お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

小さな恋のうた

G

届け。あなたに―――。

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

詳細情報

関連情報
製作 村松秀信:間宮登良松,町田修一,加太孝明,比嘉瑩,楮本昌裕,阿南雅浩,宮崎伸夫,久保田憲二,濱田健三,玻名城泰山,野崎真人,エグゼクティブプロデューサー 紀伊宗之:共同プロデューサー 飯田雅裕:企画プロデューサー 山城竹識:松本隆洋,プロデューサー 森井輝:小出真佐樹,アソシエイトプロデューサー 小杉宝:撮影 高木風太:照明 秋山恵二郎:録音 小松崎永行:美術 三浦真澄:装飾 小山大次郎:VFXプロデューサー 赤羽智史:衣装 小里幸子:ヘアメイク 佐野真知子:編集 西尾光男:音響効果 勝亦さくら:選曲 近藤隆史:音楽 宮内陽輔:劇中曲アレンジ 宮内陽輔:主題歌 MONGOL800「小さな恋のうた」(TISSUEFREAKRECORDS/HIGHWAVECO.,LTD.):スクリプター 増田千尋:キャスティング 緒方慶子:助監督 吉村昌晃:制作担当 伊波あゆみ:制作担当応援 櫻井紘史:アシスタントプロデューサー 木戸大地
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

小さな恋のうたの評価・レビュー

3.7
観た人
5766
観たい人
6683
  • 3.5

    塩さん2022/01/26 20:25

    佐野優斗がいい!!!
    なんだろう、、あのくだけた感じ
    演技演技してなくて、売れてる理由がわかる

    恋愛モノ一色かと思えば
    全くそうじゃなくて、沖縄とアメリカ軍基地、政治的な背景も含まれてた。

    ものが壊れる瞬間っていくら演技でも気持ちのいいものじゃない。ギターがバラバラになったときそう思いました。
    でも石橋杏奈ちゃんが感情剥き出しにして打ち明けてたシーンがかっこよかった💧

    ただ音楽が好きだって言う真っ直ぐな気持ち、亡くなった友達、お兄ちゃんの歌を届けようとする気持ち、分かり合えなくてすれ違う気持ち、、どの気持ちも純粋無垢で青春そのものに感じた〜

    割とよかったよ

  • 3.5

    ゆきはんさん2022/01/25 21:55

    青春バンド映画なので設定や内容が予想できてしまいましたあまり乗り気ではなく眺める程度に視聴(👈失礼🙇🏻‍♂️)
    沖縄を舞台にしているので基地問題というセンシティブな部分を絡めて人間模様を描くところも個人的にはそれほど刺さらずこれはダメかなと思って終盤から山田杏奈さんの輝きが増してきて目頭が熱くなるシーンなんかもありなんか青春っていいな!っていい映画でした!!
    山田杏奈さん今作で知りましたが最初は野暮ったい妹が出てきたー
    くらいでしたが最終的に惚れました!

    若手女優さんからも楽しみな人が出てきてまだまだ日本映画界も捨てたもんじゃないなと勝手に思いました。

  • 4.0

    らさん2022/01/25 01:51

    世界は変えられないかもしれないけど僕はこう思っています。こう感じています。変えられないかもしれないけどやっています。

    ベタかもしれないけれど、そこに悲痛な叫びや怒り、やるせなさがあり、音楽を通してたくさんの人たちに勇気や明日へのエールを届ける。
    バンドメンバーのとてもよい表情。
    森永悠希めちゃいい。

  • −−

    もさん2022/01/25 01:44

    流し見してたけど最後の方ガッツリみちゃったよね、
    私も高校時代にバンド組みたかった〜、こういうのなんか好きです

  • 4.4

    ライアンさん2022/01/24 18:03

    この歌を昔から聴いてたけどまたこうやってストーリー仕立てにして聴くと名曲でも違う名曲のように聴けるし泣ける。

    沖縄の米軍問題とか車轢き逃げとか良くあるけどそう言うのが一刻も無くなればみんな幸せやなって考える映画でした。

  • 3.5

    mmkさん2022/01/24 17:53

    序盤は青春映画のベタな展開だなあと思っていたけど、フェンス越しのSAYONARA DOLLからずっと、最後のシーンまで涙が止まらなかった。

    「勉強が出来るより、もっと凄いことをしてる。たくさんの人の心掴んでた」って叫びながら訴える山田杏奈ちゃんの演技に私は心を掴まれました。

    文化祭のときステージに飾ってる絵?がGO ON AS YOU AREのジャケ写っぽいのが胸熱。

  • 4.5

    Kさん2022/01/22 00:20

    2022年8本目

    予想よりもすごくよかった。序盤は、あーこんな感じかー…って思ってたけど、とりあえずめっちゃよかった。(語彙力)

  • −−

    秋さん2022/01/18 21:06

    山田杏奈さんの出演作なのでとりあえず視聴。
    最初は邦画あるあるな展開で畳み掛けてくるのでこんな感じなのか、またかと思いつつ。気付いたら後半はずっと泣いてました。高校時代バンドが流行ってモンパチもめっちゃ聴いてたし、劇中歌が流れると郷愁に誘われじーん。そこに物語が乗っかってさらに楽曲の良さが心に沁みた。希望に満ち溢れた若者が傷付きながらもただひたむきに前を向いていく姿、純粋に人を想う美しさ、たとえフィクションと言えど胸打たれました。

  • 3.1

    shioさん2022/01/18 11:30

    元々したかったバンドをもっとしたくなったし、青春したいなって思った
    妹ちゃんのふざけんなには泣いた
    良かった

  • 3.8

    ナさん2022/01/17 17:33

    山田杏奈のハモリ綺麗すぎて彼女の歌声聴けただけでも観て良かったと思っていたら演技も凄く良くて彼女を推す人たちの気持ちが分かった気がする。

    2019年の作品とは思えないくらい、映画全体の雰囲気の圧倒的平成初期感が強かったけどテーマと合ってて逆に良かった。

    ただ個人的に交通事故で人が死ぬ映画に対して、いわゆる「犬好きは映画の内容とは別ベクトルで作中で犬が死ぬか死なないかに敏感」現象と同じくらい敏感なのでややきつかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました