お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

愛のお荷物

G

人口問題に対する政治家たちの無為無策と一般の人々の無関心に対し、明るく上品なくすぐりをもって痛烈に衝く明朗諷刺映画。

戦後ベビーブーム。人口の増加を食い止めようと考えていた、時の厚生大臣・新木錠三郎は「受胎調節相談所設置法案」の施策を講じる。ところが厚生委員議会で人口軽減に関する大演説を行っていた頃、48歳になる蘭子夫人が産婦人科で妊娠を告げられていた!そればかりか新木家の長男・錠太郎は、かねてから秘かに恋愛中だった、父・錠三郎の秘書・五代冴子から愛のお荷物が出来たらしいと打明けられていた。その日から新木家には、てんやわんやの騒動が繰り広げられる。嫁入りして6年、いまだ子宝に恵まれない錠三郎の長女・和子は喜び「ママも錠太郎も遠慮いらないわ。私のところは赤ちゃんが欲しくて困っているのよ。赤ちゃんは私が育ててあげるから」と言ったものの、結婚式を控えた末娘さくらも、結婚が待ち切れず許婚の出羽小路亀之助との間に愛のお荷物が出来てしまっていた!しかも新木家の御隠居・八十歳になる錠造翁までもが、若い茶飲み友達との間に愛のお荷物ができかねない状況に。そんな中、京都へ遊説に行った錠三郎は、かつての恋人・貝田そめに訪問され、彼女との間に出来た子供の存在を知らされて愕然となる。新木家の人口は一躍倍以上にはね上ることになり、新木家の御婦人たちは一斉にお芽出たの日を待つばかりとなったが、日本の人口問題はどうなることやら・・・。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1955
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-06-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

愛のお荷物の評価・レビュー

3.9
観た人
215
観たい人
134
  • 3.9

    ropiさん2020/05/20 20:26

    「生めよ殖えよ 地に満てよ」
    ベビーブームの到来した戦後の日本を舞台にした人情喜劇。

    人口調節のため受胎制限を掲げる厚生労働大臣の新木。しかし彼の妻は48歳にして妊娠し、さらにその息子の恋人、娘と次々にお腹に赤ん坊がいることが発覚する。

    人情深くて愉快なキャラクターたちのドタバタが楽しく、最後まで明るい物語。川島雄三監督作は悪い人が出てこないところがいい。最後まで安心して笑って観られる。
    飄々とした三橋達也とキリッとしたハンサム顔の北原美枝のカップルが良い。新木家の人々はもちろん、フランキー堺や山田五十鈴、東野英治郎と脇も厚い。

    しかしこの時代の風潮と人々の言動は非現実的でもはやファンタジー。早口なのと台詞の量が多くてついていくのに必死。だけど型破りな台詞ばかりで面白い。外からドタバタ騒動を映したり、早回しを用いた場面には笑わずにいられない。

    「結婚前に妊娠しようが後からしようが大した問題じゃないですよ。問題なのは生まれてきた赤ちゃんが平和に楽しく一生を送れるかどうかってことなんですよ」
    こんな時代に明るくスパッと言い切る大臣殿の息子。ただのお気楽息子ではなかった。お荷物とは言うけれどやはり子どもを授かると嬉しいもの。結局はそれぞれ自分たちの意思で決断する。
    現代はこの時代の全く逆、少子化の時代である…。

  • 3.7

    Lisaさん2020/05/04 00:37

    軽快で観やすいおめでたドタバタコメディ。めっちゃ喋るし超早口。
    いまやったらアウトな表現ばかり(まずタイトルがアウト)で時代を感じるし、女性が全員つわりで倒れるとこなんかはやりすぎでしょって感じだけど、テンポが良すぎてやっぱ笑ってしまう。

    引きで全景を撮ってから人物が近づいてだんだん寄るカメラとか、回り込みとか窓越しの人物の動きとか、見せ方がお洒落。
    フランキー堺がおたふく風邪姿で電話越しにドラム叩くシーンは爆笑した。センスがすごいよ…

    ただ、川島雄三は洲崎パラダイス赤信号とか女は二度生まれるとか、ちょっと哀愁漂う作品の方が好きだな〜

    てか当時は妊娠検査でカエルが使われてたなんて全く知らんかった。。どんだけ信憑性あるのかしら。。

  • 3.7

    mtkinokoさん2020/05/02 20:30

    結婚前に妊娠しようがあとからしようが、大した問題じゃないですよ。問題なのは生まれてきた赤ちゃんが平和に楽しく一生を送れるかどうかってことなんですよ。

    65年前にこう言い切る先進性。

  • 4.4

    koxxさん2020/04/09 23:01

    他の方もおっしゃってる通り、ずっと安心して観ていられる喜劇。
    最後の最後まで楽しませてくれる。

    シーンの繋ぎが前のシーンの最後のセリフからだったり、当時は目新しかったであろう演出も多い。

    北原三枝のユーモア。
    すごく綺麗な女優さんだなぁと思って調べたら、なるほど...あの方の奥さんだったのか...。

  • 4.0

    しじらみさん2020/03/10 12:52

    アメリカ映画を観ているような安心感。
    座ったり立ったり、背を向けたりドアを閉めたりでコミュニケーションの攻防を盛り上げる。

  • 3.9

    書庫番さん2020/02/24 15:38

    2020年2月24日 レンタルDVDにて鑑賞。

    戦後のベビーブームを迎えた当時の日本を舞台に、人口増加を食い止めるための法案通しに取り組む厚生大臣が、自分の家族に巻き起こったおめでたラッシュに振り回される姿を描く、社会風刺の効いた喜劇。

    現代ニッポンとは真逆といっても良い状況下で繰り広げられる喜劇なのだが、今観ると表現に所々引っ掛かりを感じるのも事実であり、そこは致し方ない所。
    然しながらテンポの良さと豪華俳優陣が演じる登場人物のキャラ立ちでグイグイ押してくるスラップスティック・コメディとしての面白さは時代を超えて充分伝わってくる。

    厚生大臣の父親で齢80ながらもバイタリティの塊の様な御隠居を演じる、東野英治郎が微笑ましい。

  • 4.1

    やさん2020/02/15 04:50

    ユーモラスでコミカルで楽しかった
    人口増加問題なんて今からしたら贅沢な悩みだなア
    終盤の丈太郎の水爆の時代うんぬんのセリフが芯があって良い

  • 3.4

    yusukepacinoさん2020/01/22 17:58

    ユーモアあるコメディ。タイトルが強烈。他の方も書かれているがテンポがいい。ただ、本作の主題となる人口の増加問題は今の日本にとっては一昔前の話で現実感はない。むしろ真逆といっていいだろう。48歳での妊娠などなかなか驚く。それぞれ子供達が未婚のまま妊娠している、或いはさせているのは節操がないな。人口問題に取り組む厚生大臣や家族がこうでは今の(昔も?)煩い世の中ではすぐにクビが飛ぶだろう。しかも他にも子供がいるとか。テンポはいいが少し長く感じた。あと、さすがにラストはふざけ過ぎだと思った。

  • 3.6

    ricoさん2019/12/28 22:04

    台詞のテンポが速く、普段の喋りに近いせいで、私などはかなり聞き取りづらい。聞き取れたらいい要素なのだけど、、、。
    母が倒れた辺りのシーンの動線が、家をうまく使っているかんじでよかった。
    それにしても今からだと望まずできた子供を「愛のお荷物」といっちゃうとこからもうアウトだし、内容もかなりアウトな所が過多だった。

  • 3.5

    あしからずさん2019/12/28 20:59

    川島雄三特集にて。
    第一次ベビーブームの日本で人口増加抑制政策を約束した山村聡演じる厚生大臣。ところが妻や娘など家族や周囲に一斉に赤ちゃんができて…というドタバタ喜劇。
    撮られた年代が年代とは言え現在と真逆の状況がシニカル。

    当時妊娠の検査にカエルが使われていたため冒頭にはカエルの映像。作中でもカエルという単語が飛び交い、大臣の妻の轟夕起子は妊娠検査の結果に「カエルが…カエルが…」と失神する。
    こんなにカエルが重要視された映画があっただろうか?
    意外とあるかも

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す