お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

おやすみなさいを言いたくて

G
  • 字幕

使命ある仕事か、愛する家族か…紛争地域を取材する報道写真家レベッカの決断とは?

アフガニスタン、ケニア、コンゴ…世界の紛争地域を取材で飛び回る報道写真家のレベッカは、常に死と隣り合わせになりながらも真実を伝えるためにシャッターを切っていた。そんな彼女が仕事に打ち込めるのはアイルランドで暮らす理解ある夫と二人の娘のおかげ。日常生活を一緒に送れなくても、すべて上手くいっていると思っていた。だが、あるとき取材のために危うく命を落としかけたレベッカは家族のもとへ帰国する。その時初めて、離れ離れの生活に疲れ果てた夫、思春期の長女の本当の気持ちを知る。報道写真家としての使命を選ぶのか、かけがえのない愛する家族との生活を選ぶのか…。

詳細情報

原題
A Thousand Times Good Night
音声言語
英語/ノルウェー語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
ノルウェー/アイルランド/スウェーデン
対応端末
公開開始日
2015-07-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

歴史・戦争洋画ランキング

おやすみなさいを言いたくての評価・レビュー

3.8
観た人
1464
観たい人
3165
  • 3.6

    DAGさん2021/12/19 07:44

    監督が戦場カメラマン経験者らしく、さすがのリアリティ。説得力がある。見ていて辛い。
    少しアートな表現もある。

    北欧の生活は絵になるな。
    自然が豊で、整理されていてIKEAじゃんかよ。
    U2のラリーいるし。
    旦那さんがイケメン過ぎるだよ。

  • 3.5

    ねんねさん2021/12/05 01:42

    世界には悲しいこと、救われないこと、絶望に満ちたものがたくさんある。それを生々しく伝えるのが写真家であるが、待つ側はとても辛いはず。仕事のために家族が犠牲になることは色々あると思う。

  • 4.5

    おかさん2021/10/25 00:46

    確かに。今この時も何処かで起きているであろう紛争。誰かが伝えなければ知るよしもない事はわかるけれど…。
    爆弾抱えて死んで行く人や、拷問受けたり、撃たれたり、爆撃に巻き込まれた人の写真から何を思えば…どんな行動をしたらいいのか。できるのか。

    多分自分の生活は何も変わらない。
    誰かが命を落とし、誰かが命を掛けて撮った物を見ても、こんな事は決してしてはいけない事だ。と思うくらいしか出来ない。それだけで良いのだろうか。
    きっと数日後には忘れてしまう平和ボケの自分はとても幸せなのか。不幸なのか。冷たいのか。バカなのか。ただの一般人。余りに無力な自分に、何とも言えない気持ちしか残らない。

    待っている家族の想いを考えると胸が痛い。
    とても良い映画な事は間違いないです。

  • 3.8

    AOIさん2021/09/28 16:38

    想像していた作品とはちょっと違ったけど、一見の価値あり

    写真で現状を伝えるとは
    それを待つ家族の想いとは

  • 5.0

    いち麦さん2021/09/27 17:40

    彼女が重大な選択に向き合っていくうちに娘が大きな成長を遂げ母自身もまた大きく変容する深い人間ドラマが素晴らしい。特に一面的に陥らぬ人間描写が見事。彼女の仕事が世界に果たす確かな効果、その説得力。
    撮影を通して垣間見るシーンもまた衝撃的だ。報道写真家の現場での影響力など重要な問題を含ませるのも抜かりない。J.ビノシュは勿論だが長女ステフを演じたローリン・キャニーの表情も惹きつけた。

  • 2.5

    じょじをさん2021/08/18 01:33

    観た。
    おもしろいとかそういうことじゃないけど、めちゃくちゃ引き込まれた。一度は観て損はない作品。
    静かな幸せを求める旦那、間で揺れる娘、彼らと主人公との対比が興味深かった。

  • 4.9

    とよしまさん2021/08/14 11:53

    こういう映画が評価される国(日本)であってほしい。

    家族と仕事どちらも大事だけど、
    どちらも取ることはできない。

    仕事に命をかけている人はとても憧れるけれど、何かを捨てなければならない辛さもある。

    また、車中で娘に連写されるシーンと最後のシーンは胸にくるものがあった。憤りと虚しさと諦めと悲しさと...色んな感情が押し寄せて来た。

    現地の悲惨さを知る意味でも、多くの人に見て欲しい。

  • 3.9

    yuさん2021/06/09 00:46


    爆弾

    女性戦場カメラマンのレベッカ


    現実を知ることを
    世界が必要としてるの


    世界へ報道することも大切かもしれないけど、家族に負担をかけ子供の成長を近くで見届けない親ってのはどーなのって思いました

    こんな母親嫌だな
    ケニアに娘と行った際、娘が近くにいて危ないからと泣きながら止めているのに、危険を冒して写真を撮りに行くって感覚は理解できない



  • 3.7

    ひな鳥ピヨーさん2021/05/18 22:03

    使命感というか危険地帯依存症みたいになってる…
    母の存在と命を世界と分かち合う精神?

    現状を記録して伝えなきゃいけないことは理解するけど、今現在目の前で起こることには無力で...

  • 4.0

    matsuさん2021/05/14 00:21

    いや〜重い。家族を持つ女性の戦場カメラマンの話。

    最初から衝撃的。体に爆弾を巻き付けて自爆テロに向かう女性の写真をとるためその車に同乗する。どうしても中東やアフリカなど紛争地帯の真実を伝えたい…間一髪、死や重傷は免れるが…

    死を免れるであろうギリギリのラインまで行けば真実の写真はとれるけど…

    これは家族がかわいそう!!!

    他人でも見ていられないのに、ましてや自分の家族が危険な紛争地帯に行っているなんて心が張り裂けそうな気持ちになるはず

    危険を顧みず世の中の真実を報道するジャーナリストは必要なのか…

    重い重すぎて答えは出ない

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました