お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パプリカ

G

夢が犯されていくー。

精神医療研究所が開発した、他人の夢を共有できる画期的テクノロジー“DCミニ”が盗まれた。それを機に研究員たちは次々に奇怪な夢を見るようになり、精神を冒されていく。謎の解明に挑む美人セラピスト千葉敦子は、極秘のセラピーを行うため、性格も容姿もまったく別人の“夢探偵パプリカ”に姿を変え、クライアントの夢の中へと入り込む。しかし、狂ったイメージに汚染された夢の中では、おぞましい罠がパプリカを待ち受けていた…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

パプリカの評価・レビュー

3.8
観た人
65723
観たい人
28856
  • 3.7

    Xiさん2021/06/22 07:23

    ミレパのTrepanationのMVを見たらこの映画を思い出して鑑賞
    夢を見てる時の気持ち悪さの再現が凄い!場所がぬる〜って変わるの分かるー!昔はよく空飛んでたけど今は飛ばないな〜
    無機物のパレードのシーンは圧巻!!音楽も良い!
    今敏、筒井康隆、マッドハウスって並びが豪華、そこに平沢進だもんなぁ〜凄い
    噂によれば「インセプション」に影響を与えたとか、与えてないとか…たしかに似たような場面はいくつかあるけど、真相は不明
    オセアニアじゃあ常識

  • 4.0

    我流waveさん2021/06/21 21:21

    当時友達が買ってきたDVDを夜中みんなでみてたら翌朝監督が亡くなっていたという奇妙な体験をした映画。
    なんとなく面白かった記憶があったけど、当時は全然理解もできなくて、その印象のが強かった映画。
    久しぶりにみたけど相変わらず難しい、でも面白かった。
    過去の映画から受けた影響、未来の映画に与えた影響もなんとなく今なら理解できて面白かった。
    パプリカの危うい魅力が林原めぐみさんの声とマッチしてて魅力的。
    あの独特の不気味な雰囲気は今敏監督にしか作れない世界感だなぁ。
    平沢進の音楽も今聴いてもやっぱりすごい。

  • 3.8

    hinakoさん2021/06/21 14:44

    パプリカの声は林原めぐみさんということで2日連続で今敏監督の作品を鑑賞。

    所々気持ち悪さがあるけど、色使いがすごく好きだし、主人公が魅力的だなぁと思う。
    パプリカ、パーフェクトブルーの未麻、鏡に映るもう1人の自分は明るくて溌剌としているな。わかる気がする。

    あと、地面がぐにゃぐにゃになって走れない夢、いつか見たことある気がする…

  • −−

    ろんさん2021/06/20 02:11

    平沢進のパレードと「オセアニアじゃあ常識なんだよ」ってセリフだけを知った状態で鑑賞。
    あのごちゃっとした絵が凄い不安にさせてくる。

  • 4.0

    べるさん2021/06/20 02:07

    夢と現実が入り混じることって本当にあるよな。支離滅裂で全く噛み合ってない会話とか自分も夢でそうゆう経験したことあるし。
    金縛りの時も、変な事が起こりながら妙にリアルさがあって、起きたくても自力で起きれないあの感じとかそっくりだなと。

    あと夢って自分だけのものだけど、他人の夢に入ってみたい気持ちめっちゃ分かるって思った!

    これはアニメだからこそ実現できた作品。
    音楽も映像も最高でもう一度見直したくなった!!

    監督がご存命だったらどんな作品を生み出してたんだろう。

  • 4.0

    ちゃんゆきさん2021/06/19 17:14

    やっっっと観れた!!
    狂ってる時の人たち何言ってるかほんとに支離滅裂で訳わかんないんだけど、訳わかんない文章を考えられるってのも凄いなぁと思いながら観てた(笑)
    こんな奇想天外なストーリーやイメージを思い付いて具現化できるなんてある意味狂ってないと無理だよなぁ(笑)

    平沢進の不思議な音楽がパプリカの夢なのか現実なのかわからない雰囲気にピッタリ!
    パレードの音楽クセになるわ〜〜〜!


    流れは意外とわかりやすかったと思う

    少しネタバレ↓
    夢を可視化・共有できる装置が盗まれてしまい、人の夢に勝手に入り込み潜在意識に影響を与え、現実世界でもその人を狂わせてしまう事件が発生。支離滅裂な言葉を話しながらおかしな行動をとったりビルから飛び降りたりしてしまう。。
    一刻も早く盗んだ犯人を探して取り返さないとどんどん被害者が出てしまう!
    開発者チームの時田とあっちゃん、所長と同級生の粉川刑事、そして謎の女パプリカが力を合わせて犯人を探すが、なんと同じ開発チームのメンバーが黒幕?!と思ったらその後ろにはさらに黒幕がいて、、?
    最終的には現実と夢が混ざってしまい、夢の中のパレードが現実にも出てきてしまう!!ビルからサラリーマンが順番に飛び降りるところなんかはほんとに狂ってた!(笑)

    大事な人や自分の本当の気持ちに気づけた時、人は現実とちゃんと向き合って生きていけるんだね。
    面白かった〜〜〜!!!

  • −−

    映画狂人さん2021/06/19 00:53

    筒井康隆×今敏×平沢進、これ以上ない最狂の組み合わせ。
    個人的にパプリカと言えば野菜でもFoorinでも米津でもなくこれ、今敏の遺作にして最高傑作。
    夢と現実が綯い交ぜになり侵食されてゆく感覚を体感出来るイマジネーションの宝庫、今敏の十八番である多層的入れ子構造ここに極まる。
    平沢進が流れるパレードのシーンなんて『千と千尋の神隠し』で千尋が迷い込んだ世界を更に享楽的に祝祭感増し増しにした上にLSDかましてラリってしまったかのような中毒性、繰り返し観ていると危うくこちらの世界に戻って来れなくなりそうなほど洗脳されて気が狂いそうになる。
    笑いながら壁に頭を打ちつけるような作為的でない純然たる狂気、平沢教の信者を量産する経典的作品でもあるので要注意。
    ノーラン『インセプション』にも影響を与えている為(本人は否定しているが余りにも酷似)、アニメファン以外にも是非薦めたい。
    それにしても長編4本と1本のTVシリーズその全てが傑作という打率の高さ、今敏は近代日本アニメ映画史を語る上で最重要人物の一人と言っても過言ではない。

  • 2.0

    yujishibasakiさん2021/06/18 22:59

    夢を主題にしながら、こんなにも「意図」が横溢してしまっていて良いのだろうか。意図は夢に従属するかと思いきや、案外保守的に意図が勝ち進む展開/作画も疑問。やはり、アニメーションは映りえないものを映しえないのだろうか(今敏がその問題と戦い続けた人であることは理解しているつもりだけど)。
    「オタク」に与できない理由が具現化されてしまっている気がして、辛かった。音楽の「意図」満々な様子もそうだよ。

  • −−

    酉婆さん2021/06/18 14:48

    BS12
    録画鑑賞
    劇場では観なかった。
    今敏はそんなに好きな監督というわけではないんだよね。
    評価は高い人なんだけど。

  • 4.8

    コバルオンさん2021/06/18 00:39

    脚本、映像、演出、音楽どれを取っても申し分ない傑作。
    特に平沢進の音楽は映画の世界観と絶妙にマッチしていて良かった。
    今敏×筒井康隆×平沢進が面白くならないわけがないことくらいオセアニアじゃあ常識なんだよ!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す