お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

みちていく

G

“自分”という見えないゴールへスタートラインを切る。少女たちが切り開く、ささやかな希望と成長の物語…

歳の離れた恋人に身体を噛んでもらうことでしか満たされない陸上部のエースみちる(飛田桃子)。生真面目で部員達に疎まれる部長の新田(山田由梨)。二人は互いの空虚を埋め合うように、だんだんと近づいていく。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

みちていくの評価・レビュー

3.3
観た人
788
観たい人
880
  • 4.0

    ゆきのすさん2021/09/16 14:20

    忘れたくない事があった事を思い出す。また忘れてしまう事も。思い出せなくなる事も。丁寧で媚びのない演出と演技に感服感動。どのシーンも愛おしい。よく見る青春映画が嘘っぱちだってよく分かる。

  • 3.1

    655321さん2021/09/13 18:58

    恋人に身体を噛んでもらうことでしか満たされない女の子、みちる。

    人は…特に若い頃は
    痕跡を残したいし、残されたいのかもしれない。
    それはじぶんが存在している証だから。

    そういうテーマを竹内里紗監督は卒業制作として手がけた訳だから微笑ましい。
    台詞で説明しすぎるきらいがあるけど
    それもご愛嬌。

    同時に。
    大人になってもじぶんが何者なのかなんてわかっていないし、わかろうとする気も失くしているという視点もあって。
    自分もそうかもと思って心臓がちょっとキュッとした。シャマラン映画を観た後だからなおさら。

    きっとシャマランだったら毎日の日記もスラスラと書けるんだろうな。
    今日から日記を書いてみようかにゃ…あっ
    噛んじゃったので満たされました。
    日記は止めます。

  • 4.0

    yukinaさん2021/09/06 22:49

    仲が良くなくてもいい、秘密の共有に救われた。寂しさなんて誰に伝えればいいかわからない。徐々に時間の早さについていけなくなってくる、閃光のような高校3年間。

  • 3.0

    いいんちょさん2021/08/17 13:31

    うーん、惜しいというか、監督が求めるものが、演者のキャパシティを容易に超えてしまっていて、十二分には伝わらなかった。

    あと録音がんばってくれ!

  • 3.8

    すぽんじさん2021/07/20 03:20

    【な☾い☾も☾の☾ね☾だ☾り】

    わ〜、予想外に良かったな、、
    と言うのも、GYAOのアオリ文、
    「私を噛んで…」なんだもんw
    (今見たらパケも)
    完全にそっち方面かと思った("ړ)笑
    ら、なんとなんと大真面目な青春群像劇だった。
    こういうミスリード大好き笑
    名言いっぱい。

    キャスト陣の演技も自然で、
    坦々としてる中に沸々と湧き上がる
    思春期特有のモヤモヤだったり焦りが
    ジンワリ伝わってくる。
    主人公の近場だけじゃなくクラスメイトの
    何気ない日常もインサートされるのも好きだった(トランプ2人組がツボ)。

    学校で苦手だなぁと思ってた子が
    学校の外に一歩出たら全く違う存在だった、
    みたいなのは嬉しいあるある。
    人間って計り知れない。
    満ち足りること、それは今すでに
    満ち足りていると気付く事なのかも…

    2021/07/19GYAO無料配信

  • 3.3

    Gakuさん2021/07/19 23:59

    竹内里紗監督作品。女子高校の陸上部での物語。夏休みを前に代替りし、新任の部長となった新田舞(山田由梨)。エースとして活躍する梅本みちる(飛田桃子)。新田は生真面目な性格からかその任務に思い詰め、一方でみちるは年上の恋人に噛まれ、その跡を確かめることで、自らを確かめるような、危なげな生活を送っている。新田のノートを誤って持って帰ってしまったみちるは、「未だに何者でもない」という自己描写を目にして、新田に親近感を覚え、二人は一緒の時間を過ごすようになっていく。しかし、生真面目な新田の部の運営は、一部の部員から反感を買い、新田は部を辞めることとなる。
     痛々しい女子高校生たちの感性がそれぞれにぶつかり、みずみずしく描かれる、清冽な作品。学部時にこれほど完成度の高い作品を撮る竹内監督、恐るべしと思える出来。

  • −−

    impreさん2021/06/26 00:41

    思春期特有の実存的な不安っていうよくあるテーマを、体を噛んでもらうことに依存してる女の子を通して描くことで魅力を保っている。少女小説的だし綿矢りさの小説っぽさも感じる。テーマがやっぱり典型的だし問題も抽象的すぎるように感じるけど、「噛んでもらう」ことの瑞々しさがあまりに強いから面白く見れる。

  • 4.0

    Sacoさん2021/06/17 14:43

    友だちの出演作品。

    上映後のトークショーで、ゲストの門脇麦さんがこの映画を『青春映画』と言ってるのを聞いて、こういうもわっとした良い意味で生々しい青春映画もあるんだなぁと改めて発見。
    しかも監督の子が自分より年下かと思うと末恐ろしいですね。

  • 4.5

    きりぎりすさん2021/06/12 14:59

    2021.06.12

    学生だから作れた映画だと思う。
    すごくグサグサくる。
    世界観が思っていたよりもわかりやすくてよかった。
    音楽がどれも主張しすぎず、絶妙に合っててよかった。

  • 2.9

    1la4xさん2021/05/29 13:19

    深く考えなくともスっと入ってくる世界観。
    主演の飛田桃子さんが物凄く好みで綺麗。
    思春期をそのまま投影したかのような、鋭くて脆い視点の描き方が独特で凄かった。
    深いようで浅い描写もなんだか癖になる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す