お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

極道天下布武 第三幕

G

頂点を目指す男達が、突き進む任侠道―!!

尾張統一を目論む織木組は、長男・信長(小沢仁志)と次男・信行(西守正樹)による跡目争いの確執を孕んでいた。信行の蛮行により、駿河の今西組が本格的に尾張に侵攻。徳澤家康(本宮泰風)を中心に、尾張東部を着々と今西組が制圧していく。その事態に激昂した織木組組長・信秀(西岡徳馬)は持病が悪化、ついには帰らぬ人となってしまう…。これにより織木組は、兄弟の跡目争いによる、内部抗争問題までも抱える事態となってしまうのであった。
そして尾張を中心に、様々な火種が生まれる。信長と血縁関係にある、岩崎信安(松田一三)率いる、清洲の岩崎組。斉門道三(堀田眞三)率いる、美濃の斉門組。ヤクザ組織撲滅を企てる、警視庁の存在…。戦国の世と化したヤクザ社会に、さらなる波紋と抗争が繰り広げられるのであった…!!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

極道天下布武 第三幕の評価・レビュー

3.5
観た人
12
観たい人
5
  • 5.0

    Hirokiさん2018/01/28 18:18

    織木組の跡目問題。信行、信安との決着。

    割れた斎門組と道三一家。

    濃厚すぎる第三幕だった。勝家かっこいいなぁ。破門されてからのロング丈Pコートかっこいい。

    ついに天下布武ですね!

  • 5.0

    閉鎖中さん2017/11/05 13:23

    小沢アニキの極道歴史エンタテイメントの第三弾!

    今回は織田家(劇中で織木と言い換えられている)の跡目争い、そして尾張統一にスポットが当てられている。
    一方で美濃の斎藤の内紛、駿河の今川の侵攻と、内憂外患の状況(メンドクサイので劇中で言い換えられている戦国武将の名前は歴史上の名前で紹介するね)。

    そんな道三憤死直前に送られたタオル(タペストリー?だったっけ?)に刻まれた文字は・・・まさに天下統一に向けたあの4文字!

    まさに戦国の歴史そのままにテンション上がるストーリー、次回も楽しみだ!

  • 2.5

    mash1966さん2017/09/25 16:59

    http://mash1966.hatenadiary.com/entry/20170927/1506507817

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る