お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

SR サイタマノラッパー

G

新世代映像作家の旗手・入江悠の傑作青春映画。北関東の田舎町を舞台に、ラッパーたちのやるせない日々を描く。

北関東のど真ん中、サイタマ県北部のフクヤ市。家族から邪魔者扱いされるニート・ラッパーのイック、おっぱいパブでのバイトが忙しいトム、ブロッコリー畑で一攫千金を企むマイティたちは、ヒップホップ集団“SHO-GUNG”として、フクヤ市でのライブ開催を夢見ていた。しかし高校の同級生・千夏が帰郷したことで、彼らの日常に変化が起こる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-05-07 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

SR サイタマノラッパーの評価・レビュー

3.5
観た人
4870
観たい人
1900
  • 3.0

    パピコさん2021/10/19 23:56

    埼玉のニートラッパーが奮起するまでの話。

    中途半端なところで終わるので消化不良。
    続きものなのか〜って感じ笑
    最後10分のフリースタイルラップのために見ていた感じ。
    そこに行くまでがキツかった。

    泥臭く夢を見てる奴ってなんでこんなかっこよく見えるんですかね
    最後の10分めっちゃかっこよかった。

    この居酒屋でのフリースタイル。
    一般人がバカにしながら観ているのがよかった。それに怯まずヒップホップを貫き通す。
    自分の信じるものを貫くかっこよさ。

    役所でのラップ、そこからの役所職員からの質疑応答。ここめっちゃ気まずおもろい

    イケてない奴らが埼玉の田舎でヒップホップ。
    この社会からの逸れもの感が日本語ラップの空気感だったのかな。
    今はフリースタイルが流行って空気違うだろうけど。

    ラップシーンは体揺れちゃいますね〜

  • 4.0

    snatchさん2021/10/05 01:18

    良かったよお〰︎これって純文学⁉︎

    ムリしているかなと思いつつ😅紹介される映画はいつも🙆‍♀️だったフォローしている方のレビューが気になって、願いごと込めて再生ボタン押してみました▶️


    若いだけでそれは果てしのない🌊と一緒。
    まだ彼らは、ほんのよちよち歩き…
    何だって挑戦していい
    でも時間はあっという間に果てるから
    ぶっ倒れるまでやればいいーーー‼︎

    地獄の市役所も乗り越え😆笑いつつ…
    ど根性のカメラの長い長〰︎い長回しと←役者さんも凄いリハーサルを積んだのでしょうか。そして行間のようにあの余韻を残すつなぎ、こんなに情感ためていくとは…

    西部劇に出てくるような渇ききったサイタマの田舎街。毎日ひとつもいい事なくて居場所もなくて自分を覗いても何も出てこなくて…でも何でしょう、、この映画にのめり込んでいく気持ちは。シケた映像にこれを作った監督さんのひたむきさが詰まっている。

    つくってしまったり受けてしまった人の心のスリ傷を画面に滲ませる。うまく生きていく人なんて滅多にいないからね、と彼らを慰めようとしたら、最後…跳ね返す力が画面から溢れてきたー! 力強すぎだー‼︎
    チナツさんも力強く昇っていった🥺←最後の言葉が街を去るガンマンみたいだった👢チナツ頑張れー‼︎
    そして私も明日から頑張ろう‼︎🥦🥦🥦

    🎤ラップはエミネムと蟹江←ワザとですとMaclemoreしか知らないので、そこはよくわかんなくてホント申し訳ないです😅

  • 2.0

    ハンコ課長さん2021/10/01 23:22

    えっ、ここで終わりなの!?

    終わってからエミネムの『8マイル』を意識していたことに気づいたけど、多分そこを目指していたんだね。
    だったら、もう少し這い上がって欲しかった。

  • 3.3

    りょうすけさん2021/09/21 11:59

    レペゼンサイタマ、このダサさむしろドープ。

    最近は大衆向け作品も手がけている入江監督の代表作。映画自体は昔から知っていたけど、DVDのレンタルが見つけられず、今更鑑賞。

    独特な作品だったな〜 吹替?と思ったり、急に音声が悪くなったり、このチープさがむしろ作品の魅力なのかもしれない。

    もっとダサいと思ってたけれど、想像以上に様になっていたのが意外と面白かった。舞台が埼玉っていうのも好き。

    AVのシーンは実際の作品あのかしら?



    【ストーリー】★★★☆☆
    【音楽】★★★☆☆
    【演技】★★☆☆☆
    【テンポ】★★☆☆☆
    【エンタメ性】★★☆☆☆
    【感動】★★☆☆☆
    【アクション】☆☆☆☆☆
    【ホラー】☆☆☆☆☆
    【恋愛】★★☆☆☆
    【コメディ】★★☆☆☆
    【サスペンス】☆☆☆☆☆
    【エロ】★★★☆☆(もしかしたらガチのAV?)
    【グロ】☆☆☆☆☆

  • 4.0

    IKAIKAさん2021/09/16 19:37

    何回目かの鑑賞

    入江悠監督の原点であり、後にpt2 pt3 そしてテレビドラマ化まで続いた伝説の作品 細かい粗はあるもののライムスター宇多丸さんも絶賛している作品

    ヒップホップが好きな人はかなり楽しめると思います。

  • 5.0

    ミツヒロさん2021/09/13 19:46

    「シュシュシュの娘」を観て入江作品が気になり鑑賞。
    映像は粗く序盤はなかなか話が進まずに不安になるが、市役所での質疑応答、みひろの登場あたりからグイグイ引き込まれていく。
    次第にうだつの上がらない主人公たちにも感情移入していき、切ない別れからのラストシーン。IKKUのラップが始まった瞬間に涙がでた。

  • 3.5

    lkangwenさん2021/09/11 22:44

    舞台挨拶皆さんマスクしたままだったのが残念。
    入江監督の最高傑作はビジランテだと思ってますがSRは更なる続編作ってほしい。

  • 4.0

    あやたもさん2021/09/01 15:42

    何度観ても名作
    笑っていいのか泣いていいのか分からない話からの最後の居酒屋でのラップを聴くために何回でもこの映画を観る。

  • 3.5

    chiさん2021/08/29 14:44

    こういう映画ときどき見たくなる。好き。
    「埼玉」のラッパーという時点で良い。有名になるには人殺すかラッパーになるしかない川崎とは対照的に、何かと馬鹿にされがちな埼玉でくすぶる男たち。
    ラストのラップも良かったけど、市役所でラップ披露した後の職員たちとのクソ真面目な質疑応答が最高に面白かった。

  • 4.0

    マツモトタクシーさん2021/08/22 10:30

    盆休み挟んで今週からまた学校が再開
    仕事2日出て今日は休みで学校へ🚕

    昨日、みなみ会館と京都シネマの来月号が届いた
    みなみ会館の上映表を見ていると「シュシュシュの娘」の入江監督の舞台あいさつがあるということで急遽初めてネットで予約して購入🎟️
    井浦新さんも出演しているようなので観たいなと思っていました😃

    U-NEXTに以前から観ようと思っていた監督のこの旧作品があったので観賞





    入江悠監督作品


    さいたま深谷から世界へ向けてラップを配信しようとするIKKUとTOM
    しかし現実は冴えない毎日
    IKKUは無職TOMは風俗の店員
    駄目駄目なラッパー達の日常を描く人間ドラマ







    以下ネタバレ


    IKKUとTOM
    何をやっても駄目な2人
    ヤンキーにはボコられ仲間達からは下に見られ後輩からは三行半
    2人で高速に掛かっている陸橋から下を走行する車に向けてモデルガンを撃ち込む下らない遊びをしているシーンがよかったなぁ。。😅
    ペーソス溢れる哀歌

    IKKUは食堂で働き始めそこへTOMが交通整理員としてたまたま訪れる
    TOMにまた始めようとフリー・スタイルで持ち掛けるIKKU

    全ラッパーはラストのIKKUに感情移入するだろう
    IKKUの呼び掛けにTOMは答えるのだろうか?
    余韻を残して終わる😃

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す