お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

1917 命をかけた伝令

G
  • 吹替
  • 字幕

驚愕の全編ワンカット映像によるほんの一瞬先すらも予測できない緊張感、常に主人公のそばにいるかのような臨場感〈命がけの壮絶なミッション〉に同行せよ

第一次世界大戦真っ只中の1917年のある朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクにひとつの重要な任務が命じられる。それは一触即発の最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること。この伝令が間に合わなければ味方兵士全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになる――。刻々とタイムリミットが迫る中、2人の危険かつ困難なミッションが始まる・・・。

詳細情報

原題
1917
関連情報
プロデューサー:サム・メンデス,ピッパ・ハリス,カラム・マクドゥガル,ブライアン・オリバー,ジェイン=アン・テングレン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-07-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

1917 命をかけた伝令の評価・レビュー

4
観た人
57538
観たい人
50757
  • 5.0

    hasegawafumikaさん2021/05/17 01:29

    カメラワークも凄かったけど、
    まずこのサントラ作曲したの誰ってすぐ調べたら007のニューマンが作ってた
    天才

  • 4.0

    けいさん2021/05/17 00:56

    1917年、第一次世界大戦真っ只中。
    若いイギリス人兵士の2人は重要な
    伝令の任務を任される。
    とにかくカメラワークがえぐい。
    前半はほぼ前に進むシーンなのに
    景色、緊張感、残酷感が伝わってくる。
    ほんとにすごい。見入ってしまう。
    結構強烈な映画なのに美しかった。
    まさに命をかけた伝令だった。

  • 4.0

    3310さん2021/05/17 00:37

    現実ではこうはいかないだろうなというところがあってフィクションだなとは思いつつ、ワンカットで主人公たちを追っていくせいかやたらとリアルに感じられた。
    戦争映画に馴染みはなかったけど見てよかったと思う。

  • 3.9

    シュスケさん2021/05/16 23:34

    ほんとにワンカットにみえる戦争映画ってすごいなと思った

    銃持ってるとは言え走るの遅いよなぁ,,,笑

  • 4.5

    tさん2021/05/16 22:48

    カメラワークに注目して見てほしい。特に伝令を受け取ったあとがすごい。
    見ればポスターにある、「走れ」の意味がわかる。

  • 4.2

    kichikuさん2021/05/16 21:31

    エグい。
    ワンカットでこんな表現の仕方があるんだと
    思った映画。

    過酷さとか、臨場感、緊迫感が凄い伝わってくる。

    あんまり言葉では表せられない感じの映画だけど、迫力あって映画館で見てよかったって思う。

    ほんとにタイトルの『命をかけた伝令』が
    めちゃくちゃ合ってる。

    映画好きならコレわかってくれませんかねw

  • 4.6

    kaitoさん2021/05/16 15:04

    一緒に戦地にいるかのような臨場感、緊張感

    ワンカット風?カメラワークが凄い
    映画館で観れば良かったなああ

    めちゃくちゃ泣いた
    森で兵士が歌ってる所めっちゃ良かった
    もう感想も細かく言えないくらい、見入ってあっという間の2時間でした

  • 3.6

    しげさん2021/05/16 14:49

    だいぶ遅ればせながら…視聴😅

    WWIの真っ只中、1600名の仲間の命を
    救うため、最前線を駆け抜けた伝令兵の
    物語🎬

    アカデミー賞(撮影、視覚効果、録音)受賞。

    全編ワンカット(風)に撮影されている事が最大の
    見どころ⤴︎
    観ている最中に「これ、どうやって撮影してるの?」
    って驚くほどに、映像や音響や、言葉少ない兵士たちの
    やり取りからリアルすぎる戦場を体感できます💥

    オープンセットの配置も含め、多分…
    ものすごく緻密な計算をし尽くし…
    試行錯誤を繰り返し…
    画面の端っこにちょっとしか写ってない端役の役者も
    含めて、何回も綿密なリハーサルをしたんだろうな~


    って、観てる最中に気になってしまったところ…が、
    私の敗因でした😅w


    全編「ワンカット風」のカメラ廻しが無意識に
    気になってしまった?…いや
    正直言って、気を取られてしまいました😅

    なんか気になっちゃったんですよね💦
    時間の進み方がとても短く感じるところとか…
    …たった一日の物語なのは分かってますがw


    多分この映画は…
    ストーリー性や戦争に対する感情への訴求よりも
    全編「ワンカット風」のカメラ廻しからの
    映像や音響の素晴らしさを鑑賞する映画🎞

    なんだね~って感じでした😅w

  • 4.0

    takumiさん2021/05/16 14:27

    物語にのめり込んで見た。
    長回しに見える映像のため、同じ空間・時間を共有しているような体験をすることができた。途中から頭の片隅で、いつカットされるだろうと常に考えざるを得なくなったから、ちょっとやり過ぎな気もするけど。
    何気ない会話が、後になって物語の進行に作用したり、細部まで作り込まれているとも感じた。

  • 5.0

    LeShinjiさん2021/05/16 11:02

    去年劇場で観たはずなのに、もうストーリーを思い出せない……
    とはいえ、執念ともいえる撮影技術と第一次世界大戦の塹壕戦がどのようなものかを知るためだけでも一見価値ありの作品です。
    主人公と相方が自陣の塹壕から出てゆくシークエンスや、敵機墜落や納屋のシークエンスのことが強く印象に残っています。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す