お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

極道めし

G

土山しげるによる異色のグルメマンガを実写映画化。

ある刑務所の204房に、懲役3年のチンピラ、栗原健太が新入りとしてやって来る。そこには、周りから極道だと勘違いされている大泥棒の八戸はじめ4人の受刑者が、お互いに慣れた様子で共同生活を送っていた。健太が刑務所めしにも同房の仲間にも馴染めずにいる中、年の瀬が近づいたある日、彼らは示し合わせたようにあるゲームを始めた。優勝賞品は、彼らにとって一年で最大の楽しみである正月の“おせち料理”。そしてゲームの内容とは、各々が人生で一番うまいと感じた食べものの話を語り、どれだけ聞き手の喉を鳴らせるかを競うというもので…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

極道めしの評価・レビュー

3.1
観た人
1529
観たい人
505
  • −−

    acacurageさん2021/06/09 00:08

    ほっこりもするし、
    やるせない気持ちにもなるし、
    映画観たー。という気持ちになる
    とてもすてきな、良い作品でした。

    試したいご飯も出てくる。

    だんだんリアルになっていく
    回想シーンもなんだか良い。

    過去は戻らない。進むしか無い。

  • 3.3

    kuuさん2021/06/08 12:27

    『極道めし』2011年108分
    土山しげるによる日本の漫画作品原作の実写化ほのぼの系映画?ドラマ版もたしかあったような。
    🍚🍞😋🍔🍢😻🌼🌻❤️🍡🍫🍲🍛
    大みそかのムショ(刑務所)を舞台に、受刑者たちがおせち料理の争奪をかけて
    “自らの経験したうまいもん自慢”
    のバトルを繰り広げる姿を描く。
    バトルの内容は、うまいもん自慢の話にはまってつばを飲み込み、喉をゴクリと鳴らした人数が最も多い者が、全員からおせち料理を1品ずつもらえるという子どもじみたゲーム。

    人間誰しも防衛機制(英: defence mechanismてのは、受け入れがたい状況、または潜在的な危険な状況に晒された時に、それによる不安を軽減しようとする無意識的な心理的メカニズム)的に本性を隠して生きてる。
    云い換えんなら仮面🎭️を被って生きてる。
    『自分はハッタリ(ウソ)なんか付かず、何でも云う人なんやで、ざっくばらんに何でも云うわ。』
    なんて、実はそれ自体が自身の心の本性を隠す仮面やったりする。
    『私のことは私が誰よりも知ってるし、大局的に観ることができるで』
    なんて云う人がしばしばいるけど、実際はどうやろ。
    己が己を観たときが一番ミステリアスやし、なんも分かってないをが現実ちゃうかな。
    アイデンティティはともかく、己が己を『こうだ!』ってキッパリ云える人は少ない。
    まぁ居ないことはないやろけど。
    初めて出会った人に、
    『ねぇ君はどんな人なん?』
    ちゅう質問ほど、考えてみたら愚かな質問になんちゃうかな。
    何故なら、多くの人が己のことを一番知らないからっす。
    『欲求』に、『要求』、ほんでもって、『欲望』ってのは同義語のようやけど実際は全く違う。
    腹減った
    ➡なんか食わせ
    ➡原一平じゃない腹一杯
    ➡クソしたい
    ➡満足
    ➡早くグースカピー寝たい
    ➡嗚呼~快眠。
    ちゅう一連の流れは生命になくてはならへん『欲求』(それらが一つでも欠けるとたちまち心身の不調が現れる)やし、
    なら、沢山あるメシの種類のなかで、同じ喰うなら美味しいモンが食いたくなるんは人の常で、それが『欲望』ちゅうこと。
    この映画じゃ今まで生きてきた中で最も美味しかったのはなにかを話すことで(自己開示)自分じゃ見えへんかった自分が(本性が)やっと見えてくるちゅうことが描かれてる。
    この映画のスジには、『欲求』と『欲望』の関係があって、
    ヨダレがでるような料理を観客席に見せ付けると思たら、クソ穢らしい、将に糞するとこや屁をこくとこがやたらめったら出てくる。出もの腫れ物はナンチャラやけど。。。
    それはまったくもって相反するものじゃなく、『欲求』と異なり『欲望』てのはホンマ掴みようがないものやし、
    一般的倫理上での価値観や物語性のモンがあってはじめて成り立つモンや。
    『欲望』てのはどんなときも、他の者の『欲望』への『欲望』やと誰かが云ってた。
    これが地で行くのがこの映画やと思う。
    だから、
    『ねぇ君はどんな人なん?』
    て聞くんじゃなく
    『君が生きてきた中で一番うまかったんなにや?』
    って聞く方が愚かな質問ちゃうと思う。
    まぁこないに深く考え難しく書きましたが😊
    映画の内容はコメディてすので軽く見てみてください。
    自分はオモシロかったですし、ムショの生活もなかなか上手に描けてると、経験ある先輩が推薦してましたので、併せて観て下さい。
    最後に
    『あなたが生きてきた中で一番美味しいと思った料理はなんですか?』
    小生は。。。
    断食明けの、コーヒー牛乳(雪印メグミルク雪印コーヒー)と食べる
    山崎製パンの『ミニスナックゴールド』熱量(kcal)538と高カロリーで食べ応えあるボリューム、加えて、品質、味、価格、評価⭐5
    トースターでチョイ焼くのも、反対に冷蔵庫でチョイ冷やしてホンダン(シュガー)のサクサク感を感じながらもよし、
    腹ペコならそのまま、時には渦巻きをほどきながら食する至福。
    ガガリと恐竜の如く大口で齧るのも噛み跡気持ちよし。
    故に小生は山崎製パンの『ミニスナックゴールド』すね。

  • 2.8

    ゾンビフッドさん2021/06/03 02:27

    言っちゃ悪いし、もともとコンセプトからそういう話ではあるんだけど‥。
    だけどやはり感じてしまう。


    貧乏くせえ!!!!

  • 4.5

    Yoheyさん2021/05/24 01:19

    レンタル屋さんになかなか置いてなくて見つけた時嬉しかったなぁ

    つまりは、あらすじの通りなんだけど
    思い出の味って大事だよね

    ゴクリと唾を飲んでしまいそうな
    ちょっとマイナーな邦画
    そんなとこが好物な僕は好きな映画。

  • 2.8

    らさん2021/01/19 13:34

    最初はクセしか無いし、汚いし何だこの映画と思ったけど結構しっかりした内容でオチもあって面白かった!

    舞台かよ!っていうセットも逆に面白かったかな

    しかしお腹空くわ〜
    やっぱりご飯っていいね!
    僕もたくさんご飯との思い出を作りたい!そんな人生歩みたい!

  • 3.0

    Hirokingさん2021/01/15 16:51

    お腹が…人それぞれのご飯への想い…
    大の大人が、子供のように思い思いの極上ご飯を語る…
    結局、愛する人の手料理が一番だと思った作品でした。

    2021年082本目

  • 3.2

    空さん2021/01/11 21:52

    セットがなんて安いんだ!!
    って思うけどキャストは結構しっかりしていて観ていて楽しかった

    刑務所に入って同室になった人たちがそれぞれ思い出に残る美味しかったご飯を披露(話)していくのだが、再現が面白い

    冒頭のかわいいなぁと思う女の子が木村文乃ちゃんによう似とるなぁでもちょっと違うのかなぁってずっと観てたけどほんまやったwやっぱり可愛いw

    人は悪の道に走るのに必要な要素があれば誰でも行ってしまえるのやろし大きな「運」が付き纏ってしまえば逃れられない

    それをサラッと爆笑にしていく安いセットがなんなのーーーw

    いや結構ようございましたが

    しかしこれドラマでも観たことあるような気がしたんよ柳沢慎吾ちゃんので、と思ったらドラマもあった!

    5/2021

  • 3.0

    きょさん2021/01/10 17:42

    ラーメン食べたくなった!
    思い出を振り返るシーンの舞台っぽいセットも珍しくて好き
    ただ、悪夢のシーンとトイレのシーンが謎すぎて…うん、

  • −−

    nickさん2021/01/10 04:45

    2021/01/10
    Amazonプライム

    誰かがラーメン食べてるのを見てブワッとなるとは思わなかった。

    舞台演劇のセットのような演出は面白かった。

    そういえばそう極道でもなかった。

    ジャケのデザインはほんわかしすぎているように思う。

  • 2.8

    yukkoさん2021/01/09 21:00

    こんなストーリーだったとは知らなかった。少しホロッとする。キャッチコピーそのまま。
    ちゃんこ(ギタロー)初めて見た俳優だけど、この人無理。ご飯食べるシーンが多い作品なのに、歯並び悪過ぎて口元が汚い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す