お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

一命

G

市川海老蔵と瑛太が、“切腹“という行為を通して武家社会という権力に立ち向かった浪人を熱演。

なぜ、男は、切腹を願い出たのか。そこに、秘められた真の目的とは?―――日本映画史に残る傑作時代劇『切腹』(1962)と同原作―――江戸時代初頭。大名の御家取り潰しが相次ぎ、仕事も家もなくし生活に困った浪人たちの間で、裕福な大名屋敷に押しかけ職や金銭をせびる「狂言切腹」が流行していた。ある日、名門・井伊家の門前に切腹を願い出る一人の浪人・津雲半四郎(市川海老蔵)が現れる。家老・斎藤勘解由(役所広司)は、数ヵ月前にも同様に切腹を願い出た若浪人・千々岩求女(瑛太)の、狂言切腹の顛末を語りはじめる。武士の命である刀を売り、竹光に変え、恥も外聞もなく、切腹を願い出た若浪人の無様な最期を――。その話を静かに聞き終えた半四郎は、驚くべき真実を語りはじめるのだった…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2011
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-03-28 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

一命の評価・レビュー

3.4
観た人
1985
観たい人
829
  • −−

    MasayaOuchiさん2021/03/22 23:40

    [切腹]がベストムービーの1本なので期待大で望んだが、一言、三池が撮るとこうなるよな、って感じだった。けど、俳優陣も[切腹]に劣らぬ良いメンツだったので見応えはあり。
    猿之助も良かったが、変に歌舞伎がかった演技が少々鼻についた。

    ただ[切腹]の方が千倍いいな。

  • 3.8

    MoriyanoDwarfさん2021/03/13 19:46

    悪行をした者が罰を受けるのは、疑うべくもない摂理。

    たとえ、それが一度目の過ちであろうと受ける罰は変わらない。
    妻と子を想い儚い希望を持った若者がたどり着いた結末だったとしても…。

    雪降る夜、全てを失った1人の侍が行き場所のない無念と憎悪を抱いて狂い咲く。

    静かな迫力とはり詰めた緊張感が凄まじい壮絶な時代劇。
    ぶっちゃけ、もうやめてくれよと目を背けたくなる場面もしばしば。
    表現ではなく、話そのものが残酷性と悲劇性たっぷりって感じ。
    心が抉られる覚悟はしといた方がいいかも。
    お腹が見てるだけで痛くなりそうなシーンもあったねぇ、思わず歯食いしばっちゃったよ(笑)
    ヘビーローテーションはしたくないが、一度見始めたら止まらないタイプのいい映画だとは思う。

    何より印象に残ったのは、やっぱり海老蔵さんの完璧に近いような武士姿かな。
    醸し出す雰囲気に、喋り方、表情、どれも痺れたねー。
    バガボンドの世界にそのまま溶け込んでも違和感ないと思うわ、マジで(笑)

    雪と武士の絵面ってさ、無条件にゾクゾクしちゃうよね…。

  • 3.9

    ぽろりさん2021/03/07 06:01

    凄く良かった
    瑛太が竹光で切腹のシーンは
    迫力あって目を背けました
    この作品から海老蔵さん好きです
    オリジナル観なくては

  • 3.0

    BK477さん2021/03/04 14:18

    同じ原作本の映像化作品である62年の「切腹」と、どうしても比較してしまう。とくに序盤の切腹シーンにおける、の展開の違いに違和感を感じてしまった。(どちらが原作準拠なのかは判りませんが…)

    最後の殺陣も、そう来たか!という意外性があれど、
    やはり62年の「切腹」の方が迫力があり…

  • 2.0

    Aさん2021/02/19 08:37

    アマプラで2019年とあったので観たことないと思って観てみたら、実は2011年の作品だった。こんな心苦しくなる映画を2度も観る羽目に… 例の切腹シーンはトラウマレベル。

    演技わざとらしいし、前半はまだいいものの後半はストーリーもイマイチだし、良かったのは時折重厚さが美しい映像と坂本龍一の音楽くらい…

  • 3.5

    FUさん2021/02/09 16:54

    序盤の30分、緊張感が半端ない。
    すぐに物語に引き込まれてしまった。
    残念なのは後半の1対50ぐらいの立ち回り。
    現実感がなく、そこで没入感から脱してしまった。
    もったいない。

  • 3.0

    塩さん2021/01/08 19:35


    ・全員救われない、しんどい&平和シーンでダレてだいぶ流し見
    ・瑛太も薄目でしか見とらん
    ・画面が暗過ぎる、お屋敷の甲冑や牛?の画には凄みが出てて良かったが

  • 2.5

    ミカウバーさん2020/12/27 08:20

    どうしてもオリジナル『切腹』と比べてしまうし、映画としての面白さも弱く観終わった印象も後味の悪さが残ってしまう。仲代・半四郎は井伊家にまさしく戦を仕掛けていたのに対し、海老蔵・半四郎は井伊家を諭そうとする事に重きを置いていたように思う。ただこれだけ悲しいことを分かってくれ、と想いの丈をぶつけ人間としての情けを揺さぶろうとするのを延々と見せられるのは付いて行くのがちょっとしんどい。『切腹』は刀を持たない言葉の斬り合いのような理屈の齟齬を突いて火花を散らすせめぎ合いと緊張感、それを爆発的に開放する最後の殺陣があるから後味が悪いはずなのにドスンとくる見応えの心地良さを感じる。しかしこの『一命』にはそれがないんだよなぁ。何でリメイクしたのか疑問だけど最近そういう作品(『日本のいちばん長い日』もそう。8月の話なのに暑さを感じない。)がチラホラあるけど、もう止めて欲しいね。

  • 3.4

    テディレニーさん2020/12/13 10:04

    三池監督の時代劇初めて観ました。というか、妖怪大戦争以外で初めて彼の作品を見ました。中盤の人間ドラマ編はあまり引き込まれなくて集中できなかったんですが、序盤の切腹シーンや終盤の戦闘シーンなどお城の場面はかなり引き込まれました。海老蔵さんの顔も良いと思います。

  • 3.6

    すうさん2020/12/09 03:39

    これ観て得した人手を挙げて下さい。
    その手が赤い血の通った人間の手か確かめに行きます。
    2度と観たくないけど、もう1度見たい衝動に駆られる骨太な作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す