お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール

G
  • 字幕

全世界1,500万枚を売り上げた名曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」その誕生の秘密が明らかに!

イタリア・トスカーナ地方の小さな村。幼いころから弱視に悩まされながらも、アモスは明るく過ごしていた。しかし、12歳になった頃、幼い少年はついに失明する。両親を困らせるがそんな彼を見かねた叔父が、元々歌のうまかったアモスを音楽学校に連れて行く。するとそのあまりに美しい歌声が評価され、コンテストで見事最優秀賞を受賞する。大人になったアモス(セバスチャン)は、大学に進んだ後、ある夜、バーでの生演奏のバイト中に、客からのリクエストで久々に人前で歌声を披露。その姿に感激した友人の勧めで、数々の有名オペラ歌手を育てた、スペイン人の歌唱指導者・マエストロ(バンデラス)を紹介される。改めて、歌手の道を目指すことを決意したアモスは、仕事と生活のはざまで、重要な決断を迫られることになる・・・。

詳細情報

原題
The music of silence
音声言語
イタリア語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
イタリア
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノールの評価・レビュー

3.7
観た人
197
観たい人
563
  • 4.0

    ayaさん2020/05/20 12:31

    演奏会のビラの中に入っていて、あの
    大人気ボチェッリ
    の生い立ちは知っておかないとと思い鑑賞。

    エンドロールすごく感動した。
    彼の努力、周りの支えすべて蘇り、鳥肌。

    音楽は人を幸せにし、心を豊かにする。

  • 3.4

    のりんぽさん2020/05/12 20:02

    Filmarks40本目は世界で一番好きな歌手、アンドレアボチェッリを。

    オランダに留学してたころ、TVから聞こえてきたものすごい歌声。
    びっくりして画面を見ると髭もじゃもじゃで直立不動で歌ってる男性が。随分大きい人に見えて目は閉じている。
    ホストファーザーが「彼の名前はアンドレアボチェッリ。イタリアの盲目の歌手だよ。」と教えてくれました。
    その日からアンドレアのファンになり、CDを買いまくり、日本に帰ってからもずっと聞いてて、10数年前武道館で一夜限りのコンサートをしたときも行き、自叙伝も買って読み…
    とまあかなり詳しくなってるんです😅

    映画も期待して観たんだけど、ほとんど知ってる内容だった。
    生い立ちから成功するまでの話がほとんどで、成功してからの事は5分位⁉️
    知ってるだけに長く感じた。
    個人的には成功してからの事や奥さんとの事ももっと掘り下げて欲しかったかな。

    アンドレアは映画で出てきたエレナという女性と結婚して2人の息子がいるけど、後に離婚している。
    その後ヴェロニカという年の離れた女性と12年付き合って5~6年前に再婚してます。そして2人の間にはヴァージニアという女の子が生まれてて。
    (交際10年目位でまだ結婚してない段階で子供を産んでいるので、その辺りの感覚は日本人と違う)
    映画の最初と最後に愛するヴェロニカへと言ってるけど、これは再婚相手の事なんですね~。
    そしてラストで何枚かアンドレアと女性の写真が出てくるけど、これは映画の中のエレナではなくてヴェロニカなんですね。ちょっと誤解されるような構成になってると思った。
    どうしてエレナと離婚したのか、ヴェロニカとのなれそめはなんだったのかは知らなくて、その辺りが少し分かるかな~と思ったけど、全然触れてなかった。

    歌声はアンドレアの吹き替えになっていたので概ね満足だけど、最後のcon te partiro(君と旅立とう)はもっと上手に歌ってるのあるだろ~、とちょっと納得いかない。
    演じた俳優さんはかなりアンドレアに似ていたのでそれは良かった✨
    でも何故に英語?全部イタリア語にするべきでしょう。

    アンドレアの事を語り出すとキリがないので、まあファンの戯れ言という事でお許し下さい。

  • 3.9

    snoooopyさん2020/05/11 20:08

    アンドレア・ボチェッリ誕生の実話


    先天性緑内障をもって生まれたボチェッリ
    少しは見えてたが
    だんだんと目が見えなくなる

    「Help mum! Where is the sun!!!!」
    震えた台詞だった。


    優しい家族、おじさん、
    恋人、恩師に囲まれて
    生まれもった才能の声を開花させた

    見終わった後に
    YouTubeでサラブライトマンとの
    ♪time to say goodbye を聞いたら
    震えました。笑

  • 3.9

    こにしさん2020/05/07 22:52

    やっぱ、音楽っていいなぁ。
    人生何が起こるか分からないね。努力を続けていれば、報われるわけじゃないけど、努力を続けておかないと報われないんだろう。

  • 3.7

    Rebelさん2020/05/02 15:26

    盲目のオペラ歌手の成功体験云々より彼を献身的に支える周囲の人々の愛の方に拍手を送りたい。

    ただ、なぜに全編英語?

    2020.83

  • 4.0

    コルレオーネさん2020/04/27 21:08

    アンドレア・ボチェッリ歌は聴いていたがこんな人だとは思わなかった。愛につつまれた家族に包まれ
    ハンデを当たりまえの事ととらえ、進むべきに進んでいった天才。観終わった後の余韻がなんとも幸せだった。

  • 2.5

    Pandaさん2020/04/27 10:44

    実在するアンドレアボッチェリさんの実話のお話!
    運命がというか音楽が彼を導いたような。。
    ずっと側にいた奥さんも(実際の方も)とても綺麗だし本当に素敵なご夫婦だと思う🥺
    オペラ歌手とかそういった音楽はぜんぜん詳しく無いけど、
    こういう人の努力や歌声の力って凄いんだなって思った🥺

  • 3.3

    リリーさん2020/04/21 22:35

    美声〜
    盲目だったなんてなぁ
    映画としては特別あれだけど、実話なので。
    うんうん、なるほど、という感じ。

  • 4.7

    みーたんさん2020/04/21 00:20

    20年ぐらい前かな…彼の存在を知った。歌声が素晴らしすぎて魅了された。
    まさか盲目だったなんて…!


    なので、ずっと観たかった一作。
    成功の後の事は本当にちょっとしか描かれてないけれど、それまでしっかりと半生が描かれていたのがこの映画の良い所だと思う。本編とエンドロールの中間の写真を交えての映像が成功の全てを物語っているから…



    盲学校に入れられてしまったシーンは切なく悲しかった。あんなに沢山目の見えない子がいるのかと思うと苦しくて切なかった…五体満足の有り難さを改めて思い知る。

    挫折を味わいながらもアモスは頑張った。
    目が見えなくて、努力すれば夢は叶う…もちろん周りのサポートがあってこそ。
    裕福な両親をはじめに、親友、エレナ、マエストロ…そして特に叔父さん!彼が居なかったから大学も卒業出来てないし、テノール歌手にもなれていないだろう…。

    マエストロが月を眺めながらも、眺める家々がみんなアモスのチャンネルを観てるシーンはとても良かった!!



    周りの人達に愛された彼の歌声は、今も世界を魅了して止まない。


  • 3.4

    MACOさん2020/04/12 22:21

    世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリが自らの激動の半生を綴った自伝的小説を、「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード監督のメガホンで映画化。

    イタリア、トスカーナ地方の小さな村。
    眼球に血液異常を持って生まれたアモスは幼い頃から弱視に悩まされながらも明るく過ごしていた。

    6歳でピアノを始め音楽の道に進むが12歳の時にサッカーボールを頭に受け脳内出血を起こしたことで先天性緑内障が悪化して失明。

    不自由な暮らしに鬱憤を抑えきれず両親を困らせてばかりのアモスを見かねた叔父が歌が上手なアモスを音楽学校へ連れていく。

    アモスの美しい歌声は高く評価されコンテストで見事優勝を果たすが変声期をきっかけに歌手の道を諦め親友とともに弁護士を目指すように。

    やがて多くの有名オペラ歌手を育てたスペイン人の歌唱指導者マエストロとの出会いがアモスの人生を一変させる。

    劇中のアモスの歌唱シーンは全てボチェッリ本人が吹き替えを担当しているだけあって歌のシーンは素晴らしかったです😌

    でも欲を言えばもっと歌うシーンが多くても良かったと思う。

    後半トラブルに巻き込まれもう駄目なのかな?って諦めかけた頃に幸運な知らせ💬

    奥さんがとても理解のある人。

    アモスのテノールが脳裏に焼き付いて離れないけど劇場へ行って聴ける程のレベルの高さ。
    もう少し歌の部分が多いと良かったからスコア低めだけど良い歌を聴けて良かった😊

    勿論周りの家族やら親友の協力もあるけれど、これはアモスが生まれ持った才能なのか。
    例え目が見えなくても出来る事はあると映画を通して教えられた気がしました🍀

    そして偶然にも彼のソロ・コンサートが復活祭の4月12日にYouTubeで世界同時生配信されます!
    パフォーマンスがスタートする日時はイタリア時間4月12日午後7時。
    日本では13日午前2時。

    コンサートのタイトルは「Music For Hope(希望のための音楽)」で、新型コロナウイルスで大きな打撃を受けている人たちに、愛と希望のメッセージを届けるために無観客で開催されます。
    下記のリンクから聴けるようになっていますので、お時間のある方は是非お聴き下さい♪

    https://youtu.be/huTUOek4LgU

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す