お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

小説家を見つけたら

G
  • 字幕

あなたが教えてくれた、人生がこんなに美しいこと。偶然の出会いが生んだ人生の奇跡。

バスケットボールのプロ選手を目指す、ブロンクスに住む16歳の高校生ジャマール。彼には隠れた文学の才能があった。偶然か運命の導きか、彼が見つけたのは40年前ピューリッツァー賞に輝いた処女作一作だけを残して文壇から消えた幻の大作家、フォレスターだった。少年に文学の才能を見出した大作家は彼の導き手となると同時に、自らも、心閉ざして生きてきた人生に向き合うことになる…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

小説家を見つけたらの評価・レビュー

3.9
観た人
6711
観たい人
7161
  • 4.0

    YYamadaさん2022/01/29 12:05

    【ヒューマンドラマのススメ】
     ~映画を通じて人生を学ぶ

    ◆作品名:
    小説家を見つけたら (2000)
    ◆主人公たちのポジション
    ・文武両道の黒人奨学生
    ・幻の小説家の老人

    ◆該当する人間感情 (24種の感情より)
     好奇心、信頼、不信、誇り

    〈本作の粗筋〉
    ・ニューヨーク、ブロンクス。16歳の黒人少年ジャマールはプロのバスケットボール選手を夢見ているが、実は大変な文学少年だった。そんな彼がある日、アパートに引きこもる謎の老人と知り合う。
    ・なんとその老人は40年前にピューリッツァー賞を受賞した処女作を残し、文壇から姿を消した幻の小説家ウィリアム・フォレスターだった。気難しいフォレスターだったが、次第にジャマールとの間に師弟関係にも似た友情が生まれ…。

    〈見処〉
    ①NYで少年が見つけたのは幻の大作家
     作家が見つけたのは少年の文学的才能—
    ・『小説家を見つけたら』(原題: Finding Forrester)は、2000年に製作されたヒューマン・ドラマ映画。監督は『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のガス・ヴァン・サント。
    ・秀才高校生と伝説の小説家の交流を描いた感動作の主演はショーン・コネリー。当時70歳、彼の出演映画61作品のうち、60番目の出演と最晩年の作品となる。
    ・その他出演は、映画初出演のロブ・ブラウン、『アマデウス』でアカデミー主演男優賞に輝くF・マーリー・エイブラハム、「X|メン」シリーズのアンナ・パキンほか。

    ②結び…本作の見処は?
    ◎: 歳が離れた老人と青年によるバディ・ムービー。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』や『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』と同系譜と指摘される本作であるが、影響を受けるのが年長者であった点は『最強のふたり』に共通。師弟関係を越えた信頼関係によって、偏屈な性格を変える老作家をショーン・コネリーが熱演。
    ◎:「白人女性との目に見えぬ恋愛ハードル」「転校により生じた地元の旧友との関係性の変化」などの細かい描写は、青春映画としても秀逸。とくに終盤のバスケットボール州大会決勝、勝敗を決めるフリースローの場面の主人公の脳裏にあったのは「学校の名誉?」「自身の信念?」「極度の緊張?」と色々な考察が出来る深い演出となっている。
    ○: ヤンキー・スタジアムやマジソン・スクエア・ガーデンなどニューヨーク名所のロケーションも見逃せない。
    ○: 本作終盤には、ガス・ヴァン・サントと所縁のある大物俳優がカメオ出演。まさにイメージどおりの配役が嬉しい。
    ▲:「映画」と「文才」は相性が悪いからだろうか、老作家や青年の文学的な才能が、博学のクイズレベルの描写となっているのが悔やまれる。能力のジャンルが「音楽」であれば、更なる感動が得られたであろう。
    ▲: 名作が陳腐化する要因となっている、ショボいジャケット写真に惑わされてはいけない。

    ③本作から得られる「人生の学び」
    ・変化が出来ないことを加齢のせいにしてはいけない。
    ・期待を上回るサプライズは、人生に刺激と喜びを与えてくれる。

  • −−

    Nekiさん2022/01/28 18:17

    天才少年と彼を導く大人、その大人も少年に影響を受けて変わっていくという構図なので、グッドウィルハンティングが好きな人はそのまんま好きな空気を楽しめると思う。

    今度の天才少年は文武両道の16歳。人種問題もふわっと絡む。

    途中で展開が大体読めてしまうけど、観終わるとやっぱりホッとする。文学とバスケに焦点が変わっただけで、ほんとにそのまんまグッドウィルハンティング。可愛いガールフレンドと出会う感じも似てる。

    ちょっと長かったので飛ばしてしまったシーンもあったけど、いくつかのセリフすごく良かったなあ。
    自転車に乗るショーン・コネリーよ。

  • 5.0

    Bob大福さん2022/01/20 19:30

    文武両道な主人公ジャマールは自らの人生に悩んでいた。そんななか友達とした悪ふざけで偶然フォレスターと出逢い文章を教わる事になる。どのキャラクターも際立っていて魅力的だ。
    世代間を超えた友情が胸を熱くさせる物語。

  • 4.0

    Kumikoさん2022/01/10 20:35

    派手さを削ぎ落としたセントオブウーマンのような
    頑固おじちゃん×若者の友情ってはずれないなあ
    いじわる先生の顔、なんか見覚えあるな〜と思ったらアマデウスのサリエリさんでした

  • 3.8

    おーさん2022/01/10 19:39

    老人と少年の友情?の物語。
    小説というテーマが個人的に好み。
    ゆったりと観れて心地良い暖かさとしんみりとした気分になれる映画。

  • 3.8

    chihiroさん2022/01/10 14:04

    優しく流れる世界観に心がじんわりと温かくなります。
    文才のある少年と老小説感想の物語なだけに名台詞が溢れています。故ネイティブの英語がもっと理解できれば、、悔しい、、。

  • 5.0

    シナモンさん2022/01/07 23:01

    2022-014

    初見は約20年前。あまり印象に残っていなかったけど、なんかずっと気になってた映画。今回再見してこの映画の素晴らしさをやっと理解できました!ある程度、人生経験を重ねてからの方が深く理解できる気がする。

    ショーンコネリーの自転車姿がお茶目🚲

  • 4.2

    Ryoさん2022/01/06 23:50

    いやあ、こういう友情系の映画作るのうめぇ。この映画見て、良い感想を書きたいのに、申し訳ないくらい語彙力がない。フォレスターに怒られるわ。

    年齢関係なく夢を追い求められる。四季に絡めて人生を考えると今自分はどこにいるだろうか。好きな季節にいくらでも長くいれるんだと思うよ。

    それぞれのキャラの設定と人間関係が緻密で、それぞれがいい役割を果たしていて、物語を進める上で無駄な人間がいない。

    場面が沢山あるのですごい濃厚なストーリーを見れる。めちゃめちゃ入り込んでしまった。

    バスケの最後、声出た。
    お兄ちゃんめちゃ良いやつ。

  • 4.1

    あっきーさん2021/12/15 20:11

    白人の元小説家のお爺さんと黒人の少年


    何の接点もないと思いきや、お互いの夢や過去を話していくうちにいつの間にか親友に… 友情に年の差、人種の差はないんだと改めて考えさせられた映画

  • 4.3

    げんやさん2021/12/14 15:32

    老人と若者との友情を描いた話

    こんな師であり、友人である人にもっと若い時に出会いたかった。

    本当に人に勧めたくなる映画
    もっと周りと感想を共有し合いたい

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました