お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

サラリーマン専科 単身赴任

G

辞令により大阪支社の営業部に配属された万作。単身赴任先で起こる様々な出来事をコミカルに描く!

日向事務機器の総務部庶務課課長の石橋万作は、大阪支社に単身赴任することになる。慣れぬ大阪で疲れ切って部屋に帰った万作のところへ、1匹の猫が入り込んで来る。猫の飼い主は、隣の部屋の美佐子で、一目で万作は心を動かされる。そしてある夜、取り乱した美佐子が万作の部屋にやって来て、“一緒に暮らそう”と言い、万作は動揺するのだった……。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1996
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-02-28 16:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

サラリーマン専科 単身赴任の評価・レビュー

3
観た人
26
観たい人
11
  • 2.7

    稲泉元己さん2020/05/28 22:34

    立て続けに2作目も鑑賞。
    当時の同時上映が「虹をつかむ男」みたいで羨ましい二本立て。「虹をつかむ男」は亡くなった渥美清(寅さん)に捧げるような作品だったけど、この「サラリーマン専科 単身赴任」も寅さん的な要素があって「男はつらいよ」愛を感じた。急に帰って来て家族と一悶着する三宅裕司は寅さん的。

  • 3.1

    TRBさん2020/03/04 10:21

    サラリーマンの宿命
    石橋万作、単身赴任決定で大阪へ

    ずっとグズグズ言ってる大人子供の万作を、三宅裕司がコミカルに演じるシリーズ2作目

    サラリーマンと言えば島耕作
    ほどの盛り上がりは無い

    隣の美女とお知り合いになり、それがキッカケで会社も揺るがす珍事に巻き込まれる

    美女は萬田久子

    でも、島耕作ほどの事件は起きない

    あくまでも日常をコミカルに描いている

    顔ぶれが色々懐かしい

    一瞬だけど、若い時の小籔千豊が出ている
    この時代、関西を舞台にした作品にちょこちょこ出ているイメージ

    サラリーマンの悲哀が滑稽で面白い
    なんだかんだで奥さんのご機嫌が一番の幸せでご褒美な作品。

    田中好子さん可愛らしい

    なんでサラリーマンはそんな異動させられるの?
    現地で採用した方がコスト安くないの?
    会社の仕組みって難しい

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る