お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

orange -未来

G

あの日から、この未来を二人に見せたかった――。

26歳の春――。須和弘人は、高校の同級生の茅野貴子、萩田朔、村坂あずさ、卒業後に結婚した高宮菜穂、そして、二人の間に生まれた子供と共に、桜の舞う弘法山を訪れた。彼らはそこから沈みゆく夕日を眺めながら、10年前に亡くなった成瀬翔のことを考えていた。成瀬翔は高校二年生の始業式の日に、東京から松本市に引っ越してきた転校生。すぐに翔と親しくなった須和は、彼と菜穂が互いに思いを寄せ合っていることを知るが、それに気付かないフリをしてしまっていた。そして、17歳の冬に突然、翔は全てを置いて亡くなってしまう。10年後、翔の死が自殺だったことを知り、須和の後悔は募る。「自分は、翔から、未来も菜穂も奪ったズルいやつだ」。もしも、あの頃の自分が今の気持ちを知っていたら……須和は奇跡を信じ、過去の自分へと手紙を送る。そこに綴ったのは、これから起こる出来事と、26歳の彼が抱える後悔と本心。そして、16歳の自分へ向けたあるメッセージだった。その思いを受け取った16歳の須和。手紙の言葉に後押しされ、彼が最後にした選択が、“まだ誰も見たことのない新しい未来”を作り出していく。菜穂と翔がこれから描く未来とは?それを見守る須和の想いとは--。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2017-03-07 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

orange -未来の評価・レビュー

3.4
観た人
829
観たい人
1079
  • 2.5

    ひつじ隊長さん2021/02/04 06:37

    Orange自体はとても良い作品ですが、展開がはやい為に初見の方は漫画かアニメの方が良いと思います。とにかく多くの人は「須和ぁぁぁぁぁ!!」って叫びたくなる気持ちになるでしょう。

  • 3.0

    彦次郎さん2021/01/25 18:08

    三角関係タイムリープ青春物語。
    現在の幸せを無くしてまでも10年前に自死した友人のために行動できる須和氏は良い人の上限を超えて聖人の域に達しています。
    見終わった後にモヤモヤしたものが残る作品。

  • 4.6

    cattieさん2021/01/13 21:04

    Excellent story of pure friendship and daily struggle of teenagers vs mental disease. The characters was well developed in showing the ups and down and the inrecognizable symptoms of people with depression. It also focus on different aspects like how people tend to act towards a mental disease human, and how they CAN do instead which is small but could meant a lot for such people. Highly recommend for every age/people to watch in understanding depression.

  • 2.5

    shujincさん2020/12/11 19:32

    流れで見たけど、夢オチなら酷いね。ファンタジーにしては中途半端すぎるから、そうなんかな。
    諏訪はいい奴とは、個人的には思えんかった。
    やっぱり高橋優のエンディングは良いね。

  • 3.3

    白波さん2020/11/26 17:57

    2016年11月劇場鑑賞
    当時TV版を毎週楽しみにしていたので、劇場版公開までの間は久々にソワソワした気持ちになっていました。
    綺麗に収まったあのエンディングから、一体どんな話を見せてくれるのか実に楽しみでしょうがありませんでした。
    本作はTVのダイジェストに新規フィルムを絡めていくのですが、TVと公開時期が近いからか作画に違和感がないんですね。
    また物語は須和の視点で進むわけですが、改めて彼の格好良さが際立つんですよ。
    本当良い奴です彼は。
    あとTVではあまり聞こえなかったのですが、劇場版では音楽がとてもよく入ってきます。
    音響設備なのかマリタリングなのかはわかりませんが。
    そしてそれらが皆うまく絡んでいるんでしょう、物語を知っているのですが観ていて新鮮味があるんですね。
    ただこの作品、初見の方では物語を追っかけるだけでいっぱいで少々辛いと思います。まず原作(コミックかアニメ)を観ておく事を強くお勧めします。
    そうしてラストでは原作では描かれていなかった、その後。
    何とも素敵な「翔が生きている未来」が描かれていました。
    ED「光の破片」がスタッフロールと共に流れ出した頃、ふと「それぞれが願う気持ち」が自分の中で一つに繋がった気がしたんです「あぁそうか」って感じで。
    すると「光の破片」の歌詞も相まってか、スタッフロールが終わるまでずっと涙が止まりませんでした。
    「翔が生きている未来」、それは「皆んなが笑っている未来」だったんですね。
    心の奥から嬉しくなる、そんなとても心温まる作品でした。

  • 2.2

    Mariさん2020/10/27 21:29

    漫画のみ鑑賞して久しぶりにorangeに触れました。
    時系列が果てしなく分かりづらく未来に行っては過去にもどって、ifの世界に行ってなどぐちゃぐちゃ。
    アニメor漫画鑑賞は必須な作品です。
    須和推しなわたしにとっては切なすぎて辛い。

  • 2.4

    わがなわさん2020/09/28 07:40

    アニメ未鑑賞!実写版みてから鑑賞!実写版みといてよかった!下情報ないとなにがなんやらって感じの映画だと思う!須和が良いやつなのはわかるけど、須和との子供のことを考えるといたたまれない…写真までみてるのにその選択はとてもとても…

  • −−

    あんちゃんさん2020/09/26 19:49

    高校生の頃漫画も読んで実写映画もみて超感動してたけど今は私以外の幸せそうな奴ら全員死なんかなーと思いながら生きてるので無理でした

  • 3.2

    しょーちゃんさん2020/08/12 12:57

    須和がいいやつすぎてヤバい映画。 アニメ+αだからアニメ見てないとわりとちんぷんかんぷんにあるかも、でも原作通りで良い出来

  • 3.0

    mitakosamaさん2020/05/10 17:49

    テレビシリーズ13話の総集編映画といえども、せめて100分くらいの尺で見たかったな。ちょい駆け足な印象は拭えなかった。

    長野の松本の高校生グループ。菜穂と翔は両思いだが、翔は自殺してしまう。
    未来で菜穂と結婚した須和、あずさ、た貴子・朔は、翔の自殺を阻止すべく、過去の自分達に手紙を書く。

    翔が死んだおかげで菜穂と結婚出来たと思っている須和は、その事に罪の意識を持っている。
    須和の目線で話が進み、恋愛の渦中の菜穂と翔を俯瞰的に見る構造の映画だ。

    須和は翔と菜穂を結びつけ直すことが罪滅ぼしだと思っているが、仲間は須和に罪なんて説いていない。
    ただただ須和の優しさだけが滲みる。

    須和中心なので、ある意味で翔は簡単に菜穂を手に入れた感じに見える。須和の苦労って…とも思えるが、一方で翔の命の尊さも強調された気がする。

    大袈裟な言い方をすれば、翔が生きていたことへの祝福が菜穂と結ばれることなんだなと思う。須和が良い人であればある程に、二人の恋愛成就が価値あるものとなる。誰も悪い人がいない、綺麗な三角関係の恋愛劇ですな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る