お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

散り椿

G

ただ、愛のために――

享保15年。藩の不正を訴えが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛は、連れ添い続けた妻・篠が病に倒れた折、最期の願いを託される。「采女様を助けていただきたいのです……」と。采女とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美と弟・藤吾は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様に惹かれていくのだった。散り椿が咲き誇る春、ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった。しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた。

詳細情報

関連情報
原作:葉室麟
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

散り椿の評価・レビュー

3.5
観た人
3132
観たい人
5311
  • 2.8

    ケンイチ氏さん2021/04/29 03:09

    やっと観れた岡田君時代劇。
    アクションが優秀すぎて殺陣がなんかわざとらしい感じになっちゃったかな?
    カッコいいはカッコいいんだけど😅

    構えている相手にチョイ刺しやチョイ斬りは、いままで観た事なくて実戦っぽくて感心したくらいかな。

    この手の時代劇はみんな死んじゃうんだけど…

    どうせなら連れてってほしかった…

  • 3.5

    じゅんきちさん2021/04/22 08:58

    久しぶりにどっしりとした
    静かな時代劇を見た
    西島秀俊と岡田准一の共演が話題になり、メイキングの殺陣を見ると唸らずにはいられない。
    内容よりも、入りはそのような感じだった。

    時代劇を好きな人なら良いのだけど。この入りかたなら、とても退屈な映画だったのではないか。 でも、そこにある日本独特の文化であったり心に触れると一気に素晴らしくなる話だった。

    時代劇と言えば水戸黄門や暴れんぼう将軍に代表される、勧善懲悪
    極論を言えば、この映画もそういう話に属するのだけど、あのような切ったはった(否定している訳ではない)ではなく

    『椿』という花から連想される美しいけど、儚いストーリーに心は打たれる。

    冒頭にも触れた殺陣
    岡田准一の殺陣は素人目に見てもすごさがわかる。ここまでやれる俳優はいまはなかなかいない。と思わせた一本

  • 3.8

    Rさん2021/04/15 23:01

    TOHOシネマズ上野にて鑑賞。

    この映画、信義を貫いて藩を出た侍(岡田准一)を通して、極めて真面目に「人間の在り方とは?」を描いた木村大作監督作品。
    さすが黒澤組の撮影監督だけあって、映像と構図が綺麗。それだけでなく、物語も芯が通った感動作で、涙流さずには観られない。
    エンドロールの出演者・スタッフ全員の直筆表記は、製作者一同の心込められた思いが伝わって来た。

    正しい行動が必ずしも幸せにつながるものではない現実を受け入れながら、やはり悪とは戦う侍(岡田准一)の姿が良い。
    その侍の妻を演じた麻生久美子も、影の存在感は圧倒的なものとしてスクリーンの背後に存在するものの、もう少し前面に出て来ても(=もっと登場場面が多くても)良かった気がする。
    そのかわり、前面に出て来ていたのが黒木華。「この女優の近年の活躍は凄いなぁ~。『散り椿』にも出ていたのか…。今度公開される『ビブリア古書堂…』にも主演だしなぁ~」などと余計なことを考えてしまった…(笑)

    ただ、四季(春夏秋冬)を綺麗に映しているのだが、登場人物が居る場面での雪が結構なドカ雪(笑)、同じく雨がかなりの本降り(笑)で雪や雨で登場人物が見えなくなるというのは、ややヤリ過ぎな感じがした。

    こうした古風で本格的な時代劇も良いものである。

  • 2.9

    morutekaさん2021/04/11 22:17

    どの視点で見ても中途半端感が否めない。
    映像、カット、編集、演出。
    岡田くんが時代劇向いてるなあということくらいか。

  • 3.4

    ひな鳥ピヨーさん2021/04/05 14:00

    すべてのシーンが画になる美しさ

    斬り口が特徴的で4人のみしか扱えない剣術って。

    散り椿は遺るものがいるから散っていけるなんて詩的な解釈ですね

  • 2.5

    ばずっとさん2021/03/31 07:01

    俳優陣は豪華やけど、ストーリーがいまいちか。原作はシリーズであるから、それを読めばもっと楽しめたかも知れん。

  • 2.5

    ゆきのすさん2021/03/23 22:19

    お話が典型的過ぎるのでどれだけ様式美を追求できるかだと思うのだけど、何もかも無難。殺陣や風景やセットは劇場版仕様なのにどうにもNHK時代劇的。CG血飛沫は悪くない。椿三十郎のあのシーンがカラーだこうかも。ちと鮮やかすぎる。

  • 3.8

    ながのさん2021/03/19 15:40

    岡田准一を愛でる映画。
    やはり岡田准一アクションは最高すぎる。
    一見して強者のオーラが出まくってるのがいい。
    ぱっと見で強さに説得力が出る人なんてなかなかいないぞ。

    殺陣が本当にかっちょいい。

    ただ、ストーリーはなんか、黒幕の動きがなぁ。
    アレで上手く行くと思ってたのだろうか?

    最初から最後までテンションが一定だった気がする。

    役者陣は池松壮亮の演技だけがちょっと気になったかなぁ。

    エッチなシーン無し。

    2021年101本目

  • 2.5

    おかみにゃんさん2021/03/17 22:54

    3/16
    原作が面白かったので、の鑑賞パターン。

    岡田准一は原作のイメージ通りだし、他の役者さんも素晴らしいし、背景も綺麗。
    なのだけど、何かしっくり来ない。ストーリーがあっさりと進み過ぎるからか?
    そしてあの原作に、殺陣シーンは不要。しかも吹きだすほどの赤い血はもっと不要。
    岡田准一の殺陣シーンがメインの映画なら、他の原作を使えば良いのに。

  • 3.4

    ネコ一族さん2021/03/09 18:17

    贅沢な主役級の役者たち、美しい日本の自然美風景、そして素晴らしい殺陣、木村大作監督らしく良かった。
     何より日本映画にありがちな、セリフが聞こえない問題が無かった。良く聞こえてストレスが無かった。
    岡田准一、西島秀俊、麻生久美子、黒木華、池松壮亮、凄い役者ばかりで見ごたえあり。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す