お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

G
  • 字幕

ピカソも驚嘆の実話!愛娘のために33年かけたった一人で築いた奇想の宮殿

19世紀末、フランス南東部の村オートリ―ヴ。日々、村から村へと手紙を配り歩く郵便配達員シュヴァルは、新しい配達先で未亡人フィロメーヌと運命の出会いを果たす。結婚したふたりの間には娘が誕生したが、寡黙で人付き合いの苦手な彼は、その幼い生命とどう接したらいいのか戸惑っていた。ある日、配達の途中で石につまずいた彼は、その石の奇妙な形に心奪われ、石を積み上げて壮大な宮殿を作り上げるという奇想天外な挑戦を思いつく。そしてそれは同時に、不器用な彼なりの、娘アリスへの愛情表現でもあった。村人たちに変人扱いを受けながらも、作りかけの宮殿を遊び場に育っていくアリスとともに、シュヴァルの幸せな生活は続いて行くかに見えた。しかし、過酷な運命が容赦なく彼に襲い掛かるのであった…。

詳細情報

原題
L’Incroyable histoire du Facteur Cheval
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
フランス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢の評価・レビュー

3.9
観た人
693
観たい人
2926
  • 3.7

    あぶをさん2020/07/01 15:56

    人は歩みを止めたときに死ぬのかもしれない。

    地球何周分(不確か)かの距離を歩いて郵便配達をするコミュ症のおじさんが手先が器用なだけで建築知識が何もない中で宮殿を創り上げた実話を基にした映画。

    この頑固なおじさんはほとんど話さないし笑わないけども、好きなものは好きで一直線。昼間は働き帰り道に石を拾い、夜間に建築作業をする生活。

    映画では娘のためとあるが、それは多分演出でその真相は定かではない。

    車もない時代に、歩き続けて石を拾い黙々と創り上げる姿は当時だと余計に異様な光景だったとおもう。

    それでもおじさんは、足を踏み入れたことのない他国の遺跡を参考に見よう見まねでオリジナルの宮殿を33年、9万3000時間をかけて創建。後に、世界で唯一の素朴派の建築物として歴史的記念物に指定される。


    死ぬまでには一回観てみたい宮殿。

    好きこそ物の手なれとは言ったもんだが
    好きなものがある、好きな人がいるとか
    好きという気持ちにはとてつもない強さが込められてると思います。

    好き。という気持ちだけで、
    人は前を向き、頑張る事ができる。

    このおじさんをひたすら観ていたら再度それを感じる事ができた。

    それにこの時代にしては、だいぶ長生きしているので、やっぱり、人は歩き続ける事が健康への一番近道だと思います。

    身体的にも、精神的にも、
    人は歩み続けることが生きるということなのだろう。

    つまりは、僕は既に死んでいます。
    おじさん、ありがとう。

  • 3.2

    むーちゃんさん2020/06/25 08:38

    お家で映画鑑賞🎵

    1879~1912年の33年もの歳月をかけ、ある男がひとりで完成させた“シュヴァルの理想宮”。今では年間17万5000人も訪れる観光スポットになった究極の宮殿の誕生秘話を映画化~🐽💨生まれた娘のためにひたすら石を積み上げる不器用な父親の姿が印象的だったな、これ~父の日にお薦めだよこの作品😭😭😭😭
    .

  • 5.0

    イチゴ嫌いさん2020/06/22 18:23

    「シュヴァルの理想宮」を観てきた❣️
    この冬ここに行きたくてインスタで皆さまに色々伺ったけどスト中のパリから行くのはやはり難しいと断念…NYとなり其れはそれで楽しかったから結果おーらい✈️ LINEで友達に話したら短期滞在中にひとりで(恐らくバス🚌)何とか観てきたらしい…リヨンからも大分あるのに…強者である(初めての海外も彼女とだったなぁ…) さて映画🎥
    非常によかった
    画面から伝わる空気色匂い音
    アンコールワットの記事を目にして路肩に落ちている変わった形の石を集めてたったひとりで理想とする宮を作り上げてしまった郵便局員の物語が彼のリアルな人生と共に時間を刻んでゆく
    無口で人との関わりの苦手な彼が娘が生まれその成長につれ娘への愛情と共に言葉数が増えて行く様が印象的
    もう少し長く…カットされた編も観たかった🎞

  • 3.6

    ビッグゴッドさん2020/06/21 23:16

    2020 55本目

    何とも不器用で寡黙な男なのであろうか。

    33年もの年月をかけ郵便配達の仕事を終え、毎日約10時間愛する娘のために宮殿を作るとは。

    不器用だが深い愛を感じた。
    そして実話だったとは…。

  • 4.7

    Rebelさん2020/06/21 21:12

    これは思わぬ掘り出し物だった。

    鑑賞中、つい先日観たブリー・ラーソンの『ガラスの城の約束』が頭を過った。

    父から娘へ贈る手作りの宮殿。

    シュヴァルが石を1つ1つ積み上げるごとに、家族との日々がゆっくりと流れていく描写は本当に丁寧で温かく、ネタバレになるので、あまり言えないが、父から息子へ、娘へ、そして孫へ一筋の大河の流れのように紡がれていく。

    2020.119

  • 3.5

    lalaさん2020/06/20 23:20

    無口で不器用な男が愛娘のため33年間かけて作った"おとぎの国の宮殿"について描いた実話。

    セリフは少ないが、役者の演技とフランスの自然を映す美しい映像が愛情の尊さを訴えかけてくる。愛や哀しみといった深い感情が芸術へ昇華される様子がとても感動的だった!

    ほとんどのシーンが実物の宮殿で撮影されているというのにも驚き!

  • −−

    jasperさん2020/06/19 22:06

    この寡黙なデイ ドリーム ビリーバーのDVDをTSUTAYAで見つけて即、手にとった人は少なくないと思います。
    日々空想しながら歩いた田舎道。運命が導く出会い。執拗なまでのエネルギーを増幅させていく。真のアーティスト。

    ネオンで飾る観光地にはしないでください(勝手な願望)

  • 3.9

    かずろーさん2020/06/16 03:08

    この建築物の事は知っていたけど、人を知ればやはり現物を観たくなる。

    愛とはなんだろうか。
    見えるものか?
    触れるものだろうか?
    それとも感じるものか?
    体の中に確実にあるそれは人を突き動かすものである事は確かだ。

    この映画で彼を知れるのかどうかはわからないが、少なくともあの建築物を観る目は変わると思う。

  • 4.3

    かいわれさん2020/06/16 00:06

    人生の教科書のような名作

    男は不器用で頑固なほうがいい
    ただ理解してくれる相棒が必要

    衣装がお見事!

    歩きながら夢を見る

  • 4.0

    ラストシアターさん2020/06/15 16:39

    フランスの田舎町の

    郵便配達人のシュヴァル

    彼は愛する娘アリスのために

    たった一人で

    宮殿を建てることを誓った

    寡黙なシュヴァルが33年かけて

    宮殿を建て続ける

    しかし、それ以上に

    彼は悲しみ苦しんだ

    シュヴァルの家族や村の人々が

    優しく温かい

    素敵な作品に出逢った

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す