お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック

G

究極のゲームバラエティ「ゲームセンターCX」がついに映画化!

時は1986年。ファミコンと『週刊少年ジャンプ』をこよなく愛する少年ダイスケは、憧れのヒロイン・クミコとファミコンソフト『マイティボンジャック』の話で意気投合、ソフトを貸す約束をする。有頂天になるダイスケ。ファミコンをやってて本当に良かった! しかし、ビーバップかぶれのヤンキー加藤に『マイティボンジャック』を奪われてしまう。さらに、そのソフトは最凶にして最強、伝説のヤンキー安倍先輩の手に渡ってしまった。カリパクの危機を迎えたダイスケの『マイティボンジャック』。このままクミコとの恋も終わってしまうのか!? 意を決したダイスケはヤンキーの巣窟、安倍先輩の部屋に向かうのだった―。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2013
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-09-17 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャックの評価・レビュー

2.8
観た人
537
観たい人
129
  • 3.3

    えなさん2021/05/08 03:58

    わたしは今年PS5をプレイした反動でファミコンやスーパーファミコンというレトロゲームに突然ハマって、ドラクエ5やハットリくんを始めあらゆるレトロゲームを毎日やりまくってる。
    ゲームセンターCXはほとんど見たことないけど、マイティボンジャックはBGMがすごく好きだったから気になって本作を見てみた。じぶんではあんまりプレイしたことなかったけど、こんなにマゾゲーだったんだ。敵の動きが早すぎて絶望するw後半なかやかしんどかった。レトロゲーム難しすぎるよね。ハットリくんも、オバケのQ太郎ワンワンパニックも地獄なんですよ!いじわるすぎる!でもドットとピコピコBGMがたまらなく楽しい。しぬたび、2度とやるか!と思いつつまた始めてしまう。
    本作はゲームパートとドラマパートがあってドラマパートも面白くて好き。飽きそうになったらゲームとドラマが入れ替わってなんとか楽しく見られた。もうちょっと短くても良いと思ったけどラスト近辺の仕掛けも面白いし、エンドロール後もよかった〜w有野さんって人柄がよくて和む。また映画版が出たら見ます!w

  • 2.0

    ぶちゃさん2021/04/28 18:44

    ゲームセンターCX自体は、ゲーム配信を流行らせるきっかけになった番組だと思うし、好きな番組だったけど。

    ドラマパートがおはなしとして面白くない上、主人公のオタクくささや外見がどうも好きになれない。
    そもそも、ドラマパートと本編の繋がりが殆ど感じられない。

    そして終盤のメタ構造、あのシーンを撮るためにイベント開いたのだろうし、マイティボンジャックを3日クリアできないのも作為に思えてしまう。
    こんなヤラセ番組だったっけ?

  • 2.9

    ターミガンさん2021/04/05 21:03

    2003年から続く人気ゲーム番組の放送10周年を記念して製作された映画。

    番組のファンか、FCソフト『マイティボンジャック』に思い入れのある人なら見て楽しめると思う。
    それ以外の人はストーリー重視になると思うので少々キツいかもしれない。
    初見さんでも見やすい題材なだけにもったいない。

    構成は、番組初期の白熱エピソードとなったマイティボンジャック(※課長パート)に、1986年の中学生ドラマ(※昭和パート)を挿入して交互に展開していく流れ。
    更に劇中に、名物ADやゲーム業界有名人が隠れキャラ的に紛れ込んでいるみたいで遊び心はある。

    最後まで見て、この昭和パートはコメディがやりたかったのだと気付いた。
    しかし、コメディだと思わずに「ちょっと毛色の違う中学生日記」として追っていたから、結末が肩透かしを喰らったように感じた結果、昭和パートは蛇足だと思わせてしまうのではないだろうか。

    課長パートの「熱さ」はドキュメントだし変にいじらなくて正解なのだが、その反面、昭和パートは脚本と演出とがどうにもこうにもアンバランス。

    後になって振り返れば「ウソテク」とか「借りパクされたまま大人になったら」とか、随所に“フリとオチ”の展開はあったものの、突き抜けてないせいか昭和回顧の厨二演出だろうなぁぐらいで受け止めていた。
    中学生がメインでもコメディとして見せるなら、演者の地力ではなく脚本と演出が如何に重要かってことを改めて感じさせられた。
    てっきりマイティボンジャックに絡めるぐらいだから、昭和パートも大円団になるもんだとばかり……

    しかしまぁエンドロール後の課長と中学生の絡みを見て、あぁそう言えばよゐこのコントやネタってシュールとか散々言われてたもんなぁと思い出した。
    つまりは有野晋哉が関わるんだから王道は無いってことか、と強引に自分を納得させた。
    (※有野さん脚本にも演出にも噛んでないと思うけど)

    あと、ゲームセンターCXの肝は、やっぱり菅プロデューサーの声で入るナレーションに尽きる。
    ADはどれだけ入れ替わっても、このナレーションだけは変えずに今後も突っ走って欲しい。

  • 2.8

    マイクDさん2021/01/23 22:18

    あのゲーム番組が映画になった!動画配信サービスが主流になる前はスカパーに加入していて「ゲームセンターCX」よく観ていたのですが、解約してからはめっぽうで。有野の挑戦とドラマパートが融合した作品。最初はドラマパートいらないんじゃないかと思ってましたが、意外と昔の気分に戻って楽しめました。それにしてもやっぱり昔のゲームは難しいですよね。諦めない有野課長の姿が素敵です。イノコマックスもいいキャラでした。

  • 3.5

    マツモトタクシーさん2021/01/23 09:50

    小学生3、4年生位の頃にバッティングセンターでゲームしたり町中にインベーダーハウスが出来て連れて行ってもらった記憶
    その後従兄弟がブロック崩しのみが出来るのを買ってもらいよくやらしてもらいました
    それからファミコンが登場
    お金を入れなくても何回もタダで出来ると思ったのを思い出します😁

    「ドルアーガー」が出てからもう自身では難しくてこの手のタイプのゲームは余りやらなくなりました
    よゐこさんも5つ下の様なのでゲームや漫画、映画、アイドル、ヨーヨーなど近い体験されていると思います😁





    よゐこの有野課長がファミコンの様々なゲームをエンディングを見るまでプレーする番組の映画版

    難易度が高い「マイティボンジャック」の攻略に挑む回、しかし何度か挫折、中断を挟みながら最後は会場に観客を入れ一緒にエンディングを向かえる
    それとは別に当時の中学生の生活を再現したドラマを挟み交互に見せて行き最後はシンクロ😁笑





    このゲームも友人が何処からか借りてきたのをやらしてもらったけど2、3回やって後は後ろで見てました😅
    「魔界村」数人で徹夜でやったこともあったなぁ😆

    「ドラクエ」も「F.F」もやったけど余りはまらず「シムシティ」や「大地くん」やってました😁
    「ブラストドーザー」「ポピュラス」「太陽のしっぽ」なんかも嵌まったなぁ😁

    「塊魂(カタマリダマシイ)」以降はもう全然やらなくなりました
    携帯ゲーム日課でやる位です😁📱

  • 3.3

    ろーどーさん2021/01/04 15:28

     有野晋哉扮する有野課長がレトロゲームに挑戦する人気番組「ゲームセンターCX」の映画化作品。

     映画化と言う事でどういう内容かと思いましたが、いつも通りの有野課長がゲームに挑戦するパートととあるゲーム好き中学生を描く過去(1986年)パートが交互に進んでいく構成でした。
    良い点としてはファミコン全盛期の1986年を当時のジャンプの話題やアニメ、ドラマのシーンを劇中に流したりし昔懐かしき昭和を描写していた所です。
    あと主人公の中学生の如何にも“中学生”って所がベタではありますが良い味出てました。
    惜しい所では、もう少し有野課長パートと過去パートをエンディングでもう少し結び付けられ無かったかな?と言う点です。

    名作映画とまでは言えないけどゲームセンターCX好きなら観て損は無い一本です。

  • 3.5

    雫玖さん2020/12/20 19:05

    有野さんの映画!?と興味を持ち視聴。

    有野さんがゲームをプレイするパートと、
    そのゲームが登場するドラマパートが交互に流れていて、斬新だなぁと感じた。

    有野さんのゲームパートでは、こんなにゲームクリアに情熱を燃やしていて、真剣に向き合っていている姿にどんどん惹き込まれていった。

    ドラマパートでは中学生らしい可愛らしい恋模様?が描かれていて、ここも楽しめた。

    そして、やっぱりファミコン時代のゲームは難しいなと改めて感じた笑

  • 3.3

    コオジさん2020/12/08 01:43

    長年観続けたスカパー番組ゲームセンターCXの映画版と聞いてどんなものになるか気になっていたが、こうきたか!

    挑戦大作となったマイティボンジャックの回と、オリジナルドラマパートを追加しての映画版。
    昭和と平成を行き来する少し不思議な物語。レトロゲームを愛する番組ならではの造り。

    ゲームセンターCXファンなら十分楽しめる作品。ファン以外の感想はわからん!笑

    ただドラマ性でいうのなら、実際のマイティボンジャック回が凄すぎて、感動は半減?
    ドラマより現実が凄かったパターンの作品。

  • 2.0

    天使の胃袋さん2020/11/27 16:02

    ファンだけどわざわざこれ見るなら素直にマイティボンジャック完全版を観たほうが100倍楽しいと思う。
    現実のマイティボンジャック完全版のほうがドラマ性も高い。

  • 3.3

    なぽぽさん2020/10/04 19:41

    意外に面白い😊

    映画として……では無いですが😅

    ゲームセンターCXは昔、何回か見ました。
    (有野さんがやっているゲーム🕹やったことないのですが、なんかみてしまいますね。)

    マイティーボンジャックというゲームの巻なんですが、やったこともなければ、見たことも無い。
    だけど、あの世界観に入ってしまう不思議な感覚です。

    今回は、ドラマも入ってますが……思わず早送りしそうになりました。
    途中で、重なるので、ちゃんと見て良かったです。

    最後、思わず、おお……となりました。
    冷静に考えると、番組としても不思議な感じですね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す