お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

サヨナラまでの30分

G

“サヨナラ”がくれた僕たちの“はじまり”の物語

「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——

詳細情報

関連情報
プロデューサー:内澤崇仁(androp),安井輝
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-09-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

サヨナラまでの30分の評価・レビュー

3.9
観た人
5809
観たい人
9744
  • 3.8

    mapinさん2021/06/22 17:09

    猫を聴いてからこんなに歌が上手いのかと驚いた北村くん。それから北村くんが出てるドラマとか見だした今日この頃。

    ストーリーは切ないけど生きた証、これからそれを背負って生きていく決意を感じた。最後のフェスのシーンだったり途中北村くんがピアノ弾きながら歌うとこ良かったなぁー。
    とりあえず北村くんも真剣佑も歌上手いねーてこと。

  • 2.8

    redさん2021/06/19 16:55

    カセットテープに残された記録(=記憶)が死者を蘇らせたという設定は新しいし、小道具としてのカセットプレーヤーも効果的だった。磁気テープには上書きされても記録が残ってるというくだりは?だったけどファンタジーとしては許容範囲内。
    とにかく、主演二人が実際に歌えていたのがバンドをテーマにした作品として説得力あって良かった。

  • 4.1

    やまもつやまたさん2021/06/18 23:39


    入れ替わるにはカセットテープをまわす
    けれどカセットテープを回すことで、
    今までの記録が上書きされてしまう。

    けれどカセットテープは、上書きされても記録は消えず、複層的に深みを増していくものであり、
    それは人の心と同じなのではないか。


    みんなの心の中にいるアキは消えることなく、むしろ強固な鍵となり、みんなの心の扉を開いていく感じ(?)


    また序盤のから終盤に向けて、曲の中にそうた視点が感じられ、最後はもう2人の曲なる感じも、
    アキは消えたんじゃないことを表してる気がした。



    とりあえず顔面偏差値高すぎて、もう3回見た

  • 4.2

    かめさんさん2021/06/18 19:57

    「東京喰種 トーキョーグール」の萩原健太郎監督作品。「ちはやふる」の新田真剣佑、バンド「DISH//」ても活躍する「君の膵臓をたべたい」の北村匠海主演映画。

    『カノジョは嘘を愛しすぎてる』以来のヒットですがな。北村匠海は歌上手いね。当たり前か*\(^o^)/*

    バンド「ECHOLL」がメジャーデビューを目前に解散してから1年後、メンバーたちの前に突然見知らぬ大学生の颯太が現れた。バンド再結成をメンバーに迫る颯太の中身は、なんと1年前に死んだボーカルのアキだった。颯太が偶然拾ったカセットテープを再生する30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わり、1つの体を共有していく。人づきあいが苦手な颯太もアキや仲間たちと音楽を奏でる楽しさを知り、次第に打ち解けていくがアキの恋人カナだけはバンドに戻ってくることはなかった。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとするが、アキと颯太の入れ替われる時間はだんだん短くなっていく

  • 3.2

    べりすさん2021/06/14 21:25

    イケメンだから成立してる話ーww

    バンドもの好きだから見たかった。
    想像を超える展開はなかったけど、なんか切なかったな。
    亡くなってしまったメンバーを想う気持ちはそもそも計り知れないし、家族でも恋人でもなくても、メンバーってそれをときに上回る存在だと思うから。

    だからこそ切なかったなぁ。

  • 2.7

    lovynさん2021/06/14 21:21

    カセットテープを再生したら30分だけ昔の持ち主と心が入れ替わるファンタジー青春バンド物語。
    良くも悪くも主演の2人が絵になるの観れるけどそれ以上でも以下でもない感じ。
    バンドの成り上がり系ではなかったけど劇中の曲で良いのがあったよね!

  • 3.7

    Moguramogumoguさん2021/06/14 14:10

    2021#254
    評価が高いので何の前知識もなく見たけれど、若い人には受けるのでしょう。
    私にはもう一つ刺さるものはなかった。

  • 4.5

    さやかさん2021/06/14 06:33

    泣いた


    人の心に躊躇なく踏み込むアキ

    心の扉を固く閉ざすソウタ


    本来なら交わることのない全く違う世界線のふたりがひょんなことから出逢い、新たな出会いと別れへ歩を進める。




    愛する人をこんなにも傍で見守っているのに抱きしめることの出来ない切なさ
    傍にいようとすればするほど遠くなる

    アキの気持ちを考えるだけで胸が張り裂けるようだった。
    その気持ちを存分に表現した作中歌、「風と星」。鳥肌が立った。

    ラストライブのシーンも、こんなに切なくて、でも希望に満ちあふれた歌があるのかと、そう思わされる素敵なシーンだった。

    歌も演技も上手な新田真剣佑と北村匠海を最高に引き立たせる作品だと思う。

    大好きです。

  • 2.9

    タノさん2021/06/13 20:18

    1人でスペースを確保しているけど、実はとても寂しい男と何でも前向きな男がコンビを組むのが新鮮だった。カセットテープを活かして上書きされるとデータがズレていく様子も上手かった。
    2人とも歌が上手かった。

  • 4.2

    Rinaさん2021/06/12 21:06

    北村匠海も新田真剣佑も最高。設定はファンタジーなのに、内容にはリアリティがあって自然と入り込めた。ただ、やっぱりアキに感情移入しちゃうと、切なくて最後のライブシーンで涙が止まらなくなりました。2人が歌も上手だから、いつもバンド経験ない俳優のバンドシーンで冷めるところ、自然過ぎたのが好印象!!笑

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る