お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ガーンジー島の読書会の秘密

G
  • 字幕

ページをめくると、人生を輝かせる出会いが待っている。

1946年、終戦の歓びに沸くロンドン。作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。大戦中、英国で唯一ナチスドイツに占領されたチャネル諸島の一つであるガーンジー島では、読書会と創設者であるエリザベス(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)という女性の存在が彼らの支えだった。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが──。

詳細情報

原題
THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY
関連情報
プロデューサー:ポーラ・メイザー,ミッチェル・カプラン,グレアム・ブロードベント,ピーター・チャーニン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
フランス/イギリス
対応端末
公開開始日
2020-03-11 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

ガーンジー島の読書会の秘密の評価・レビュー

3.7
観た人
4055
観たい人
5457
  • 3.6

    Kieさん2021/06/24 12:03

    ナチス・ドイツ軍により制圧された島で生まれた変わった名前の読書会。その読書会のメンバーだけが知る秘密に作家が迫るストーリー。
    タイプライターに向かうリリージェームズが美しすぎるので目の保養にも…🤍

  • 3.8

    piyo96samboさん2021/06/23 16:27

    リリー・ジェームズ相変わらずきれいかわいい
    ドーシー役のひとめっちゃかっこいい

    ストーリーはよかったと思う

    トータル良質な映画

  • 3.5

    Mikuさん2021/06/23 15:25

    最近映画を観ていなかったなと思い、ずっとウォッチリストにいれていたこちらを鑑賞映画🎬

    なんとなく先はよめるような内容だったけれど、戦争は前にも先にも何も残さない無意味なものだなと…ただ今回のお話は戦争がなかったら出会わなかったし何も起こらなかったお話だから、これもまた運命っていうものもあるんだなあ、と

  • 4.2

    真空桜さん2021/06/22 02:37

    本が人を魅了する力


    ロミオとジュリエットを彷彿とさせる物語。
    人と人との関係性、舞台の島の街並みや風景、とても美しくて癒される。

    邦題は、原題の'The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society"を素直に訳してほしかった。ミステリーか何かかと思ってしまっていたから蓋を開けてびっくりしました。

    舞台となっているガーンジー島はフランスよりに位置するこの島の風景が本当に美しかった。
    死ぬまでに行きたいと強く感じた。

    話の流れは別として結末は予想してた通り。
    分かってしまっていたが、喜び泣けた。
    やっぱりこうでなくては。

  • −−

    mashakoさん2021/06/21 11:56

    リリー・ジェームズがかわいい。(シンデレラも可愛かった)ガーンジー島の風景が良かった。ストーリー的にはそれほど。

  • 3.8

    ひできんぐさん2021/06/20 20:59

    Amazonプライムビデオ。無料配信。字幕。なかなかいい映画だ。

    第2次世界大戦中にドイツ占領下にあったガーンジー島で行われた読書会をめぐるミステリー。
    読書会に魅せられた作家を『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のミキール・ハースマン、『ニューヨーク 冬物語』のジェシカ・ブラウン・フィンドレイ。

    1946年のロンドン。作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は一冊の本をきっかけに、チャンネル諸島のガーンジー島の住民と手紙を交わし始める。
    ドイツ占領下にあった第2次世界大戦中、島ではエリザベスという女性が発案した読書会がひそかに行われ、島民たちの心を支えていた。
    本が人と人の心をつないだことに感銘を受けたジュリエットは、取材のため島を訪れる。

  • 2.8

    Uzurakohさん2021/06/20 17:49

    自分を偽る事の象徴が小説だった。
    真実の小説を語る事で自分らしさに出会える。というあくまでもラブストーリー。

  • 3.6

    すままるさん2021/06/20 17:36

    主人公は会ったこともない人と手紙で心が通じていると感じる。そこまでとは言わないが出会ってからの年数とか関係なく付き合いが深く感じる人と出会った経験は自分もある。

    主人公は島でどうしても興味惹かれる人々の謎に迫っていく。こんな人嫌われると思うんだけど。これがどこか通じてる人だから成り立つとどこか見ている方も感じるから見てられるんだろうな。
    少しずつ解かれていく謎と真実。急がずゆっくりと進む展開。とても見やすく感情も置き去りにされなくて楽しめた。
    世代関係なく仲が良い光景が特に心に残る作品だったなぁ。

  • −−

    Rさん2021/06/20 16:07

    島の景色がとても美しく撮られていて癒される。

    主人公は周りを振り回すタイプなのでちょっと苦手だったけどハッピーエンドで良かった。

  • 4.3

    hedgehogさん2021/06/20 14:17

    予備知識もなく期待もしていなかったのにこの様に素敵な作品に出会えた事の幸せ、と言うのがこの作品でした。

    リリー·ジェームズ可愛い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す