お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

不良番長 やらずぶったくり

G

不良番長 “永遠の不良番長”こと梅宮辰夫主演。1960~70年代を駆け抜けた不良たちのトンデモ青春を再発見!

カポネ団団長・神坂は地元・新宿で全国トルコ風呂連盟と称するインチキ連盟を設立するが、暴力団と対立し、挙げ句の果てには新宿を追われてしまう。カポネ団のメンバーは、神坂のネリカン時代の友人を訪ねてとある漁村に辿り着き、この漁村が公害被害の補償金問題が持ち上がっていることを知って、ひと儲けを企むが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1971
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-10-09 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

コメディ邦画ランキング

不良番長 やらずぶったくりの評価・レビュー

3.5
観た人
47
観たい人
38
  • 3.0

    しめさばさん2020/05/29 16:12

    公衆トイレのシーンから急に場面転換し、海の岩場で汚れた下着を干しながらみんなで「エンヤートット」歌ってるの唐突すぎてもはや感動した。ネオレアリスモの趣さえあった。

  • 3.6

    越後屋さん2020/03/10 11:49

    絶対脚本、シナリオねぇ~だろうな逝き当たりバッタリ、下ネタ大のぼせ活劇!月光仮面!
    新伍がまさに水を得た魚の様に辰兄ぃまでも牽引するやり過ぎ感!w
    箱内さながら"大笑い絶叫上映"状態!文太の渋ぃさが異色に視える!またも犬鍋!w
    今シリ~ズ観てると、まぢめに(?)大のぼせながら愉しく演ってるのを視てこちらも愉しく観れる!「アホやなぁ!w」とは思うが。
    カッチョ悪いカッチョ良さを自で演る東映役者陣!
    頭ん中ほんとに空ッポにして愉しんだ者勝ち!の作品!

  • −−

    まさん2020/02/29 08:13

    はじめてこのシリーズを鑑賞。勧められてなければ絶対に見ていない。

    今まで見たどんな邦画よりもハチャメチャ。下ネタは幼稚レベル、やりたい放題な作品。でも何も考えず笑える。

    不良番長シリーズまた見るかな。

  • 3.6

    喉が痛いさん2020/02/13 23:00

    不良番長シリーズこれで2つ目だけど、たぶん毎回同じパターンなんだろうね。このバカバカしい安心感が当時はウケてたんだろう。
    ケチな商売始めヤクザに潰されトルコ始めてヤクザに潰され、最終的に全面戦争突入。常軌を逸した最後の戦い。そしてほぼ死ぬ。そして全員生き返る(次作で)。
    正義の味方山城新伍の月光仮面姿が可愛かった。

  • 3.5

    AnriKimuraさん2019/09/30 23:22

    ブンタァまた犬鍋食わされとる。
    下らなさが半端じゃないから良いんやけど、何をやっても失敗続きの乱闘続き。
    チン拓

  • 3.2

    なさん2018/09/26 04:00

    くすりとも笑えない下ネタや、行き当たりばったりのテキトーな物語や、梅宮辰夫率いるカポネ団の頭悪さやセコさや、あれやこれや、辛い映画。

    でも、停止ボタンを押しかけた僕の弱気なハートを、辰夫アニキの歌う「ダイナマイトロック」!「番長シャロック」!!!が励ましてくれるから、なんかわからんが、明日もひとまず生きてみようと思えた。

  • 4.0

    ともさん2018/02/08 21:48

    やっぱおもろい!
    幕が開いてスクリーンからはみ出す題字でアツくなる!
    月光仮面、そしてやっぱりラストの山城新伍のセリフで笑う!!(兄貴、なんで人は死ぬんやろか〜と陸海空〜!)
    活動大写真の世界に挑戦や!!

  • 4.0

    ともさん2017/11/27 17:35

    もうむちゃくちゃや!
    兄貴、人は何故死ぬんやろなぁ…
    神様のみもとへ召されたんやなぁ
    南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経…
    で大爆笑!

  • 2.9

    YosinoLeeさん2017/09/02 11:29

    今作で山城新伍は「活動写真の限界に挑戦」と称しやりたい放題。「ハヒ〜ハヒ〜」も連発しまくり。もはや梅宮辰夫よりも山城の方が目立っている。最高だ。岡八朗、花紀京のゲスト出演も嬉しいが、正司敏江・玲児が意味もなく突然出て来て「どつき漫才」では無くプロレスをして帰ると言う場面に驚く。

  • 4.2

    地震はイヤさん2017/08/11 10:04

    1作目の次に見たら一気にコメディータッチになっていてびっくり。シリーズの順番通り見るべきだっか?でも面白いからいいか

    次から次とコメディーリリーフが登場する(自分的には)豪華な出演陣。後半悪者に仲間が撃たれるも「しっかりしろ、キズは深いぞ!」と細かく笑いを求めつつ、バイクで敵討ちにのりこむ番長達。
    馬鹿らしくも血みどろの闘いを繰り広げる中、文太さんだけが仁義っぽかった。
    それにしても山城新伍さんが強烈な存在感。梅宮さんも愉しそう。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す