お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ピーター・パン2/ ネバーランドの秘密

G
  • 吹替

お馴染みのキャラクターとともに、新たな主人公を迎えて、夢の冒険がここに始まる!!

第二次世界大戦下のロンドン。前作でピーター・パンに導かれ、夢の島ネバーランドに訪れた少女ウェンディは、今では大人に成長し2人の子供の母親になっていた。子供たちに毎夜語り聞かせるのは、ネバーランドで体験した素晴らしい冒険の物語。ところが、娘のジェーンは戦争という厳しい現実の中で夢見る心を忘れ、ピーター・パンやティンカー・ベルの存在を信じようとしない。ある夜のこと、ピーター・パンを宿敵と狙う海賊フック船長がウェンディと間違えてジェーンをネバーランドに連れ去ってしまう。すぐにピーター・パンに救出され、仲間として歓迎を受けるジェーン。しかし、ジェーンにはなかなか夢の島ネバーランド、そしてピーター・パンや妖精ティンカー・ベルのことを信じることができない。だが、夢を信じることができないジェーンが、ネバーランドの運命の鍵を握っていることをまだ誰も知らなかった…。お馴染みのキャラクターとともに、新たな主人公を迎えて、夢の冒険がここに始まる!!

詳細情報

原題
(PETE PAN) RETURN TO NEVER LAND
関連情報
製作:ロビン・バッド,ドノバン・クック 音楽:テンプル・マシューズ
音声言語
日本語吹替
制作年
2002
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
販売終了2020-03-05
高画質(HD)
440
販売終了2020-03-05

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

ピーター・パン2/ ネバーランドの秘密の評価・レビュー

3.4
観た人
7295
観たい人
690
  • 5.0

    YURINAさん2020/07/04 20:51

    幼い頃はピーターパンを信じないジェーンのことを理解できなかったし、『ピーターパン』が大好きだったから『ピーターパン2』を少し邪魔だなぁとすら思っていたけれど、大人になってみると『ピーターパン2』があって『ピーターパン』が成立するのでは、とすら思うくらい見所があった。

    【『ピーターパン』との相違点】
    ・夢見がち、物語を信じる『ピーターパン』のヒロイン・ウェンディに対して『ピーターパン2』のヒロイン・ジュディは現実主義。
    2人の性格には背景も関係していて『ピーターパン』の冒頭では慌しくもどこか楽しそうな家族の時間が描かれるのに対し、『ピーターパン2』では父親が戦争に行く描写からスタートし、ジェーンが子供らしくない子供であることにも納得できる導入になっている。
    ・『ピーターパン』ではウェンディは母親としてネバーランドで受け入れられたが、『ピーターパン2』のジェーンはロストガール(=仲間)として受け入れられる。
    『ピーターパン』は大人になれない少年(ピーターパン症候群という言葉もある)と相手に尽くし与えられた役割通りに振る舞う女性(ウェンディジレンマという言葉がある)という性差や男女のあり方・役割・立ち振る舞いを描いた側面があると捉えているため、この違いは私の中ではかなり大きな差である。男女平等というと安っぽいけれど、ロストボーイズとロストガールは対等だったと思う。

    【『ピーターパン』との類似点】
    ・ヒロインの成長物語である
    個人的には物語を見た時、『ウェンディ』と『ジェーン』というタイトルの方がふさわしいと思っている(プロモーションの観点から見ると話は別だけど)。
    そのくらい2作品ともピーターパン、ネバーランドとの出会いを通してヒロインが大きく成長している。

    ただし、ネバーランドの理想と現実を知り、「こんなところにいてはいけないわ」「現実世界に帰らなくちゃ」とロンドンに帰る決断をするウェンディと「ピーターパンは本当にいたと弟に教えてあげなくちゃ」とロンドンに帰るジェーンではジェーンの方が圧倒的にポジディブな決断をしているように見える。

    私は大人になって『ピーターパン』を見返してモヤモヤした側の人間です。ヒーローのようだったピーターパンは思っていたよりも子供じみていて、夢のようだと思っていたネバーランドで女性は役割を押し付けられて……
    と『ピーターパン』で感じたモヤモヤが全て新しい価値観に塗り替えられたような素晴らしい物語だった。その意味で私は『ピーターパン』と併せて観て欲しい作品だと思う。

    そしてここまで延々書いてきて、それでもやっぱり触れずにはいられないラストほんの数分のエピソード。

    子供のままのピーターパンと大人になったウェンディが再会するシーン。

    今の私にはぐっとくる、としか表現できなくて。例えば、子供の頃に大切にしていたおもちゃを見つけた時のような、街で初恋の人を見かけた時のような、夕日で輝く地元の海を見た時のような………そんなとても温かくて懐かしくて切なくて自分の胸の中だけでキラキラと光るものなような気がするけれど、それよりももっと繊細で大切な感情な気もする。とにかく愛おしくてぐっとくる、の。

  • 3.3

    としさん2020/06/27 10:58

    2020年6月27日

    映画 #ピーター・パン2ネバーランドの秘密 (2002年)鑑賞

    第二次世界大戦下ロンドン
    ウェンディは二児の母親になって毎夜ネバーランドでの冒険物語を子供たちに語る
    娘のジェーンはその物語を信じなかった
    ジェーンはウェンディと間違えられフック船長に連れ去られる
    冒険の始まりです

  • 3.8

    やまこさん2020/06/27 03:08

    不覚にも見入ってしまった。
    もう小さかった頃みたいにディズニー映画は観れないし、魔法もかかりにくくなったけど、この終わり方はとても余韻を残される。

  • −−

    アリス猫さん2020/06/22 21:36

    Prequelより大人向け? 現実世界は戦争だし、対比の描写がしっかりしてる。

    遠近の組み合わせのパソコンワーク感が凄い。技術が発達し始めた頃なのかな。

  • −−

    こさん2020/06/18 00:00

    ディズニーの続編あんますきじゃないの多いけどこれはすき ちょっと切ない
    ティンクが全身で表現するのほんとかわいい

    あーーもうウェンディ側なんだよねー悲しい
    見終わったあとの余韻がすごい

  • 3.4

    わかぽんさん2020/06/15 18:21

    ロストボーイズが「ジェーン!」って呼ぶのめっちゃ真似してたし個人的にめっちゃ似てたと思うしウェンディは美人
    最後ちょっと感動ちた

  • 4.5

    ぽんさん2020/06/10 18:58

    ウェンディの娘と冒険したりとか、最後大人になったウェンディと交流するところとか、そういうのたまらん。

  • 5.0

    ゆーりーさん2020/05/31 07:22

    ピーターパンと大人になったジェーンが再会するシーンでぐっときた。
    ロンドンの時計台へのシーンが一番すき!

  • 4.5

    Kさん2020/05/28 02:19

    ディズニーアニメ至上最も感動したシーンあり🥺ピーターパンがジェーン(ウェンディの娘)をネバーランドからロンドンに送り届けた後、ウェンディと再会するシーンが胸熱😭💖ピーターパンとティンクは彼らを信じる子供にしか見えないはずなのに、大人になった今でも再会できたのはウェンディがピーターパンとネバーランドを信じているから🌈ディズニーらしい素敵な結末💫正直ピーターパン2は終盤までの物語よりも、最後のこの2人の再会に意味があると思っている!普通に泣いた😢音楽も素敵

  • 3.9

    Mikoさん2020/05/27 08:07

    ピーターパンに2あるのあんまり知られてないと思うけど、これ面白いから観てほしい!
    小さい頃からわたしは何度も観てきたよ!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す