お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ハンナ・アーレント

G
  • 字幕

ユダヤ人女性哲学者、ハンナ・アーレントの波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化。

かの有名なナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し、独自のレポートを世に発表、大スキャンダルを巻き起こしたユダヤ人女性哲学者、ハンナ・アーレント。その生きざまと現代にも通じるメッセージを、魂を揺さぶる重厚なるドラマとして描ききった傑作。
誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その衝撃的な内容に世論は揺れる…。「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。

詳細情報

原題
HANNAH ARENDT
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
ドイツ・ルクセンブルク・フランス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-08-22 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ハンナ・アーレントの評価・レビュー

3.8
観た人
3317
観たい人
4151
  • 4.2

    こーねりあさん2020/08/11 20:07

    20世紀を代表する哲学者、ハンナ=アーレントの晩年の代表作にして最大の問題作、『エルサレムのアイヒマン』の執筆過程を主軸に、迫害の過去を乗り越え哲学に生きる彼女の生き様を描いた名作。

    この映画の最大のテーマは、ハンナ=アーレントが人生をかけて追求した「悪」という概念である。

    彼女は劇中で「悪」について以下のように語った。
    「世界最大の悪はごく平凡な人間が行う悪です。そんな人には動機もなく、信念も邪心も悪魔的な意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。」
    彼女の言う「凡庸な悪」は悪意なきところにも生じうる。そして、それは悪意のある「悪」よりよっぽどタチが悪く、場合によっては想像を絶する残虐性を帯びるのだ。

    実際、この映画の前半の山場である「アイヒマン裁判」のシーンには、当時の実際の映像が使用されており、アドルフ・アイヒマンという男がお世辞にも悪人とは呼べない平凡な人間であったことがありありと理解できるはずだ。しかし、彼は間接的ながらも600万人以上のユダヤ人を死に追いやった。そこに悪意など一切なく、ただただヒトラー命令に従ったのみであった。

    彼女は言う、「凡庸な悪」が生まれるのは思考が停止した時だと。「思考停止」とは、「思考」という人間の最高の質を放棄すること、つまり、善悪や美醜の分別を放棄することと同義なのだ。そして、それこそが人類全体に対する罪なのである。アイヒマンは、保身や忠誠心から「思考停止」の状態に陥り、結果的にホロコーストを助長した。彼は人類に対して許されざる罪を犯したという意味において大罪人と言える。

    結論、我々がこの映画から学ばなければならないことは二つ。一つは、誰しもが「凡庸な悪」へと落ちうること。もう一つは、その状態に陥ることから救われる唯一の方法こそが、絶えず「思考」を続けるということである。人間に生まれた以上、「思考」し続けるべきなのだ。この映画はそんな人間本来の価値を再認識させてくれる映画だった。

    皆さんは、今まさに「思考停止」の状態に陥っていないと本当に言えるだろうか??この作品を通して、いま一度自分自身に投げかけてみてはいかがだろうか。

  • 3.8

    NOBUさん2020/08/06 21:01

    ハンナアーレントの人物像がアイヒマン裁判を通じて彼女の本質に迫った内容になっている。脚本の視点からすればドラマチックな要素はなくやや平凡ではあるが、アイヒマン裁判と自身への持論に没頭する姿に視点が絞られながら、時折、垣間見せる青春時代への回想が、アーレントの生き様をしっかりと捉えていてボリュームのある構成になっている。
    思考の大切さを訴えると同時に人類が持つべき姿が社会で失われている問題を我々に投げかけている。
    やはり、アーレントを演じたバルバラ・スコヴァの演技力に圧倒される。彼女の演技力がこの映画を最後までしっかりと導いてくれている。

  • 4.2

    おがりきさん2020/08/04 15:00

    映画自体の良さっていうより、アーレントの主張自体が印象的やったから本読みたい。著者が本当に言いたいことを読み手に伝えるのが難しいということが改めてわかる。

  • 3.5

    TPさん2020/08/03 22:10

     私はハンナ・アーレントもアイヒマンも知らなかったのだが、「イスラエルのアイヒマン」に記された、アイヒマンはただ命令に従い業務を遂行しただけの凡人、ユダヤ人の中にも同胞を選別する人がいた、ということが一番の論争の源になったらしい。
     今から思えば、また、当時の世相を知らない私にしてみればそんな大問題なのかな?と思ってしまうのだが、ナチスは極悪、ユダヤ人は全面的な被害者という完全な色分けがされていた当時はそうではなかったのか。
     アイヒマンはユダヤ人が虐殺されるということは考えずに上からの命令に忠実に従うことで思考を停止した個人。
     ユダヤ人の中にホロコーストの片棒を担いだ人がいるはずがないと現実に背をそむけることで思考を停止したのはユダヤ社会。
     思考を停止することこそ本来持っている人間としての条件を放棄することと説いたアーレント。女性であり、ユダヤ人であったアーレントの苦悩は深かっただろうが、理解のある夫と友人の存在もあり、自身の思想を曲げずに戦った彼女の崇高さ、魅力を本作は十分に伝えていると思う。

     私はその歴史的背景をよく理解できていないこともあって、映画を見ている途中は無知による心の深層への浸透がなかったところはあるが、観終わって、彼女の思想を少し良く知ってみたいと思わせた、内容のある映画。

  • 3.7

    Yotaさん2020/07/29 10:08

    何をもって悪とするのか、何をもって善とするのか考えるきっかけになる
    思考を放棄することは人間をやめることと同義という考え方がすごくいい

  • 3.7

    hさん2020/07/25 11:46

    大学のレポートのために鑑賞。
    ナチ党の責任者だから、根っからの悪人かと思いきや、そこには特徴もない凡人がいた。
    どんな組織においても、人は歯車になってはいけない。自分が何をしているのか考えることをやめてしまったら、大量虐殺は良くないことだという当たり前なことさえ見落としてしまう。実際ホロコーストはヒトラー1人で行ったのではなく、ナチ党職員など多くの組織人が、現地の収容所で指揮監督をすることによって成り立っていた。監督する側も、組織に刃向かったら今度は自分が殺されてしまう。きっと収容所にいた全ての人は、あまりにも受け入れ難い現実に、考えることを諦めていたのかも。
    このテーマは本当に難しい…色々考えさせられるけど、平和な時代に生きてて良かった、とありきたりな感想が1番に来る。

  • 3.0

    しゅりさん2020/07/23 18:12

    理解しようとすることと赦すことは違う、っていうのはすごくわかる。
    ただ大多数の人間は書かれてる内容・発言の本質よりも、なんとなく雰囲気と印象で受け取りやすいし、その言葉を言葉のままにしか感じとれなかったりする。

    いかにも炎上しそうな問題に関する自分の思考を言葉にして発信していくっていうのは難儀なことだなと思った。それは昔も今も変わらないね。

    それにしてもこの映画は眠くなる...
    内容は面白いんだけど演出があまりにも淡々としていて、史実をそのままやりました感がすごくて...

  • 4.0

    しゅんすけさん2020/07/13 13:32

    思考すること、これを怠れば誰もが怪物になり得る。この事をナチスに落とし込み自ら犠牲になりながらも伝えた。

    テロリスト、宗教、通り魔等例を挙げればキリがないが、本質は思考しているかどうか。人間にしかこの力はないからこそ、それは時として最悪の事態をうむ。

    ホロコーストについて、このハンナの考え方は自分にとってすごく斬新だった。善悪・行動だけで判断することは浅はかなのかもしれない。

  • 4.0

    trさん2020/07/13 11:22

    好きな哲学者の一人。ナチスを支持したハイデガーとの対面シーンはアーレントに共感して涙が溢れてきた。

    人間であることを拒否したアイヒマンの「悪の凡庸さ」。「思考の風が齎すのは知識ではない。思考することは善悪を区別し、美醜を見分ける力だ。」

  • 5.0

    aysさん2020/07/12 02:39

    思考することを止めるな、ということ。
    理解を試みることと、赦すことは分け隔かれたものだ。
    最後の鬼気迫る講義を以てさえ、思考停止した者にはいかなる言葉も届かない。
    独裁者でもテロリストでもサイコキラーでもない。そこにあるのは、平凡さ。
    誰にでもなりうる。
    これが、悪の凡庸。

    誰かが、本映画には脚色が足りないと曰うていたが、それこそまさに、民衆がアーレントに対し求めていたエンターテインメント性ではないのか。
    根源的悪の象徴としてのアイヒマンを観たい民衆と同じではないのか。

    ここでもまた、思考が停止している。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す