お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

戦場からのラブレター

G
  • 字幕

あなたがそばにいたらいいのにって思う…。

イギリスの中流家庭に生まれた賢く活発な女の子ヴェラ(アリシア)は、家族愛、友人愛に包まれ、周りには弟のエドワード、親友のヴィクター、そして、ローランドがいた。ローランドとの間に恋が芽生え始めたころ、ヴェラは、家族の反対を乗り越え、オックスフォードのサマーヴィル・カレッジに合格した。だが、第一次世界大戦が勃発すると、エドワード、ローランドらは戦地へと旅立った。ヴェラも彼らの後を追うように、大学を休学し、救急看護奉仕隊に志願した。ロンドン、フランスの前線で看護の任務に当たり、戦争の壮絶さを目の当たりにする。そして、休暇で戻ったローランドと婚約をし、次のクリスマス休暇に結婚をすることになったが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

戦場からのラブレターの評価・レビュー

3.8
観た人
936
観たい人
3799
  • 3.8

    PIさん2021/06/13 17:26

    ラスト近くのヴェラのスピーチが心に刺さります。
    味方も敵も皆同じ人間。家族を愛し、国を愛し戦っただけ。それで得た物は何なんだ!
    そう、繰り返してはいけないのです。
    なのに、まだどこかの国で争っているのが悲しい。

  • 3.3

    おたしんさん2021/05/27 16:11

    邦題のイメージから戦時中の恋愛ドラマかと思いきやその色は強くなく戦争の悲惨さを伝えてくれる映画でした。
    実際に経験したことを元に書かれた作品ということで辛いシーンの度に心が痛くなりました。

    楽しい日々が一瞬で地獄に変わる。
    家族も恋人も友人も死んでいく。
    本人たちは志願し国のために死ぬのは本望だと言うけど周りが勧められるわけない。
    正直志願した彼らも後悔するのだから。

    必死の思いで助けても次の戦地で亡くなるなんて耐えられない。

    ラストのヴェラのスピーチすごかった。
    その通りだと思う。
    敵も味方も同じ血を流し同じ痛みを受けている。
    ただ戦争をなくすために努力する必要がある。
    この声は届かないんだろうな。

    父親を説得してまで弟を行かせたのは後悔してしまう。
    戦争に関しては何が正しいのか分かりません。
    唯一言えるのは起きるべきではないということだと改めて感じました。


    アリシア美しい。
    顔も可愛いけど首が綺麗すぎて。
    演技も上手だし瀕死のエドワードを見つけた時の声は忘れられない。
    初期のタロンエガートンも愛くるしい。
    初めての作品だなんて思えないね。
    あんな弟欲しいよな。
    キットハリントンはイケメンです。
    『ジョンFドノヴァンの死と生』で惚れた。
    イギリス人俳優強いです。

    実話ベースだから何とも言えないけどラブレター要素もっとあってほしかった。
    それで言うと邦題が微妙なのかな。

  • 3.8

    ゆずこさん2021/05/27 01:47

    戦争で幸せになる人なんていないという当たり前のことを改めて考えさせられた。
    ヴェラの孤高で強い人物像がより切なかった。

  • 3.8

    ハレルヤさん2021/05/17 21:08

    看護婦として第一次世界大戦で戦地のフランスに勤務した実在の人物ヴェラ・ブリテン。彼女の過酷な運命を描いた実話ドラマ。

    世間で言うお嬢様のような身分だったヴェラ。オックスフォード大学にも合格して、弟の友人のローランドとも婚約するという良い人生を送っていたものの、そこに戦争という大きな影が忍び寄ります。

    そして弟とローランドも徴兵されて戦地へ行くことになり、ヴェラ自身も大学を辞めてまで看護婦になって誰かのために役立とうと努力します。そして彼女の元には次から次へと厳しい現実が押し寄せてくる。

    ヴェラを演じたアリシア・ヴィキャンデルの表情が凄い。前半での明るい彼女とうって変わって、中盤からは笑顔が消え失せ現実と向き合わかなくてはいけない姿の差がかなり感じられました。

    彼女の姿を見ていると戦争さえ無ければ明るくて楽しい人生が待っていたかもしれない。こんな風に戦争で大切な人を奪われて人生を狂わされた人が数えきれないほど居たでしょう。

    本作は戦闘シーンはほぼ皆無で、ヴェラを中心とした一般市民の目線で描かれる物語。なのでよくある戦争映画とはまた違う反戦へのメッセージが受け取れます。

    余談ですがタロン・エガートンがヴェラの弟役で出演。本作がデビュー作なので、「キングスマン」直前の姿が見れるのも貴重です。

  • 3.7

    Miiさん2021/05/07 20:53

    戦争から学ぶことは。
    いつも残酷で。
    理不尽だ。

    国のため、っていう。
    一体誰なのかわかんない存在のため。
    みんなと言えばみんなだし。
    でも。
    やっぱり。
    そこに正義を見つけるのは。
    すごく難しいように感じる。

    ヴェラは。
    強いな。
    すごい人だ。

  • 4.0

    楽園さん2021/05/04 09:27

    動画配信サービス『U-NEXT』にて視聴しました。

    愛する人、家族(弟)、友人を戦争で亡くした女性。

    戦争を知らない私たち世代は、本当に幸せだと感じる作品でした。

    この時代に生きた人たちに比べたら、今のわたしの悩みなど小さいな事だと...

    いい映画でした。

    アリシア・ヴィキャンデル素晴らしかった。

  • −−

    muguetさん2021/04/06 20:11


    オックスフォード
    黄色い水仙
    実戦部隊
    誰かにとっての意味
    戦場の森のスミレ
    終わりのない復讐
    忘れないこと


    映像の所々にお花が出てきたのが印象的だった。辛い思い出や悲劇は忘れることを諭されるけれども、歴史だったり人だったりそういうもの全て抱えて生きていくことの重要性ももちろんある。

  • 4.0

    AKIRAさん2021/04/04 23:52

    ただただ戦争の悲惨さが身に染みる映画だった。。
    前半の幸せそうなシーンと後半の次々と襲う悲劇の対比というか。。
    最後の皆が敵憎しで我を失っているところで、冷静に敵も味方もないよと、平和を訴えることのできたヴェラは聡明な人だな。

    こういう映画は教科書で読むよりも当時のリアルな雰囲気を知れて、とても価値があると思う。

    にしてもアリシアヴィキャンデルの美しさには。。画面越しでも惚れる。
    少し悲しげな顔立ちだからか、あんまり明るいな映画にでてないけど、ハッピーエンドな映画のアリシアを見たいなー。。

  • 3.6

    さかきさん2021/02/28 16:39

    コリン・モーガン見たさで鑑賞。この邦題だったためかスルーしてました。
    とにかくキャストが皆堅実で豪華…素晴らしい演技。アリシア・ヴィキャンデル冒頭の表情から背筋を正しました。全編出ずっぱりのアリシアの演技力…さすがです。
    実話、自叙伝の映画化ということで、戦争の残酷さが、前線に大事な人たちを送った、待つしかない女性として、看護士として従事したヴェラを通してこの目に映す。
    美しいイギリスの田舎の風景や思い出がキラキラとして一層胸に詰まる。

    御目当てのコリン
    (主人公の弟の親友で、ヴェラに想いを寄せるヴィクター)やっぱりこの人の演技は細やかでさりげなくうまい。胸に迫るなぁ。ますます好きな役者さんになった。
    タロンも愛情深い優しい弟役が素敵だった。

  • 3.8

    Ca33さん2021/02/28 14:32

    森でのシーンはとても美しかった。
    本当に切ないお話…

    家族思いのタロンくん、良い役でした。
    タロンくんの笑顔が沢山見れる映画。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す