お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

あしたは最高のはじまり

G
  • 字幕

この二人の物語に、世界が惚れ込んだ! 突然父になったプレイボーイと、男手“2つ”で育てられた少女。 型破りな二人の絆に、世界が笑いと涙に包まれた、感動のエンタテインメント!!

『最強のふたり』を生んだフランスから、世界級の感動作が日本に上陸。南仏コートダジュールの自由気ままなプレイボーイが突然、赤ちゃんを引き取ることになり、異国の地ロンドンでゲイの友人と男手2つで育児に奮闘!?ありえない父娘はいつしか“最高の相棒”となり、最強の絆が生まれていく。2016年12月に本国フランスで公開、『モアナと伝説の海』に続き初登場2位という好スタートを切り、8週連続トップ10入りした。その感動はヨーロッパ全土に広まり、ロシア、オランダ、ドイツ、ベルギー、スイスで大ヒットを博した。本作の原案は、全米で異例の大ヒットを記録したメキシコ生まれのコメディ『Instruction Not Included』。フランスを含め、世界5か国でリメイクが決定するなど、全世界が2人の物語に心を奪われている。

詳細情報

原題
Demain tout commence
作品公開日
2017-09-09
音声言語
英語/フランス語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-09-09
制作年
2016
制作国
フランス/イギリス
対応端末
公開開始日
2018-02-23 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

あしたは最高のはじまりの評価・レビュー

3.9
観た人
11625
観たい人
19730
  • 3.0

    はなはなさん2021/04/17 13:00

    好きなシーン
    ・「パパ」って言った〜と喜ぶサミュエルとベルニー
    ・クリスティンを守るため12階から飛び降りる無茶なスタントを受け入れる
    ・クリスティンのためのインテリア
    ・軽快な父娘の会話すべて

    母親がクリスティンになぜそこまで執着するのかが不明。新しい恋人も自分の子ではないクリスティンを取り戻す為に尽力する動機が理解できない。
    その心情が描かれてないので、父娘を引き裂くためのご都合主義なキャラクターでしかない。

    悲劇の部分は残念ながら心に響かず。

  • 3.0

    西田千夏さん2021/04/15 14:26

    海外映画あるあるの、
    薬物やお酒、喫煙などに頼らない演出がまた良い!

    ラストは衝撃的な結末と真実を知るものの、
    Samuelの最初と最後を見比べてみると、
    「すごい」としか言いようがない。

    あれだけ『Kristinに子供を渡さなきゃ』思考だったのに、
    今では『あの子には俺しか居ない』と、
    宣言をするまでに。

    後半、BerinieがKristinに真実を打ち明ける迄、
    Samuelの方が余命幾許も無いんだと思ってました。

    だから、危険なスタントとかやり終えると、
    目を覚まさないんだと。
    でも、娘の愛しいいつもの言葉が聞こえるから、最後の力をふりしぼるかのように目を開けたのかって。

    でも、実際は違って、タイムリミットがあるのはGloriaの方だった。

    いつ、どうなるか分からないGloriaの成長、
    そして今を大切にしながら、不器用で上手くやれないなりに愛情を注いだ。

    『精神的によろしくなかったから、
    娘を父親であろうSamuelに託したんです』な、母親・Kristinはやっぱり最低だなと感じた。

    良い大人だったわけだから、
    『精神的によろしくなかった』の理由で、
    Samuelに託さないで欲しいし、
    娘のGloriaに会うやいなや「平等になるべきだから、次は私が育てる番よ」的な発言。
    何とも身勝手で言ってしまえば何を考えて、
    何がしたいか分からない危険人物。

    でも、世間のニュースを見てると、
    これ以上に最悪だと感じる母親は居るし、
    逆に精神的によろしくなかったとしたら、
    娘を殺害していたかもしれないし、
    逆に精神的な問題が解決したら人様の娘や、
    この場合だとSamuelに当たる父親の子供を
    誘拐する程だったかもしれない。

    考え過ぎかもしれませんが。

    Kristinに関してはラストまで
    危険人物だとして見ていたので、
    良い形で終わってるんだろうけど、
    私の印象が『危険人物』から変わることはありませんでした。

    と言うのも、不可解な行動や言動が多いわけです。
    正当であるような発言をしてるけど、
    全て「いやいや、あなたが言える立場ではない」とツッコミたくなるものが多い。

    また、8年2ヶ月もログインしてなかった
    Facebookに急にログインした意図は何だったのかも分からない。

    確かに人間、期間が空いたり何かの拍子で
    急に卒アル見たくなったり、
    思い出して昔のdvdとか取り出してくるけど、
    8年2ヶ月だぜ!?

    ログインIDやパスワードがある物を
    8年2ヶ月も覚えていたのかと考えると、
    ある意味何か怖い。

    Clémence Poésyさん演じるKristin Stuartは、
    どう言ってもKristen Stewartさんにしか聞こえん…!

  • 3.8

    豆ごはんさん2021/04/14 20:36

    オマール好きの皆さんこんにちは。
    娘ちゃんが、かわいくてかわいくてねー。

    愛情深いとても良いお話でした。

  • 4.2

    Mycroftさん2021/04/04 20:34

    感情を強く揺すぶられる映画。かなりの激震。

    グロリアのキュートさは予想通りだけど、コメディの爽快さ、豊富なアクションシーンのインパクト、ラストに向けての急展開は予想外。

    11階の高さからダイブする心意気に父親の娘に対する愛情の深さを思い知った。

  • 3.6

    papamさん2021/04/02 20:49

    お気に入り作品のひとつである
    最強のふたりに出てるオマール・シー!
    こんな父親がいたら人生楽しいだろうな
    なんて思うくらいいい父親😊
    始まり方は好みじゃないけど
    トータルでみたら心温まるストーリー。
    陽気で楽しい気持ちになるから
    気分が下がってる時に見たい作品👀

  • −−

    きなさん2021/03/29 16:12

    2021/3/29
    wowow

    オマールシーとグロリアが暮らす部屋がステキすぎる。あんな部屋で過ごせたらどんなにしあわせだろうか。

  • 3.3

    MidoriOkuyamaさん2021/03/26 00:09

    オマールシー作品ばっかり見ているけど
    ちょっと残念だったな〜〜〜

    子役も素晴らしいしオマールシー演ずる父親もそれはそれは理想だし、一緒に育ててるゲイの友達も最高なんだけど。

    作りがチープで、後半が特に残念だったな〜
    出だしはよかったんだけどな。
    とってつけたエンディング感。
    飛び込みのくだりもあんまり関連性ない。
    全部オマールシーの語りで終わるのもセンスがない。余韻が残らない。

    映画だから、もう少し余白を残して欲しい。
    見てる人によってどう思うかは違うし、この先どうなったのかなって想像すればいい、皆まで言ってくれるなよ〜

  • 4.0

    まめさん2021/03/22 16:37

    完璧な夫婦なんていない。
    大事なのは幸せかどうか。
    コメディだけど心に刺さる物がある。

    子の育て方の違いでいざこざが起きる。
    よくある話。
    子にとってどの選択が合ってるか大事なのはそこ。
    オマールシーが素敵なんです。
    二つ星の料理人も観ましょう。

  • 4.0

    Daisukeさん2021/03/21 19:32

    オープニングのキャッチミーイフユーキャンみたいなテイストがかなり好み。

    ミスリードにまんまと引っかかってたからラスト衝撃だった。何回か泣いた。

  • 3.0

    Maoryu002さん2021/03/20 11:28

    南フランスのリゾートで働くサミュエル。ある日、過去に遊びで一夜を共にした相手クリスティンが、その時の子だというグロリアを置いく。8年が経ち、父娘の前にクリスティンが現れ、娘と暮らしたいと言い出した。

    オープニングがかっこいい!
    ただ、あんないい加減な男がそんなにすんなり改心するかなー。それに生活が恵まれすぎだし、グロリアがいい子過ぎるし… なんて思ってたら、なんだかとても重い展開になっていった。

    親が子供に与えるのではなく、子供からもらうものは実はとっても多い。生活の中に幸せや試練が格段に増えるし、成熟や老いも子供がいることでより醸成される。それが画面から伝わってきた。
    だからこそ、自分が死ぬ前に子供を失ってしまったら、あんな風に受け入れられるわけがないし、微笑めないと思ってしまう。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す