お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

サヨナラまでの30分

G

“サヨナラ”がくれた僕たちの“はじまり”の物語

「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——

詳細情報

関連情報
プロデューサー:内澤崇仁(androp),安井輝
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-09-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春邦画ランキング

サヨナラまでの30分の評価・レビュー

3.9
観た人
3676
観たい人
8637
  • 3.7

    けんさん2020/09/26 17:30

    とりあえず、主役の二人の対照的な歌声がよかったです。あまり個々のエピソードを深掘りしすぎず、心地よい加減で駆け抜ける時間を表現されてました。ちょい出来過ぎ感はありますが…まぁ、嫌いではありません。

  • 4.2

    morさん2020/09/26 09:42

    えーーーーなんでーーーーーー!
    なんてところはちょっとあったけど私は好き。
    曲も、北村匠海くんもよかった。
    映画見た後に曲を聞くと感情がまた押し寄せる。

  • 3.9

    はるさん2020/09/25 21:05

    評価通り良い映画でした^^

    北村匠海くんが歌う映画という時点で
    見てみたいなと思っていた作品。
    ストーリーも最初からテンポが良くて分かりやすかった。

    キャストも皆、ぴったりでした♩

    歌、上手だったなぁ。

  • 3.2

    ペコさん2020/09/25 15:28

    他界したミュージシャンが遺したカセットテープを拾った大学生が、不思議な体験に遭遇するお話。そのカセットテープの再生ボタンを1回押す度に、死んだアキは大学生の颯太の体を30分間だけ借りることが出来るのです。音楽ドラマ、青春、そしてファンタジーが融合していて、爽やかな映画に仕上がっていました。主演の新田真剣佑や北村匠海など、若手人気俳優が勢揃い。個人的には北村匠海の“颯太”と“アキ”の違いを表した演技がとても上手いなと思いました。新田真剣佑も北村匠海も歌がお上手でびっくりしました。
    カセットテープっていうのが世代の僕としては良いですね。たとえ上書きされても、全ては消えないのだ。人生のように1つ1つの出来事が積み重なって進んでいくのだと。颯太もアキも多くの出会いと別れを通して成長していき、本当に大切なことは何かを知る展開は、観ていてとても気持ちが良かったです。展開がサラッとしていて、そんなにトントン拍子に上手くいくものかと疑問には感じました。ストーリー的には感動するほどではなかったですが、顔面偏差値の高さと劇中で歌われる楽曲の良さで粗をカバーしている部分もあったかなと思います。アキに出会わなかったら颯太は就職面接は一生受からなかっただろうな(笑)

  • 3.2

    Fさん2020/09/25 00:55

    北村くんは歌うまなの知ってたけど、まっけんゆうもなの?!
    神様、まっけんゆうに色々与えすぎじゃない?大丈夫??

  • 3.7

    OWeeeeNさん2020/09/25 00:34

    多分楽器全然弾けない形だけのバックのバンドメンバーたちが残念で、設定も「おいおい今は令和だぜ?」感はあったんですけど、主演コンビの結果な頑張りもあって、うまくまとまってる感じでした!

  • 4.1

    しゅがーさん2020/09/25 00:18

    ノリノリの観客と一緒に楽しそうに演奏するバンドと曲を楽しみながら、
    なぜか私はめちゃめちゃ泣いていた。

    アキは本当にかっこいい男だったんだろうなぁ。

    カメラのアングルまるでSONYのCMを
    見ているかのようで、
    映像はまるでさよならまでの30分という曲のMVを見ているかのようで、
    とても気持ちよく、最後まで楽しむことができた。

    わたしもバンドやってみたかった〜〜!

  • 3.3

    松井さん2020/09/24 23:20

    偶然カセットテープを拾った内気な大学生の颯太。そのテープは不思議な力があり一年前に亡くなったバンドのボーカルと入れ替わるスイッチだった。



    バラード系の音楽が心地よい。特にピアノは素晴らしい音色。人間は死んだら終わりではなく心の中にずっと残る。人間関係に消極的な颯太に真逆な性格のマキが積極性の大切さと自分のやりたいことを後押ししてくれる前進する映画で爽やかな気分になる。







    以下ネタバレ感想★★★★








    カセットテープという時代の古さを感じるアイテムで音楽は現代風というアンマッチ。ストーリーは普通で物足りなさも若干感じる。カナが超絶美人でなんとか観れたとこもある。

  • 2.5

    kanameさん2020/09/24 16:17

    亡きミュージシャンの遺したカセットテープが巻き起こす不思議な現象を描いた青春映画。

    成長と成仏…表裏一体となった2人の青年と、その仲間達の話が結構深い…

    ツッコミ所は多々あるものの…爽やかな雰囲気と綺麗な音楽で上手くまとめているあたりは見事だったかなぁと。

  • 3.5

    ゆきにょーんさん2020/09/24 13:56

    北村匠海の歌声と真剣佑のキラキラした笑顔が素敵すぎた、、
    内容がどうとかよりも2人の存在がもう最高だよ
    あと劇中歌がなかなか全部よい、、

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る