お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

さよならくちびる

G

大好きだから、サヨナラを歌う。

「二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな?」全国7都市を回るツアーへの出発の朝、車に乗り込んだデュオ〈ハルレオ〉のハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)に、ローディ兼マネージャーのシマ(成田凌)が確認する。うなずく二人にシマは、「最後のライブでハルレオは解散」と宣言するのだった。2018年7月14日、解散ツアー初日から波乱は起きる。別行動をとったレオが、ライブに遅刻したのだ。険悪なムードの中、「今日が何の日かくらい憶えているよ」と、小さな封筒をハルに押し付けるレオ。しばらくして、何ごともなかったかのようにステージに現れるハルレオ。トレードマークのツナギ姿に、アコースティックギター。後ろでシマが、「たちまち嵐」を歌う二人をタンバリンでサポートする。次の街へ向かう車の中、助手席でレオからもらった封筒を開けるハルを見て、「そうか、今日はハルの誕生日か」と呟くシマに、「違うよ。初めてレオに声をかけた日だよ」と答えるハル。二人が出会ったのは、バイト先のクリーニング工場。上司に叱られ、むくれていたレオを、ハルがいきなり「ねえ、音楽やらない?あたしと」と誘ったのだ。

詳細情報

関連情報
製作 依田巽:中西一雄,定井勇二,エグゼクティブプロデューサー 小竹里美:企画 瀬戸麻理子:プロデュース 瀬戸麻理子:プロデューサー 根岸洋之:高橋尚子,音楽プロデューサー 北原京子:協力プロデューサー 村野英司:ラインプロデューサー 大日方教史:撮影 四宮秀俊:照明 秋山恵二郎:録音 鶴巻仁:美術 竹内公一:装飾 石田満美:スタイリスト 伊賀大介:ヘアメイク 倉田明美:編集 佐藤崇:サウンドエディター 伊東晃:音楽 きだしゅんすけ:うた ハルレオ:主題歌・挿入歌 「さよならくちびる」(作詞・作曲:秦 基博 Sound produced by 秦 基博):挿入歌 「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」(作詞・作曲:あいみょん)(ユニバーサルシグマ/UNIVERSAL MUSIC LLC):スクリプター 近藤真智子:VFX 浅野秀二:助監督 毛利安孝:制作担当 小川勝美:アソシエイトプロデューサー 増山紘美
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-10-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

さよならくちびるの評価・レビュー

3.5
観た人
13755
観たい人
17712
  • −−

    杏佳さん2021/12/02 22:13

    また見た。これでいきたいんだけどなあ。うまくいく気がしない。シマがハルにキスするシーンも良いけど、その後のレオとシマのやりとりもすごく良かったな。見れば見るほど良くなってくるんだが。ハルとレオだったものが、シマを含めた3人の物語になっていく感じが良い。

    ———
    20211021
    何回見たか忘れてしまった。

    色んなところで凄さを感じるのだけど、シマがハルに無理やりキスするシーンの位置と動きが今回はすごく印象的だった。あと、函館にいた高校生ぐらいの2人組のインタビューシーンも良かったな。あの場面だけで、特別な視線が交差しているのがわかる気がして凄い。不機嫌な女性の映画好きかもしれん。同性愛、異性愛どちらも含む恋愛映画だけど、最後恋愛至上主義から逃れていく感じある。

  • 3.3

    えいむさん2021/12/02 15:12

    小松菜奈さん、門脇麦さん、成田凌さんの3人が出てるので観ました。

    いい絵がたくさん、撮れ高たくさん、素材は揃ってるのに、編集が今一歩なのかなぁ…という印象でした。

    3人の演技や演奏、ストーリーとか絵作り、展開とかはよかったです。
    とくに成田凌さん、いろんな表情があっていい。

    スタイリストが伊賀大介さんなんですね。
    衣装も、バンドやってる人達っぽくてよかったです。

    レオとハルの2人の女の子達は車の中ではタバコと酒で終始気だるい感じなんですが、ライブの歌は妙に明るく爽やかで、そのギャップについて一言くらい面白いセリフがあったら嬉しかったです。

  • 5.0

    楽しくない貧乏人の映画日記さん2021/12/02 05:48

    劇場で観て、良かったので、また観てみました。
    みょーに心に残る。
    門脇麦さんの透明感ある澄んだ歌声にも驚いた。
    小松菜奈さんとの歌声のハーモニーも癖になる。
    最後は、同じ監督の「どこまでもいこう」を連想しました。三人のスッキリした微笑みも良い!

  • 3.4

    Moeさん2021/12/01 19:00

    役者も自分の好きな人ばっかりで歌もいい。だけどちょっと途中飽きが来ちゃう映画かも、、
    特に山場とかなく平坦な印象だった。
    でも主演の③人が自分の好きな人たちだから見続けられたってのがある。あと音楽とかないシーンが多くてそこでちょっと気分が上がらなかったのがあるかも。けどやっぱり小松菜奈かわいい〜

  • 2.7

    nanabeeさん2021/11/30 15:11

    門脇さん小松さん歌上手いし個性のある声で路上ライブの時点でデビュー出来そうですけどね。
    恋愛を絡めないといけなかったのか、小松さんの才能に対する辛い感じと門脇さんの訳とファンの女の子達だけでも成立した気がする。
    ゴタゴタした結果スッキリしたからあのラスト?

  • 4.0

    Moominさん2021/11/30 02:51

    歌を歌うもののロードムービー

    女性二人と男一人 解散を決めた後の全国ツアーからお話しが始まる

    劇的なドラマ 恋愛がある訳ではない分
    歌が輝き過ぎていた それが狙いと言われれば何というか
    エンドロールであいみょんと秦基博の名前があり納得の3曲 どれも心に残る名曲となる
    歌の魅せ方、歌詞の引用、ライブハウスの空気感 これにはハマってしまうものがあった

    劇的なドラマがないというより、説明がほとんど排除されている珍しい日本作品
    説明チックではない分、想像力は働くので結構好きなお話だった
    比較するのもあれだけども、今作では成田凌が一番良い演技だったと思う

    付け加えると、名も背景も何も知らない歌を聴く観客のインサートのモンタージュが心に残る この作品を色付けた決定的な要素だったと思う

  • 3.0

    农さん2021/11/29 23:42

    みょんちゃんだからみた〜

    なんか普通だった!ビジュはずっと良い

    てか歌あんま良くなかったな、個人的に
    期待しすぎたのかなーー
    とりあえず私はハルレオ好きにならないとおもう笑

  • 3.3

    HirokoFujinoさん2021/11/29 17:16

    大学生とか多感な頃に見てたら違う何かを感じた気がするけど

    今見て思うのは、痛い…

    小松菜奈も門脇麦も好きやけど
    それでも見てられないなと思う、役の感じ


    邦ロック系の映画は
    どう頑張ってもなんかちょっとチープなんだよなあ

    圧倒的に良い音楽じゃないと見てられん

    ソラニン、彼女は嘘をなんとか〜、サヨナラまでの30分、は良い

  • 3.5

    あきぼっくりさん2021/11/29 09:38

    「さよならくちびる」と「誰にだって訳がある」の曲の感じと、門脇麦、小松菜奈の演技と歌、凄く不器用な3人の感じはまぁ良かったと思うけど、

    映画の構成とかシーンとかがチープな所が目立つかな。

    もったいない。

  • 3.3

    いとさん2021/11/29 01:28

    2人が美しすぎて口もきかない二人のヒリヒリ感がなくて、ひたすらにハルの肺が心配だった。

    音楽を創作する側へ回ったことがあったらもっと刺さったのかな…

    タレント役松本まりかの最悪な空気を作り出した張本人なのにキョトンとしてる、どこまでも空気読めない感じがとてもよかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました