お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

記憶にございません!

G

この男に任せて大丈夫か。

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく……。

詳細情報

関連情報
音楽:荻野清子
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-29 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

記憶にございません!の評価・レビュー

3.7
観た人
25003
観たい人
24827
  • 4.4

    りりこさん2020/08/07 21:47

    小池栄子にディーンフジオカ、石田ゆり子のキャスティングが絶妙。今日本でコメディをやれるのは中井貴一だけと再度確信。エンドロールにひっそり「監督三谷幸喜」の名前が紛れ込むあたりに挟持を感じた。人生やり直したら、もう少しまともな生き方ができるかなって思うよねー。

  • 3.7

    roshさん2020/08/07 19:50

    映画が公開されたときの大量宣伝で期待が高かったが、三谷作品としては平均的な出来か。題名のインパクトと、キャスティングの豪華さは文句なし。個人的には、もう少しリアリティのある中でウィットに富んだコメディだったら、もっと良かったのになぁ、という感じ。

  • 3.4

    soraさん2020/08/07 18:48

    三谷監督らしい作品だね。
    ありえねぇーと思いながらも笑ったりしてたんだけど、途中から失速。
    でも、きれいにまとめあげたなぁと思う。
    天海祐希出てたなんて気づかなかった。どのシーンだろ?

  • 3.5

    みやりさん2020/08/07 16:04

    特別面白いという感じもしなかったけどつまらなくもなかった。まとまってた。

    記憶なくしたり、入れ替わったりして別の自分になって上手くいく話はよくある。フェイスオフとか菅田将暉が総理大臣になるドラマとか思い出した。

    最後の実は記憶が、ってオチの部分が良かったかな。

  • 3.8

    MayumiIさん2020/08/07 12:36

    史上最悪の総理大臣 黒田(中井貴一)は石を投げられて記憶を失なう。
    秘書官の井坂(ディーン・フジオカ)と番場(小池栄子)に支えられ、記憶喪失の事実を隠して総理の職務を続けることにするのだが…。

    相変わらず、ニヤリとさせられる。
    キャストのキャラも立っていて良かった。(特に木村佳乃とか)

    ただ、史上最悪の総理から理想の総理へと改心するところが薄いし、ハッピーエンドありきだよなあと思ってしまった。
    そのため、ひとつずつのキャラは楽しめても、ストーリーに入り込めず。

    題材として面白いし、役者さんたちも上手なので、残念な気がした。

  • 3.2

    Julietさん2020/08/07 10:35

    ちょっと、
    退屈な場面もあったけど

    まとまってて、ラストまで、
    いい映画だった~❗️

    中井貴一が、
    ヤクザのように

    うるせえなぁー、
    記憶にねえんだよ❗️記憶に❗️
    と、切れるシーン
    たまらんね😂😂😂❗️

  • 4.0

    フクイヒロシさん2020/08/07 00:03

    この映画では理想の政治が描かれている。

    そうすると自動的に現政権批判になっちゃう。。。
    理想の政治を描くと現政権批判になるという現実がホラー。

    ホラー映画ならこの現実に太刀打ちできない。
    現実がホラーだから。

    でもこの映画はコメディ。
    コメディには可能性がある。



    もっともっとぬるい映画かと思っていましたけど
    意外と攻めてるなぁという感想です。



    **


    あ、この映画は日本ではなく、どこかのある国、って設定です。



    **


    しかし、
    この映画を現政権批判だと思わない人も、たぶんいる。んでしょうね。


    それが、日本の政治エンタメ映画の限界点。
    あこらさまに現政権批判するエンタメ政治映画は日本では難しい。

    この映画が今の政治エンタメ映画のギリギリ。
    これは三谷幸喜でしか作れなかった。

    結構ギリギリをやってますよ。


    ほかの作家ではこんな大ヒット政治コメディ映画は撮れませんから。


    これが日本の限界点だと知る意味でも見る価値あります。




    **



    記憶がなくなる=政治的なしがらみがなくなって正しい政治ができるようになる

    というのがこの映画のシステム。


    でも。ラストにある仕掛けが。。


    **


    史上最悪のダメ総理。

    そして、自由な総理夫人。


    っていう設定に、
    リアルの方がどうしても頭に浮かんでしまって観てるだけで思い出して不快。

    (でも映画の総理は語学が堪能という設定。
    英語フランス語ドイツ語ルワンダ語が話せる頭脳と学力と努力することと社会性と世界に向けた視線を持っている。
    しかも、ゴルフの腕はプロ並みという設定。てこととはやはり努力する力を持っている。
    努力することで成果が得られることを知っている人は、他人の努力の成果を踏みにじることができない。
    映画の中の総理はだいぶマシ。)



    こんなにも不快な存在をコメディ映画にするのはかなりハードルが高い。





    **


    やはり三谷幸喜はセリフが上手いですね。

    「いつからそんな薄っぺらいヒューマニズムを口にするようになった。
    いいかね、アメリカと友好関係を続けることで多くの大企業が潤うんだよ。
    万人に愛されようなんて思ってんじゃねえよ。」
    byこの映画の1番の悪役(草刈正雄)


    短いセリフでも情報量が多いし、語尾でその人間性や相手との関係性を説明している。


    **


    スターがたくさん出てるんで
    いちいち脇役レベルの役でもちゃんと顔を映さなきゃいけないんよね。

    ひとりひとりの自己紹介が丁寧過ぎて
    テンポが悪くなる。



    **


    長回しが多いなぁ。
    しかもあまり意味がない。

    映画の場合は長回しに意味が欲しい。

    長回しには緊張感が生まれる。
    大したことのないシークエンスでも緊張感が生まれる。

    しかも長回しの場合、そのシークエンスのポイントが絞られず散漫になる。


    たぶん三谷幸喜はカットを切るのが苦手。
    舞台の人だから?

    カット割ってポンポン進んで欲しいとこで緩やかに長回しになるからテンポが鈍くなる。


    **



    「記憶をなくした総理大臣だからこそできることがあると思います。
    背負ってきたものをなかなかおろせない。
    でもあなたにはできる。
    世間体やプライドもあなたには関係ない。」

    と秘書の小池栄子。



    記憶なくしても世間体やプライドは関係あるだろう、と思うけど、、これがこの映画のシステム。



    **


    中井貴一と木村佳乃のコメディ演技はさすが一流!
    何回も笑った。

    特に木村佳乃は普通に喋ってるだけなのに可笑しい。。


    **


    この映画の1番の悪役である草刈正雄のセリフ

    「少しでも長くこの世界にいる。
    これが私のモチベーションだ。
    悪いかね。
    今我が国の政治は正しく機能している。
    健全じゃないか。
    実に良い。
    この国の国民は変化を好まない。
    大事なのは平穏であることよ。」

    悪役がこの台詞をいうってことは、これは悪いことだということ。

    どう考えても現政権批判のセリフだけど、

    これを現政権批判だと思わない人も当然いるんよね。。



    実際、この映画をある国の首相が観た後に三谷幸喜と握手してたんですよ。
    ヘラヘラ笑いながら。
    内容が理解できてたら握手なんてできませんよ。。



    **



    そして
    その悪役(草刈正雄)が
    総理が記憶喪失だということに気付いてからが第三幕。

    さてさてどうなりますやら。



    ネタバレはコメント欄に〜♪



  • 4.3

    RinaKitauraさん2020/08/06 23:33

    久しぶりにとても楽しい映画に出会いました。
    ぜひ続編を作って欲しいと感じる日本映画のひとつに追加されました。

    ストーリー展開も終わり方も日本らしさが強く出ていて、日本映画として誇りに思える内容でした。

    そして三谷幸喜の作品の中でいつもキーパーソンを演じている佐藤浩一はここでも素晴らしい存在感を発揮しています。

    三谷幸喜の作品は常に大人の世界観で色々なドラマが繰り広げられるので他とは違った面白さを感じるんだと思います。

    続編みたいです。

  • 3.7

    よしおさん2020/08/06 21:14

    "支持率2.3%"の総理大臣が記憶をなくしたお話😇

    史上最悪のダメ総理が真っ黒な記憶も全てリセットされたことで、悪いことが一切できない"いい意味での"ダメな総理になっちゃいます

    政治家のあくどい部分を皮肉りつつも、全てを笑いに変えてしまう雰囲気、楽しかった✨

    現実はこんな単純じゃないし、一筋縄ではいかないことしかないと思うけど、こんな総理大臣やアメリカ大統領いたら夢があっていいよね✨

  • 3.8

    さきいかさん2020/08/06 19:48

    大爆笑した。とにかく有働さんが分からなくて最後のキャスト紹介でビビった笑

    こんな総理がいてくれたらいいのにね

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る