お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

さすらいの人 オスカー・ワイルド

G
  • 字幕

アイルランドの作家、オスカー・ワイルドの知られざる悲劇的な晩年を描いた物語。

男色を咎められての収監などワイルド自身を襲った悲劇が、皮肉と客観性を含みつつ一歩引いた場所からユーモアを持って語られる。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

さすらいの人 オスカー・ワイルドの評価・レビュー

3.4
観た人
86
観たい人
1133
  • 3.0

    simaさん2021/11/22 02:19

    さすらいと言うよりか…人生の迷子に思えた。お気の毒だけど自業自得。愛することと愛されることの本当の意味。傲慢で我儘なボジー。二人の息子と孤児の兄弟。「幸福な王子」。本名長っ!

  • 3.2

    のりぴーさん2021/11/20 18:58

    オスカー・ワイルドといえば幸福の王子、ぐらいしか知らなかった😅
    全編通して哀しすぎ😭こんなに放蕩しかしてないのに、愉快な感じがないなんて哀しい😭
    でも離れずにいてくれた人がいてくれてホントに良かった。

    時代とはいえ、同性愛が罪なんて信じられない。
    彼だけじゃなく、たくさんの人が人生狂わされたんだろうなぁ。。。ますます哀しい😭

    ていうかエンドロール見るまでルパート・エヴァレットとは思わなかった!

  • −−

    いえをさがしてさん2021/11/08 23:19

    なんでタイトルは【幸福な王子】ではないのだろう。内容がオスカーのことを描いていて王子様のお話ではないからなのか?
    でも、彼の苦悩の中で生まれた作品のタイトルを冠しているのに、、
    当時男色は認められないものではあったが、フランス文学では結構男色作家多い時代。
    彼の作品に美しいものが多いのは、きっと美しいものが好きだったからなのだろうな。

  • 3.6

    ntm723さん2021/10/29 21:07

    オスカー・ワイルドの悲劇的な晩年をルパート・エヴェレット(ベストフレンズ・ウェディング)が監督、脚本、主演を務めた伝記映画。この作品に対する並々ならぬ情熱が伝わってきた。
    世間から評価されて華やかに生きてた頃のワイルドではなく、ゲイであることを咎められ亡くなるまでのひたすらに苦しい姿だけを描くことに拘ってたそう。
    ルパート自身もこういう日々を生きてる/生きてた、ってことなのかなと思わずにいられない。
    歳とって太っちょになっても次っから次っから若いイケメンが寄ってくるのには嫉妬しかけたわ。

  • 2.6

    yamatoさん2021/10/13 05:29

    オスカーワイルドの華々しい時期はほとんど触れず、脱落していくところから描いていく本作品
    正直華々しい時代も描いて欲しかった。
    華々しい時代を描いてこそ、脱落していくところの比較ができると思うのにその前半部分がバッサリカットされていることによって、ただの冴えないおっさんの人生作品になってしまったのが本当にどうしようもない作品となった大きな原因だと思う。
    やっぱり伝記作品っていうのは良い時も悪い時もまとめて書いてこその人生であって、片方の面しか描かないと全く意味がないものとなってしまう。

  • −−

    ハクさん2021/08/15 23:28

    ある程度知識がないと分かりづらいかも、ダグラス父との裁判すっとばして始まってる
    あとダグラスってとんでもない美少年のはずだしワイルドももっと雰囲気ある人だと思うしキャスト、、
    ただ、自分の知識浅くてロバートのことあんまり知らなくて、これ見るまでツバメがダグラスなの、、?って違和感あったから明確に断言してくれてよかったし納得した

  • 3.8

    明石ですさん2021/08/13 01:30

    面白かった。ただ人物の相関関係がもっと明確だったらより楽しめたかも。愛人のボジーや愛人崩れのロビーはなんとなくわかるけど、コリン・ファース演じるレジーは一体何者だったの?最後までわからず。

    オスカー・ワイルドって、作中でも語られてるとおり、数作の戯曲をのぞけば広く知られる作品は『ドリアングレイの肖像』と『幸福な王子』だけ。前者はオスカーの男性観をよく表していて、かつ後者は作中でも断片的な語りとして出てくる(本作の原題と同じ)ので、この2作は前もって読んでおくとよい気がする。

  • 3.0

    hubacoさん2021/04/29 09:27

    英国を離れ各地を放浪した作家の最期の日々。監督兼主演のルパート・エヴェレットの深い思い入れが全編に溢れている。コリン・ファースのレジーを始め作家を取り巻く友人たちの愛が染み入るよう。

    この映画はずっと見なくてはと思っていて、『Été 85』のバンジャマン・ヴォワザンくんが出てるのでついに決意して見た。良い役だった… 彼らしさが出てて。予想よりはるかに出番が多かった。

  • 4.1

    缶さん2021/01/06 23:31

    2020.01あたりに鑑賞。

    もう何回か観たけど、二つの読み聞かせの対比に毎回泣いてしまう。
    ボジーとロビーとレジー、三人三様のオスカーとの関係性。
    ルパート・エヴェレットのオスカー、とてもよかった

  • −−

    chiさん2019/12/21 06:23

    英文学の授業で少し触れてただけで彼の人生については全然知らなかったから勉強になったのと晩年に絞ったストーリーだけど舞台もキャラクターも広がりがあって良かった。Bosieまじで美形、、、

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました