お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

幕が上がる

G

平田オリザが2012年に発表した処女小説「幕が上がる」を、ももいろクローバーZ主演で映画化。

私は行きたいです、君たちと。行こうよ、全国!地区予選敗退。最後の大会を終えた先輩たちに代わり、部長として富士ヶ丘高校の演劇部をまとめることになった高橋さおり(百田夏菜子)。「負けたらヤなの!」と部員の前で意気込むさおりだが、悩める日々が続く。どうやったら演技が上手くなれるの?演目は何にすればよいの?「わからないー!」そんな時、学校に新任の吉岡先生(黒木華)がやってきた。元学生演劇の女王だったらしい!美人だけどちょっと変わったその先生は、地区大会すら勝ったことのない弱小演劇部の私たちに言った。「私は行きたいです。君たちと、全国に。行こうよ、全国!」気迫に充ちたその一言で、彼女たちの人生は決まる。演目は「銀河鉄道の夜」、演出は部長のさおり。演じるのは、看板女優でお姫様キャラの“ユッコ”(玉井詩織)、黙っていれば可愛い“がるる”(高城れに)、一年後輩でしっかり者の“明美ちゃん”(佐々木彩夏)、そして演劇強豪校からのスーパー転校生“中西さん”(有安杏果)らの部員たち。吉岡先生と、頼りない顧問の溝口(ムロツヨシ)と共に、富士ヶ丘高校演劇部は、見たことも行ったこともない、無限の可能性に挑もうとしていた。

詳細情報

関連情報
原作:平田オリザ
作品公開日
2015-02-28
音声言語
日本語
作品公開日
2015-02-28
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-08-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

幕が上がるの評価・レビュー

3.6
観た人
6278
観たい人
2833
  • 3.3

    ゆうさん2021/04/11 19:11

    エースがいたり、合宿したり、新しい仲間が増えたりと、部活漫画の王道を踏襲しつつも、演劇部という新しい題材にとてもドキドキさせられた。

    一年に一度しか大会がない事、舞台セットの設置が少しでも遅れると審査対象外になるなど、知らなかった事が沢山あり純粋に勉強になる。

    平田オリザ氏の作品に触れたのは今回が初めてかな?
    そういう意味では劇作家、演出家というよりは、『真剣10代 しゃべり場』によく出ていた人という認識が強い(笑)
    大人の言葉の子供たちに与える影響だったり、逆に子供たちにエネルギーを貰ったり、そんな一面が本作にも描かれており、しゃべり場からひと繋ぎになっているようでグッときた。

    本気で挑戦した事のある人にしか見えないモノ、感じ得ないモノ、特別な経験はあるもので、焚き付けた吉岡先生は素晴らしいね。
    受験勉強と折り合いを付けながら挑戦しなければいけないという高校演劇部特有の事情も、スリリングでドラマ性がある。

    きっとアイドルである、ももクロが演じる事の意味だったり、映画との重なりを考察するのも楽しいんだろうけど、そこのストーリー性は無知なので、出来ないのが残念。

  • 3.6

    TJさん2021/04/04 22:29

    ももクロファンじゃなくても楽しめる、これきっかけで高校演劇に興味持った
    黒木華を最大限生かした役でした

  • −−

    キサトルさん2021/03/20 13:57

    泣いたけど、良かったけど、思い返すほどノイズ(ももクロに関わってきた人達のカメオ出演、本広克行のユーモアが死んでいる小ネタ、作中の悪夢のセンス)がひたすら邪魔でした。

    ところで、ハスキーな声が目立つ後輩の子。この声と顔、どっかで覚えあるけど誰だ…と思いながら見ていて、あっ!女王の教室に出ていた子だと気づいて、あれ10年前かよ…と感慨深くなってしまった。スマイレージ初期の福田花音っぽかった。

  • 3.5

    ゲッシーさん2021/03/15 12:59

    学校で観せられました
    鶴瓶とか松崎しげるとか出てきて笑った
    僕の家で毎朝付いてるめざましテレビの三宅アナも出てたね
    百田夏菜子かわいい
    高校生の、部活への葛藤とか描かれてて良いと思った
    監督が踊る大捜査線シリーズの人なんだな
    自分のやりたい事を見つけてその世界に飛び込んでいく!ってのが大切なんだね!

  • 3.9

    リョウタさん2021/03/10 04:45

    2021年 142本目

    ももクロのファンではないのですが、「走れ!」という楽曲が好きで今作の挿入歌として使用されているということで鑑賞
    最後にタイトルが出て、「走れ」の歌い出しが入るのがとてもいい

    ももクロ以外の演劇部の生徒に吉岡ちゃんや芳根ちゃん、沙莉さんなど今観ると凄い女優さんが出ていたのに驚いた

    夜のビル郡の景色がめっちゃ綺麗だった

    高校演劇いいなぁ
    素敵な青春映画

  • 4.0

    muroさん2021/03/08 01:14

    ブックオフで、お手軽価格でブルーレイを見かけてしまい購入。
    題材、物語、監督、そしてキャスト。
    座組が、この上ないくらいにピッタリでよい。
    特典映像で、劇中劇の完全版が収録。
    それを見ると本当の高校演劇部みたいに見えてくるのも、素晴らしいです。

  • 4.6

    のんたまるさん2021/02/25 11:40

    ももクロ好きにはたまらない
    銀河鉄道の夜のところすごくよかった
    あーりん可愛い!小説版と結構違うから小説もおすすめ

  • 4.0

    Macoさん2021/02/22 11:00

    黒木華の映画。
    それに今を時めく女優さんがちょこちょこ脇で出てる。
    それを確認するだけでも面白いかも。

    モノノフ的見方をすると、そこかしこにモノノフならわかるよね!?的なネタを配置しているのがうざい。フジアナとか暗黒ピーナツとか、さむ!

    玉井さんの美しさとか、かなこのあれ?意外といけるんじゃ的演技とか、ありちゃん活舌まだがんばってるなとか、れにすけ普段と変わらんじゃんとかあーりんの押しの強さとか見どころは満載である。

    うあ、いまのいままで松崎しげる氏のあだ名は「暗黒ピーナツ」だと思ってた。「南国ピーナッツ」だったのね。どうりでググっても出ないと思ったわ。

  • 3.6

    ブールさん2021/02/01 14:30

    サマータイムマシンブルースが大好きだったので観た。熱くなる青春映画だけど繊細さもありきらきらしていた。黒木華さんだからよりリアルさがあった。演劇かっこいい。百田夏菜子さんのパワフルなお芝居素晴らしい。

  • 3.5

    okykさん2021/01/30 12:58

    高校演劇、経験者としては懐かしい
    やっぱり、ちゃんと指導してくれる先生は欲しかったなぁ
    楽しいだけじゃない青春、経験してみたかったなぁ
    と、なんだかしみじみ思ってしまった
    いつもと違ってかっこいい黒木華ちゃんが、すごく素敵で好きだなぁ
    ムロ先生は、ムロさんだからまぁ許されるけれど、輪の中に入れてやれよと、ちょっと思った笑
    本番始まる前のあの緊張感、いいよね
    ラストの幕が上がる画が、舞台側からというのがよかった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す