お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

極道天下布武

G

戦国の世と化したヤクザ社会、力で天下統一を目指す男達が繰り広げる、下克上の物語―。

下克上――。
全国のヤクザ組織をまとめていた京都の『室八連合会』が事実上崩壊してしまい、日本全土で壮絶な覇権争いが繰り広げられている。
尾張では、織木信秀(西岡徳馬)率いる『織木組』が尾張統一へと乗り出す。信秀の長男であり若頭補佐・織木信長(小沢仁志)は力で制圧すべきと掲げ、他所のシマを強引に自らのモノとしていくのだった。
一方、甲斐の武部信玄(菅田俊)率いる『武部組』による信州制圧。それに対立する、越後の上村謙信(原田龍二)率いる『上村組』との緊張状態。安芸の毛利屋元就(千葉真一)率いる毛利屋一家による中国地方での勢力拡大…。
そして、打倒『室八連合会』を掲げる駿河の今西義元(誠直也)率いる『今西組』が西日本制圧のために尾張侵略を敢行。今西の命を受けた徳澤家康(本宮泰風)が織木組と衝突することで、日本ヤクザ社会は、戦国の世と化すのであった…!!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

極道天下布武の評価・レビュー

3.8
観た人
17
観たい人
11
  • 5.0

    Hirokiさん2017/12/02 21:43

    ヤクザ×戦国時代!

    戦国時代は多少の知識があるから、あの武将は俳優誰だ?とかもあっておもしろい。秀吉は中野英雄だ!家康は本宮泰風きた!そこから先の流れであの人とあの人がどう絡むのかなーなんて妄想したり。笑

    信長が「やっぱり飯だな」って自分で握ったおにぎりを家康と食うシーン最高過ぎ。

    これは傑作シリーズになっていく予感。

  • 5.0

    能戸淳さん2017/08/19 07:57

    この作品はヤバイ、というか、とてもおもしろい。!

    ストーリーはまさに1500年代中盤の戦国時代そのもの(ってか描かれているのは現代なんだけど)。
    全国のヤクザ社会を束ねていた京都の室八連合会(これはモチロン室町幕府!作品では出演者は戦国大名と漢字一字違いの名前になっている)の治世は終焉して、全国各地で下克上の機運が高まった。
    そんな中で、周囲を強力なヤクザ組織に囲まれる尾張。
    そのなかで武闘派の信長(小沢アニキ!)は、父の組長(西岡徳馬さん!)のもとで、悶々とした日々を送っていたが、小組織が乱立する尾張のヤクザ社会を変える行動を起こし始めて・・・って感じ。

    とにかく、小沢アニキをはじめ、オールイン・エンタテインメントの大物俳優が総出演という様相で、その方々が織田信長が活躍した時代の戦国大名さながらの言動をするのが堪らなく面白い!

    任侠作品ファンのみならず、戦国時代好きな歴史ファン(僕はどっちも!)も楽しめるこの作品、第2幕も必ず観る!

  • 2.5

    mash1966さん2017/05/29 19:03

    http://mash1966.hatenadiary.com/entry/20170527/1495884906

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る