お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

鉄男II BODY HAMMER

G

美しすぎる、破壊。摂氏10000度のネオ・フルメタル・ボディ。愛と怒りで鉄の兵器と化す、肉体と精神のメタフィジカルな変容劇。

幼いころの記憶を持たない谷口は、その日まで妻と3歳になる息子とともに平穏に暮らしていた。しかし、彼の前に不気味なスキンヘッドの男たちが現れたとき、幸福はもろくも崩れ去った。執拗に谷口を翻弄するスキンヘッド軍団と、彼らを統率する謎の青年“やつ”。殺意を煽られ、怒りが増幅するに従って、谷口の身体は内側から奇妙な変化を始める。生体実験により脳神経に刺激を与えられると、その肉体はついに鋼鉄の人間兵器=鉄男と化し、激しい殺戮を繰り返す。破壊の宿命を背負った二人の男、谷口と“やつ”の壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる!!

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1992
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-05-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション邦画ランキング

鉄男II BODY HAMMERの評価・レビュー

3.3
観た人
916
観たい人
430
  • 3.0

    ぬうさん2021/08/29 18:49

    ひたすら荒削りだった前作と比べるとかなりまとまった内容になっているが、前作をカルト作たらしめた得体の知れないエネルギーみたいなものがごっそり抜け落ちてしまったような気がするのは少し残念に思う。
    それでも、演出や美術など至る所が前作よりもブラッシュアップされており、エンタメ作品として着実にスケールアップしている。
    そしてなぜかエンディングは布袋。

  • 4.3

    のどちんこなし男さん2021/08/10 03:17

    前作の狂気とセンスを隠して一般向け(かな?)な見やすいストーリー性のある映画に。めちゃくちゃ面白いです。

    相変わらず音楽が最高で、前作に続き映画音楽でここまで心を惹き込まれたのは初めてです。

    ラスト20分の展開の衝撃と最高のビジュアル。逆にそれまでは退屈かな。

    前作を好きじゃなかったはずなのに、ここまで普通の映画になってしまうと寂しい。
    あの鮮烈な画を不思議と求めてしまいます。1を好きな人程肩透かし食らうんじゃないですかね。

    逆にそこまで1のファンじゃない自分だからこそ、気に入れる作品だと思います。

  • 3.0

    buenavistaさん2021/07/22 11:39

    はいはい
    鉄男です。

    中学生時代の妄想から数年
    鉄男免疫だけつきましたが、
    まぁこの片田舎の深夜放送でよく鉄男を
    放送してたなぁ😃センス良い

  • 3.0

    速攻さん2021/07/17 22:17

    頭がおかしくなりそうでした。人にオススメはできない、ここまで辿り着けた人間だけが見る映画。他のレビューの通り1よりはわかり易さがあったがカラーならではの狂気も感じた。SFホラーと括られることもある本作だがホラー要素として思い当たるのは鉄が肉体を突き破ったりする描写くらいだろうか… 個人的には好きです。

  • 3.7

    mylifeさん2021/07/16 21:12

    こちらも久し振りに再鑑賞してみたの巻。「鉄男」の続編という訳では無く鉄に侵されるという設定を残し、これはいわゆるリブート版という位置付けなのかな。

    前作よりかはストーリー性があり、かなり見易い印象。カラー映像でもあるし…主演は同じく田口トモロウとなる。

    だが、見易いと言ってもそれは前作と比べての話であって一般的に考えると、まだまだマニア向けのコアな内容でもある。

    まぁ、これはこれで面白いのだが前作の圧倒的なブッ飛び具合を目の当たりにしているので…少し物足りなく感じてしまうのかも。

    ただ、塚本晋也監督のイマジネーションは日本人監督の中ではかなり異質なものであり、この発想力には誰も到達出来ないであろう境地に向かっていたのだろうと…改めて感じさせられた。

  • −−

    BONさん2021/06/25 22:37

    1作目となる『鉄男』(1989)で確立された肉体の変貌というテーマを、サイバーパンクアクションに再構築し、国内外で数多くの賞を受賞したハイパー・キネティックなカラー作品。

    田口トモロヲが演じる平凡なサラリーマンの弱々しい肉体が、狂信的スキンヘッド集団に一人息子を誘拐され、妻に失望され、残忍な金属のボディに変貌を遂げ怒りと美しさのままに全てを破壊し尽くす。

    荒涼とした都会の風景の中、エイリアンのように壁伝いにさらわれた息子を追いかける鉄の悪魔。めちゃくちゃで笑える。新宿にあるMITSUI BUILDINGの文字が見えて、前勤めていた銀行の近くだったのでとても嫌だった。

    不穏な特殊効果、ストップモーションアニメ、パイプや電線などの鉄屑などを最大限に活用し、陰惨な変身を遂げていく特殊メイク、カットを超高速でつなげた映像。
     
    前作と同様、石川忠が手がけたスコアが打ち付けるハンマーのような金属音が心臓に響いてくる。

    ブラックなユーモアは相変わらずで、溶鉱炉の真っ赤な光景に画面いっぱいのタイトルバックがスライドで出るオープニングから、変態スキンヘッド集団の肉体訓練シーン、田口トモロヲが変態スキンヘッド達からパワーを絞り上げるシーン、ラストまで笑うしかなかった。

    1作目とはまた違ったベクトルから変貌する肉体と社会からの疎外が描かれていて楽しい作品だった。

  • 1.7

    オマンピスさん2021/05/12 22:22

    前作の狂気が消えてストーリー性が出た途端にカスみたいな映画に

    裸のハゲ集団が筋トレしているシーンはおもろかった

  • 5.0

    hedonisticさん2021/05/09 11:13

    前作よりもストーリー性が増して、エンタメよりになってます。

    僕が田口トモロヲさんを知ったのはこの作品で、未だにこのイメージが拭い去れてない。

    マズルフラッシュがショボいのが、邦画らしくて侘しいよなぁ…。

  • 4.0

    Hellhasnofuryさん2021/05/05 21:51

     丸坊主の上半身裸の男たちが筋トレしてるシーンで何故かPCエンジン、スーファミゲームソフト、超兄貴を思い出してしまった!!不覚。
    やはり前作の方が好きです。

  • 2.6

    Jimmyさん2021/03/26 13:40

    塚本晋也監督作品。
    塚本晋也監督の『鉄男』を観てから、一時期ハマっていた。
    本作はタイトル通り『鉄男』と同様、ある男の身体が「鉄」になっていく話。

    男が妻子と一緒に過ごしていたところ、二人組の男が幼い息子をさらって逃げる。彼らに抱いた憎しみから身体が鉄になっていく男。
    そして、どんどん身体じゅうが鉄の塊となっていき……

    本作は、『鉄男』の一作目とは違ってカラー映画で綺麗だが、個人的には、あの鉄のトゲトゲしい感じがあってインパクト強烈だった一作目の方が好みかも…。

    この二作目も決して悪くはないが、やや冗長な感じもする。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る