソードもうちょっと見たかったな〜2人でゴロゴロするのが好きなんだよな〜この作品は!でも相変わらず2人かわいかったしぶちょおの「ぼくちん」とか「きょわい」とかもかわいかった笑綾瀬はるかただでさえかわいいのにウエディング姿最高やったな〜かわいかったわ〜〜

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す