お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

5つ数えれば君の夢

G

山戸結希監督 最新作、東京女子流 映画初主演。

文化祭を間近に控えた女子校を舞台に、東京女子流のメンバーで ある山邊未夢・新井ひとみ・庄司芽生・小西彩乃・中江友梨の全員が出演。山戸監督ならではの斬新な切り口で「全員が主役」となる5人分の青春エピソードが描かれる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2014
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春邦画ランキング

5つ数えれば君の夢の評価・レビュー

3.5
観た人
1447
観たい人
1356
  • 4.9

    つむぎさん2020/11/28 13:44

    ああああもう山戸結希を全部詰め込んだやつじゃん!!!!!
    詰め込みすぎ????知ったこっちゃないんだわ!!!大好きです!!好き好き大好き超愛してる!!!!
    山戸結希監督の描きたい『女の子』がもう露骨に透けて見えるし、描きたい女の子の関係性が露骨に透けて見える。フェチズム全然詰め込みましたけど何か?みたいな映画。最高。あ〜〜好きです。
    割と初期作だから、今程洗練されてなくて、あからさまに哲学っぽい小難しそうな台詞回しが浮いてたり、荒削りだったり、キャラ付けし過ぎな部分もあるけど、だからこそ余計に山戸監督のフェチズムが際立ってて最高です。
    相手の一部になりたい、溶け合いたい、なんで私だけのものになってくれないの、なんで男なんかを私たちの間に入れるの、なんで私を選んだの、なんでなんでなんで、そんなエゴイズムと感情の押し付けと歪な憧れと切実な恋心と屈折と。女子校出身だからうわぁっ…なった。
    プールのシーンからダンスシーンにかけてのりこの美しさと儚さは、このシーンを見るためにこの映画を観れて良かったと思えました。余りに美しいものを見ると人は息をするのを忘れるらしい。
    エンドロールにアンコールを。

  • 3.9

    ノクタンさん2020/11/15 18:16

    女子高の文化祭のミスコンを前にしたちょっとした事件のお話。
    東京女子流主演ということでもっと悲惨なことになってるかと思ったらそうでもなかった。いやむしろだいぶ好き。

    もう5人のキャラクターが良いってことに尽きる。りこ以外の4人がそれぞれ学校の中に自分の居場所をちゃんと作ってて、そこから出られないっていうのがめちゃめちゃリアル。一方で、りこだけが学校どころか世界のどこにも居場所を作らないっていうこの鮮やかすぎる対比。それによってクライマックスのダンスシーンの美しさがさらに引き立ってた気がする。

    演技も意外と良かった。というか監督の映し方が上手いのかな。みんな割と自然な感じで良かった。

    中盤ぐらいでポエム的な台詞が少ししつこく感じたのでそこがマイナスポイント。人によってはその一点で大嫌いになる作品かもしれない。

  • 3.0

    8637さん2020/11/15 15:46

    素晴らしく暗い世界。光を求めるようにして交差していくものの、この世界は誰の居場所もない気がする。
    音楽はループしていく。映画的でないのに、これは映画である。とにかく、言葉にできない、しようがない。山戸結希監督の世界に、映画の新しい正解を見た気がする。

  • 4.0

    ミニシア太郎さん2020/11/08 11:58

    山戸結希作品(監督・脚本・編集)女子校の文化祭の催しであるミスコンを軸にした青春ストーリー。制服めっちゃ可愛いよ。(フェリシモ、監督の発注でしょうか?)

    ミスコンだからといって決して軟派なものではない。思春期のわだかまりを花々やクラシカルな音楽で構成した微細な映画。
    山戸結希ならではの詩的で哲学的な表現は随所に発揮されており、女性ファンも多いよね。品位にあふれた監督さんなんだよね。

    アイコンとして外界は描かれているが、あくまで内側に魅力を感じる。

    主演は東京女子流というアイドルで初見。
    実委の子が好みかな?知らんわっ。

  • 3.0

    ヨッシャーさん2020/11/07 20:44

    僕の勤務先は17人中9人が女性なんですけど、「うちの支店で一番性格が女子なの〇〇さん(←私)ですよね」と後輩に言われたので山戸監督の作品を嫌いじゃない事に向き合っていこうと思う。
    別にいい作品とは思わないけども。
    あ、新井ひとみは別格。
    一番好きなのは中江友梨だけども。

  • 3.5

    ワンタンの子さん2020/10/26 12:29

    女子たち葛藤
    しっかり10代思い出した
    友達のことがなにより大事だったりする
    ウテナの曲の歌詞まで思い出した

  • 3.0

    AyanoWatanabeさん2020/10/16 15:19

    全開山戸結希!!!!
    という感じです。

    山戸さんの急激な詩的シーンが多発している。そして演技っていうより棒読みとかふとした表情でリアルな感じを出した可愛い女の子たち。絶妙にミスマッチしてるんじゃないの?って言うスレスレのラインが、山戸さんにしか出せない感じ。

    大好きじゃないけど嫌いになれないな〜
    「あなたの世界にいきたい、美しいあなたでいてね」

    ランドセルを背負ってのどうしてお嫁さんにしてくれないの?なんてセリフはちょっとまじかって思っちゃいました

  • −−

    noさん2020/09/28 20:41

    女子流ファンの為の映画かと思ってたら全然違くてとっても良かった୨୧
    現実味のない台詞とリアルな高校生の感じが絶妙
    けど女子校の世間のイメージってなんでいつもこんなんなのかな〜
    制服がめちゃめちゃ可愛くて、女子流の皆が役にはまってる🌙✫

  • −−

    ミミさん2020/09/27 00:40

    どうしてわたしをおよめさんにしてくれないの、わたし、あなたより長い時間すごした男の人なんていないのよ
    「わたしを驚異に思って欲しかった」と話す山戸さんの姿を思い出さずにはいられない

  • 3.4

    トマトさん2020/09/23 19:01

    少女たちのモラトリアム、百合映画?
    詩的なセリフに溺れるには雰囲気に酔えなかった。
    終盤のダンスとED(きくおさん作なのが個人的に嬉しい)はうつくしいが、物語全体に蔓延る作り物めいた、まず舞台があってそれに沿って人が操られているような違和感が消えず、酔えなかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す