お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

心中天網島

G

男女の愛憎と情念を描く鮮烈な映像美。近松門左衛門の浄瑠璃の最高傑作を、先鋭的手法で映像化。

治兵衛は、妻子がありながら遊女小春と深く馴む。情死を案じた治兵衛の兄に、小春は治兵衛と死ぬつもりはないと話す。それを立ち聞きした治兵衛は、小春が心変わりしたと思い取り乱す。数日後、恋敵が小春を見受けするとの噂をに、治兵衛は悔し涙にくれる。見かねた妻のおさんは、小春の心変わりは、自分が頼んだことだと打ち明ける。そこへおさんの父が来て、おさんは離別させられる。治兵衛は、小春と網島の大長寺で心中する…。

詳細情報

関連情報
原作:近松門左衛門
音声言語
日本語
制作年
1968
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-06-26 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

心中天網島の評価・レビュー

4.1
観た人
547
観たい人
973
  • 3.0

    Jimmyさん2021/09/25 23:50

    1982年4月17日、並木座で鑑賞。(2本立て)

    黒子を使った演出や、モノクロ映像が印象的ではあったが、前衛的すぎるこうした作品はあまり好みではない。(でも、観に行ってしまうが…)

    岩下志麻の美しさが、この作品の支えであると感じた。
    本当に美しい。

  • 4.9

    mさん2021/09/14 00:33

    まーーーー面白い
    演劇を映画に持ってきてかつてこんなに成功した映画があったか?

    黒子が観客の意思を継ぐようにそこに存在してるのすごすぎる
    動き方、影の入り方、どれをとってもすごい ただのアバンギャルドでなく、映画にとって大切なものを失っていない
    画面の中に複数の時間が同時に描かれてる

    ただ瓦屋根やら壁のインサートはすこしあざとかったような気も

  • 5.0

    スポックさん2021/09/10 21:10

    映画のスクリーン画面を文楽仕立ての浄瑠璃の舞台に見立てて斬新な映像で江戸時代の閉塞感に縛られた男女の純愛を描き出した衝撃の唯一無二の映画戯曲だった。

    正妻が亭主の生命を守り合うためとはいえ自分の主人を寝取った女郎と女の義理立てをする思考は江戸時代の女性が置かれた男尊女卑的な環境が違うとは言え現代人の私には思いもつかない深い発想だった。

    岩下志麻が美し過ぎた!

  • 2.5

    とうがらしさん2021/09/09 13:06

    近松門左衛門の人形浄瑠璃「心中天網島」の映画化。
    独善的な実験演出で、ATGとすぐに分かる作り。
    日本映画の劇伴に欠かせない音楽家の武満徹が、脚本にも名を連ねているのは知らなかった。

    黒衣を配して、キャストを人形に見立てる。
    ハイキー照明で、顔がどぎついほど真っ白。

    左幸子に見た目も声もよく似た人がいる!
    実の妹、左時枝だった。

  • 5.0

    brianさん2021/09/03 16:46

    中村吉右衛門さんと岩下志麻さんの情感溢れる演技に最後まで見入りました。特に岩下さんは遊女と妻の異なる役柄を見事に演じていました。長台詞も素晴らしいです。
    名脇役の浜村純さんや天井桟敷の人々が黒子を“演じて”います。まるで浄瑠璃を劇場で鑑賞しているかのような錯覚を覚えます。
    人間の愚かさ、弱さ、儚さを感じさせる映画でした。

  • −−

    mimikitaさん2021/09/03 03:23

    最初の方はガムラン

    最後の心中はトルコの笛(ネイ)


    #武満徹#mimikita 2021

    参考リンク
    https://phoenixhall.jp/interview/2007/02/07/640/

  • 1.8

    突発性肛門遊戯さん2021/07/31 05:50

    冒頭、実際の浄瑠璃の映像で、ん?となって本編始まってからずっと続く黒子演出で冷めた
    これはATGによくあるダサくて嫌なキモさだなと
    心中シーンでも出てきて萎える ストップモーションもダサかった

  • 3.5

    靉靆さん2021/07/30 22:13

    冒頭の人形浄瑠璃の映像から、映画の内容へと導入するのが粋ですね。
    どうしようもない男と女郎の話。

    黒子が出てくるのが実験的で新鮮でした!
    ある時は助けたり、ある時はじっと見つめたり、、墓場のシーンでの傍観者とラスト自死のお手伝い、良かった。
    壁がくるりと回ったりと、古典芸能との融合が見ていて面白いし、よりドラマティックになってる気がする。

    そして、とにかく岩下志麻の色気が爆発してましたね、、太腿しか映ってないのにえっち、、、

  • 4.5

    りさん2021/07/28 02:03

    古典芸能と現代の芸術の融合はあんまり好きじゃないけどこれは面白かった
    ATGにありがちなラストシーンをいかに気味悪く撮るか合戦みたいなとこ出てたけど映画ならではの画力があってすきだった

    現実の様々な層を見せ現実を疑う
    カリガリ博士や羅生門

  • 2.9

    中島晋作さん2021/07/23 19:01

    黒子をおもいきり映したりだとか、舞台装置の抽象的な書割とかが良くも悪くもATG的で微妙な気分になる。これなら浄瑠璃や歌舞伎を見たほうがよい。画面には釘付けになるも、それは岩下志麻の幽玄な存在感や、近松の語りによるものだと私には思われた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す