お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

報復への道

G

原田龍二主演! “人違い”によって家族を奪われた男の壮絶な復讐劇を描くハードボイルド・アクション!

息子の誕生日に拳銃襲撃事件に巻き込まれた新崎は、最愛の妻と息子を亡くし、ひとり生き残ってしまう。耐え難い悲しみに襲われ、生きる希望を失った新崎だったが、自分たちが人違いでヤクザに襲撃されたことを知り、復讐を果たすことを決意する。拳銃を求め、ドヤ街にたどり着いた新崎は、平凡に暮らしてきた過去とは真逆の世界で、復讐の鬼と化すのだった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

報復への道の評価・レビュー

3.1
観た人
9
観たい人
6
  • 3.0

    殺る気なヘンリーシルヴァさん2020/11/11 03:25

    邦画のなかではなかなかガンアクション頑張ってました。

    個人的に思ったのは監督が確実にジョニートーファンか彼の傑作の1つ「冷たい雨に撃て約束の銃弾を」
    のファンであるなと思いました。
    復讐、男4人VS 敵複数、男たちの絆、レインコートを着た敵、主人公たちが基本ハンドガン
    「冷たい雨に撃て約束の銃弾を」のオマージュまみれだったのでジョニートーファンとしては見ながら監督好きなんだろうなとにやけてしまいました!

    どうりでガンアクションも凝ってるわけですね!
    エグザイル絆リスペクト映画も撮ってたりするんかな…

  • 3.8

    きんぼうさん2020/11/08 19:57

    Vシネでも凄まじいガンアクションが出来ると証明した快作!

    妻子をヤクザに殺された原田龍二が仇を討つおはなし

    なんと言っても見所はガンアクション低予算だけど気合と根性で頑張ってました
    拳銃の特訓シーンが長めにあったのも良かった。
    復讐ものだけど変に辛気臭く無いラストも良い。
    アクション映画の隠れた佳作なのでみんなみて

  • 3.4

    りくさん2016/07/14 10:54

    辛い…前半が辛すぎる…と思ったら、後半はメチャメチャ良い。そのバランスが良いのか?奥が深い…奥が深いよ任侠映画。。。

    大阪のミナミのイメージが悪過ぎる。。。でもだからこそ「こんな街早く出ろや」が生きてくるし…。
    この作品は良くも悪くも「極端過ぎる」。観る人を選ぶというか、観る人の気分を選ぶんだろうなぁ〜。

    土壇場で小沢仁志が放った「腹減ったなぁ」って台詞が物凄く良い。人間味があって。後半の台詞が全部良い。間といい、言い方といい。
    そして完全に、この映画で小沢仁志のファンになった。

    円卓を囲んでナポリタン食うシーンなんて最高なんだけど、固定でずっと観てたかった。でも、役者の顔を写さなきゃいけないんだろうなぁ。求めてる側からすれば。

    拳銃シーンがメチャメチャ渋い。カッコイイんじゃなくて、渋い。品があって好きだ。
    なるほど、前半には品がない。後半は品が凄い。作品の雰囲気がプッツン変わるのがなんとも言えない。

  • 2.8

    Thomasさん2015/04/15 13:21

    プロの殺し屋に隣人と間違えて妻子殺されるとは、出だしが随分と強引な感はあるものの、ガンアクションや復讐のために落ちていく心情とか意外に上手く描かれていて、全体的に悪くはない。
    主演の原田龍二は近年、相棒シリーズの三枚目キャラの印象が強かったが、男前なんだと再認識。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す