お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ルパン三世 DEAD OR ALIVE

G

脱獄不可能 この島から、生きて戻れた者はいない。

ズフ共和国では、前国王と王子が将軍に粛清されて以来、首狩り将軍による独裁政治が続いていた。だが、政権をとってなお、前国王が隠したとされる漂流島の財宝を入手できていなかった。お宝を狙うルパンは防衛システムの秘密を握るとされる将軍の娘・エメラに接触。だがそれはオーリエンダーという囮の女だった。彼女は将軍に殺されたはずの王子が生きていると知って動揺する。そして、将軍からルパンに100万ドルの賞金がかけられ、殺し屋たちがルパンに襲いかかる。

詳細情報

関連情報
原作:モンキー・パンチ 音楽:大野雄二|根岸貴幸
音声言語
日本語
制作年
1996
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-09-15 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

ルパン三世 DEAD OR ALIVEの評価・レビュー

3.3
観た人
4497
観たい人
447
  • 3.5

    夕暮れの代弁者さん2021/10/08 12:54

    ハードボイルドテイストな作りが良い。

    オチも予想外だったし、何よりルパンの変装技術の完成度に脱帽。

    眉毛が濃いめのキャラ達も原作っぽくて良い感じ。

  • 5.0

    福本さん2021/09/29 04:29

    冒頭のカーチェイスかっけー!!!!!!!!!頭おかしくなるデェ〜🤤🤤
    絵がかっけ〜っす🤤90年代アニメの広過ぎる肩幅のキャラデザがマジで好きなので最高でした。老人zとかね!どいつもこいつも肩幅が広過ぎる!サイコ〜!🤤
    お話はまーこんなもんかな〜って感じ!あ、そうだ!この映画のために作られたのに本編でまったく使われなかったルパン3世のテーマ'96がマジでかっこいいので絶対聴いてネ!💰💰

  • 3.0

    つよさん2021/08/05 18:59

    宝探しに廃墟になった研究所跡みたいな所へ。
    悪い将軍vsレジスタンス
    目がイケメンなルパン。
    アクションかっこいいけどルパン以外が長過ぎか。

  • 2.6

    2298さん2021/05/14 18:59

    キャラデザに違和感しか覚えない笑
    濃すぎて……

    ナノロボットがあんな感じの発想は当時だからか?
    キャラデザに慣れれば、面白いかな。

  • 3.0

    backpackerさん2021/03/28 16:26

    劇場版ルパン三世第6作

    原作者モンキー・パンチ氏が監督したため、ワイルドでハードボイルドなルパン、しなやかな筋肉で覆われた五エ門、超有能で切れ者な銭形警部等、キャラクターが魅力的です。
    ストーリーはシリアスで、非常に原作寄りとなっています。

    滅多に放送しませんので、簡単なあらすじは以下の通り。

    ーーー【あらすじ】ーーー
    首狩将軍のクーデターにより、国王と王子が殺され、軍事独裁国家となったズフ国。
    彼の国では「亡き国王は漂流島に財宝を隠した」という話が伝わっており、首狩将軍もこれを狙っていたが、島の恐るべき防御システムを前に、屍山血河を築くのみであった。
    手も足も出ないルパン一向は、島の秘密の鍵を握るとされる将軍の娘エメラを誘拐するが、彼女は銭形が仕組んだ囮。
    正体は女性工作員、オーリエンダーであった(本作のゲストヒロイン、以下『オーリ』)。

    オーリの連絡を受けた将軍の軍隊は、彼女に構わず攻撃を仕掛ける。
    味方の攻撃により窮地に立たされたオーリを救ったルパンは、彼女が落としたペンダントの写真を偶然見てしまう。
    「この写真の男、この間街の酒場で見かけたな」と話すルパンと次元。
    この言葉を聴いたオーリは、驚きのあまり動揺が隠せない。
    ありえない。そんなことはありえない。
    その写真は、その写真の男は、死んだパニシュ王子、その人なのだから……。
    ーーーーーーーーーー

    本作では、アバンタイトルからOPのシークエンス(ルパンが監獄島から囚人を脱獄させ、看守と派手なドンぱち&カーチェイスを繰り広げます)にて、この作品がスピーディーに展開することを印象付けてきます。
    漂流島の防御システムによる猛攻の速さ。
    攻撃ヘリ(コブラかな?)と強襲ぶたきによるアジト攻めの素早さ。
    漂流島攻略へ向けた動きそのものもテンポよく進みます。
    冗長なルパンは似合いませんので、物語の展開の早さ、コレは常に心掛けてほしいところではあります。


    展開の速度はさておき、本作のポイントを一つ。

    タイトルの『DEAD OR ALIVE』は、ご存知の通り「生死を問わず」というアメリカ西部開拓時代の言葉です。
    カウボーイが牛を都会へと大移動させたり、金鉱・砂金探しで一攫千金を狙ったり、騎兵隊がネイティブ・アメリカンと殺し合いをしたりと、西部開拓は白人移民国家の黎明期の一幕です。

    そんな時代を代表するのが、荒野を駆けるアウトローガンマン達。
    所謂西部劇というのは、この破落戸共が拳銃ぶっ放して暴れ回る物語が大半です。

    ネイティブ・アメリカンを殺して奪い取ったという『血生臭い侵略』を、カッコいいスターを使った暴力礼賛として、美しく正当化しているようですが、西部劇自体は(マカロニも含め)好きです。

    閑話休題
    そんな西部劇の破落戸共に対して、西部社会は悩まされます。
    そこで取られた措置が、その首に懸賞金をかけること。
    懸賞金は土地土地のシェリフ等から受け取ることができます。
    (その土地の法の執行者であるシェリフ、即ち保安官は、今もアメリカで運用されている制度です。)
    そんな賞金首の情報は、保安官事務所のボードに張り出される、お尋ね者の張り紙によって収集します。
    その張り紙に記される一文、それが「Dead or Alive(生死を問わず(報酬を支払う))」ということです。


    さて、そんなタイトルを冠する本作。
    「生死を問わず」の言葉は、邪魔なルパンを賞金稼ぎに殺させるために、懸賞首として手配された為に使用されます。
    ですが、実はこの言葉、直訳そのままのダブル・ミーニングとなっているのです。

    「Dead or Alive」をそのまま読めば、「死んでいるまたは生きている」です。
    コレは、本作のキーパーソンである「首狩将軍の手の者に殺されたパニシュ王子が、何故か生きている」という設定にも直結しています。
    オーリは、生前のパニシュ王子と深い関係(恋仲)であったことがわかります。
    しかし、王子は死に、「王子は乱心した国王に殺され、首狩将軍が仇を討った」という嘘に騙され、首狩将軍の為に暗躍する秘密警察の工作員となります。

    悲しみに暮れ失意の日々を過ごすオーリ。そんな彼女の前に、昔と変わらない姿のパニシュ現れ、事態は大きく展開していきます。
    オーリの前にパニシュが現れるのは、いつもほんの僅か。言葉少なで、オーリはヤキモキするばかりで、疑念は残り続けます。
    彼は本当にパニシュなのか?本物のパニシュなのか?
    結局のところ、パニシュは生きているのか死んでいるのか、それこそが本作の鍵となる点なのです。


    以上までに述べてきた他にも、有機的デザインのナノマシンの生々しい不気味さや、容赦ない破壊描写含むバトルシーンのごちゃごちゃ感、オーリとパニシュの恋物語の結末等、大人の鑑賞に耐えうるルパン三世作品となっております。
    大変良くできた作品ですので、再評価されてほしい作品ですね。

  • 3.7

    まことえんどうさん2021/03/20 21:39

    BGMがおしゃれなんだな。
    最強システムの割に認識機能ザルだなぁとかルパン勢1人も殺せてねぇなぁとかは野暮ですよね。
    古さもまた良いね。

  • 5.0

    琥珀さん2021/03/18 13:40

    どの作品も好きで何度も観ているので、感想割愛。。。

    劇画調。。。

    「経費ケチっちゃ、良い仕事はできねぇさ」

  • 2.9

    plaskiさん2021/02/23 15:12

    レンタルにて。
    ナノマシーン、なんじゃそれ?
    つまらなくなくはない。劇場版というだけあって絵的にはよく作られていると感じた。何も考えずに楽しめるエンタテイメントとし可。

  • 4.0

    Behaさん2020/12/18 00:36


    ・なんかルパン三世に思えないレトロアニメ映画
    ・目の輝きがルパンじゃない
    ・なんかわからんけど個人的には良作
    ・1人でじっくり観るのがオススメ

    鑑賞感想▶個人的にはすごく面白かった映画。ただルパンということを毎回忘れる。レトロアニメの雰囲気漂う映画。

  • 3.3

    もっさんさん2020/11/16 14:14

    作画がイケメン風なルパン。
    2回ほど「ルパンカッコイイ~」というとこがあった。

    お話はまあ楽しめた。

    不二子ちゃんの「ゲロゲロ」に時代を感じた。

    途中でちばてつやさんのキャラのような人物を見つけて、あれ?って思ってたらエンドロールで応援隊という名前で色んな漫画家さんの名前があったからやっぱり!と思った。
    でもちばさん以外のキャラはみつけられずだった。


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る