お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

愛のお荷物

G

人口問題に対する政治家たちの無為無策と一般の人々の無関心に対し、明るく上品なくすぐりをもって痛烈に衝く明朗諷刺映画。

戦後ベビーブーム。人口の増加を食い止めようと考えていた、時の厚生大臣・新木錠三郎は「受胎調節相談所設置法案」の施策を講じる。ところが厚生委員議会で人口軽減に関する大演説を行っていた頃、48歳になる蘭子夫人が産婦人科で妊娠を告げられていた!そればかりか新木家の長男・錠太郎は、かねてから秘かに恋愛中だった、父・錠三郎の秘書・五代冴子から愛のお荷物が出来たらしいと打明けられていた。その日から新木家には、てんやわんやの騒動が繰り広げられる。嫁入りして6年、いまだ子宝に恵まれない錠三郎の長女・和子は喜び「ママも錠太郎も遠慮いらないわ。私のところは赤ちゃんが欲しくて困っているのよ。赤ちゃんは私が育ててあげるから」と言ったものの、結婚式を控えた末娘さくらも、結婚が待ち切れず許婚の出羽小路亀之助との間に愛のお荷物が出来てしまっていた!しかも新木家の御隠居・八十歳になる錠造翁までもが、若い茶飲み友達との間に愛のお荷物ができかねない状況に。そんな中、京都へ遊説に行った錠三郎は、かつての恋人・貝田そめに訪問され、彼女との間に出来た子供の存在を知らされて愕然となる。新木家の人口は一躍倍以上にはね上ることになり、新木家の御婦人たちは一斉にお芽出たの日を待つばかりとなったが、日本の人口問題はどうなることやら・・・。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1955
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-06-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

愛のお荷物の評価・レビュー

3.8
観た人
306
観たい人
196
  • 4.3

    YAZさん2021/05/07 18:06

    上品な風刺コメデイ観る

    人口増加抑制する法案ブチ上げた
    厚生大臣一家に起こるベビー騒動。
    フランス喜劇をベースに書き上げ
    たオリジナルだそうです

    これは面白かった
    政治家、戦前華族から残る階級意識
    への皮肉。婚前交渉とんでもない!
    そんな結婚は認めない!親世代への
    皮肉で毒チラホラもユーモアとなり
    皆が幸せになる幸福な映画。
    日本映画らしからぬ作品です

    大臣山村聡の落ち着きぶりが柱のよう
    に物語を安定させてる
    弾けた物語でもあるので芯はしっかり
    してないとです
    その周りで若い世代がノビノビと

    大臣長男三橋達也、大臣秘書北原三枝
    二人の間にもベイビーが
    結婚認めさせる策略練る秘書さん
    北原三枝カッコいいな
    お坊ちゃまな長男もやる時やります
    長女、次女からまさかの大臣妻までの
    一家総ベイビーであります

    ガラス越しに声消してのドタバタ。
    口論なりかけると同時に喋らせて
    何言ってるか分からず
    シリアスになりがちなテンションを
    ユーモアに転じようとさせる工夫が
    随所に見られるのもヨロシ

  • 3.0

    haruyさん2021/05/05 01:26

    テンポ感すばら
    お荷物って言い方☹️て感じだが
    まあ最後の方は大人の事情ということで、甘く終わってるんだなーと思えばまあ

  • −−

    moeさん2021/05/04 23:45

    サクラちゃんの「うーめーぼーしー!」がなぜか泣けるほど良かった。
    ふくらんだお腹を指して"小さなお荷物"と呼ぶ大人。
    私も尿をガマガエルに注射しよ〜っと

  • 3.8

    kojikojiさん2021/04/19 10:05

    愛のお荷物とはなんぞよ。なるほど。
    戦後10年を迎えた日本。人口増加問題を抱えて翻弄する山村聰が演じる厚生大臣の家族を軸に蹴り広げられるホームコメディ。現代の少子化とは、真逆。

    川島雄三監督が日活で初めて撮った作品とのこと。まだ川島監督を語れるほど作品を観ていないけど、まだ比較的オーソドックスな喜劇かと思う。家族に騒動が起こった時、屋外から家族のドタバタを見せるシーンとかおもしろい。そしてラストのほのぼの感でいい作品を観たなと余韻に浸った。

  • 3.8

    Rさん2021/03/26 13:45

    日本が人口増加問題を抱えていた頃、ある一家で次々と女性が妊娠していく映画(笑)
    本当に面白い川島雄三監督作品。

    ●国会で「受胎調節相談所設置法案など」を掲げて発言している厚生大臣(山村聰)。
    ●産婦人科で、ある中年女性(轟夕起子)が48歳にして妊娠を告げられる。
    ●ある男(三橋達也)と若い女性(北原三枝)が「私、妊娠したの。結婚しましょう」と話している。
    ●結婚6年になる夫婦が「なかなか子供できない」と話している。(女性:東恵美子)
    ●若い女(高友子)とドラム叩いているドラ息子(フランキー堺)がデートしている。
    ……と、一見バラバラの話を次々とテンポよく見せる冒頭。
    ただ、これが次々と上手く繋がって行く手腕は川島雄三監督さすが!
    このつながり方が本当に面白い。

    更に、京都で山村聰の若き日の恋人=山田五十鈴が登場して、「実は昔のことだが、あなたの子供を産んで育てた。もう大人だけど…」といったエピソードあり、次々と子供産む話が出て来る(笑)

    高友子が東野英治郎演じるおじいちゃんに「おじいちゃんは、俳優座の東野英治郎に似ているわ」などと、映画の中で言わせるセンスも光る。これは楽しい。

    チョイ役だが気になるのは、黒澤明の『生きる』で好演した小田切みき、女中さんを好演。

    この作品は、川島雄三監督が松竹から日活に移っての第一回監督作。
    全編にわたって、次から次へと子供が生まれる話が続き、演出のセンスが光る楽しい喜劇だった。

  • 3.7

    ほそじまさん2021/02/11 22:16

    人口過密問題。
    少子化が深刻の一途を辿る現代とは真逆な当時の社会情勢で、産児制限政策を推し量る大臣が家庭での妊娠速報ラッシュに右往左往するスラップスティックコメディ。

    愛の結晶である子の誕生を"お荷物"扱いする、言わば生命の神秘そのものへの冒涜とも言える社会問題を川島流のユーモアで皮肉たっぷりに風刺。あわせて政府の無為無策や、揚げ足を取るのに必死で何も生み出せない野党議員もまた同じ穴の狢であるという現代となんら変わらないハリボテ政治家のお笑い構図や誇張的なマスコミ、婚姻前の計画妊娠を悪徳とする親世代からの抑圧という普遍的なテーマも描かれている。


    テンポ良く素早い伏線回収でとても見やすい。


    「今は水爆の時代ですよ?ピカッと光ってドン!これだけでみんな死んじゃいますからね!結婚する前に妊娠しようが後からだろうが、そんなのは大した問題ではないですよ。問題は生まれてくる赤ちゃんが平和に楽しく一生を過ごせるかってことですからね」

  • −−

    IshiharaTakuyaさん2021/01/17 00:02

    ハイソな面々の妊娠映画とも言うべきか。フランキー堺のドラムのシーンいいね。ハワードホークスの映画を観てるみたいだった。川島雄三最高。

  • −−

    hummingbirdさん2021/01/02 23:25

    川島雄三の日活第1作のせいか、松竹時代のようなホームドラマになっている。

    三橋達也が頼りない長男の役で、義太夫?を披露したり、殺陣をやったり、二役をやったりの、芸達者ぶり。

    共演の北原三枝は政治家の秘書役で、知的でとてもすてき。フランキーはドラムを披露し、小沢栄太郎と芦田伸介はいつもと違うメイク。俳優に見どころが多い。

    ロケは佃島と関西(の設定の場所)。

    映像的には、三橋達也が家を出ると大騒ぎになる場面が良かったけど、カット割が多くて、この監督の良さが出てないように思った。

  • 3.7

    enterさん2020/12/05 16:33

    そうか、舞妓&芸妓さんたちの扱いは売春防止法施行後はどうなったんだろう?

    当時の国会は官僚が書いた答弁書を読むだけのスタイルではなかったのね。。ヤジもいい。イギリス下院のよう。

    北原三枝スタイルいい、、22歳。

  • 4.0

    JTKさん2020/11/20 11:06

    1955年作品。

    当時はこのまま人工が増え続けて日本からこぼれ落ちるくらいのイメージだったんだろう。それを逆手にとったドタバタコメディ。

    建物やインテリアや風俗は古くても、日本映画にありがちなウェットな情緒とは無縁な川島雄三のモダンなタッチが冴え渡る。

    オープニングのカエルのショットからラストの女優陣全員えずくシーンまで、巧くて、テンポよくて、過不足なく面白かった。

    我々はもっと名匠川島雄三に刮目すべきだね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す