お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

青葉家のテーブル

G

なりたい私と、なりたかった私

シングルマザーの春子(西田尚美)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽⾹)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来た。そんな優子の母・知世(市川実和子)は、ちょっとした”有名人”。知世とは20年来の友人であるはずの春子だが、どうしようもなく気まずい過去があり…。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:佐藤友子 制作会社:北欧、暮らしの道具店 音楽:剣持学人
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-11-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

青葉家のテーブルの評価・レビュー

3.9
観た人
944
観たい人
4617
  • 4.0

    ハルさん2021/12/05 11:41

    サマーフィルム・・・に続き松本監督の録る世界観がなんとなく好き!!
    ドラマがあるみたいだから観てみたい。

  • −−

    KeitaKuromiyaさん2021/12/02 09:59

    ジブリを連想させる色彩豊かな世界観の中にある、親子を軸とした、甘酸っぱくてほろ苦いお話。

    ちゃんと戦ってる事を理解してもらうのって、難しい
    人それぞれだから
    でも大事なのは、自分のときめきを信じて、目の前にある壁を越えていくこと
    彼女の葛藤が非常に理解しやすくて、
    重くなりすぎずに表現されていて印象的
    若者の苦悩が繊細にキャッチされた作品でした

  • 3.9

    hmsugaさん2021/12/01 01:44

    なかなかよかった。
    ありそうでない脚本で、演出もしっかりと丁寧に作られているかんじでした。
    松本監督の今後も楽しみです。

  • 4.6

    さんそさん2021/11/29 21:42

    序盤の明るい映像とのほほんとした空気から最高に楽しかった。栗林藍希さん、水原希子の若くしたみたい、初々しさがすごい。15歳の時にこんな子と一緒に住むってなったらドキドキ。与田ちゃんの吐きそうとか、西田尚美と市川実和子の二人羽織チャーハンとか、ちょっとだけ素敵な演出。名刺作っちゃうとこ大人から見れば青臭いけど、優子と与田ちゃんからしたらそれがいいんだろうなぁ。映像演出ファッション全体的に青臭いとこに、バンドの演奏の甘酸っぱさが混じって、本当に最高でした。架空のバンドchocolate sleepover を映画の中でリメイクする素敵さ。

  • 5.0

    大きなイカフライさん2021/11/27 16:03

    意外と良かった!!自分の好きな音楽や映画こそが自分のアイデンティティだと思っている80年代〜90年代初期生まれ親世代の子どもたちの葛藤になっていくんだろうね(今作では親世代は70年代生まれだから先取り感があると思う)彼らが中高生になったとき、これって自分が選択したものだっけと悩む。蛙亭好きなので中野さんが出ててニヤニヤしちゃった❕タコス食べたくなる🌮

  • 3.6

    マニさん2021/11/26 22:55

    映画ではなく台詞に頼ったドラマだったし夏もアイコンとして出てくるだけで夏物語ではなかったしテーブルよりもプールや寺のほうが印象強かったけれど、そういえば私も青葉なんだった、と思い出させてくれる作品だった。

  • 3.0

    寛子さん2021/11/24 03:41

    甲州街道の十二月やっぱりいいな…最後までスルスルと観れた。そらおとめいこのやり取りがかなり少なかったので、あの辺りもう少し見たかったなぁと…あとやっぱりYouTubeサイズの作品かなと思った

  • 4.2

    EDDIEさん2021/11/24 00:44

    個性的な4人で暮らす青葉家に居候がやって来た。美術予備校に通う彼女は著名な母に引け目を感じつつ自分の道を突き進もうとしていた。
    親と子の少しの共通点がほんのり感動を誘い迷いを前向きな気持ちにさせてくれるドラマ。

    すっごい良かった!

    もともとはECサイトで配信された短編ドラマがあったらしく、それの映画化。
    Amazonプライムに配信されていたので、ドラマ版もマイリスト入りさせました。全4話なのですぐ観終わりそうですね。

    まずは青葉家について整理しておく必要があります。

    青葉春子(西田尚美):シングルマザーで雑貨などをECサイトで販売している。青葉家では主に料理担当。

    青葉リク(寄川歌太):春子の一人息子。音楽が趣味で自ら作曲も行う。

    めいこ(久保陽香):春子の飲み友達でなぜか共に暮らしている。料理は包丁を使わないがモットー。

    ソラオ(忍成修吾):めいこの彼氏。小説家で脚本を書いたりもしている。料理担当の時は専らハマっているタコスになる。

    この4人が青葉家ですね。

    ここに美術大学への進学を目指して予備校に通うため、一時的に母の同級生である春子のもとに居候することになった国枝優子(栗林藍希)がやって来ます。

    母はテレビにも出演する飲食店経営者の国枝知世(市川美和子)。
    優子は母の知世に洋服でも何でも決められてしまう“母=ルール”に不満を持っており、唯一自らの選んだ美術の予備校が良いをすることで新たな道を切り開こうとしています。

    しかし、予備校では美術の道を目指す才能豊かなメンツだらけで、本当にこれが自分の目指すべき道なのだろうかと思い悩むようにもなります。

    ザックリと大まかな内容ですが、ここから彼女が不安を克服していくきっかけや母との共通点、そしてそれに気づくという一連の流れがとてもドラマチックで良かったですね。

    予備校で仲良くなるのが瀬尾雄大(細田佳央太)と与田あかね(上原実矩)の2人ですが、彼らとの化学反応が素晴らしい。
    思春期の少女ということで、もちろん悩んだり友達とのすれ違いも起きるんですが、その克服の仕方も響いたんだよなぁ。

    そして忘れてはならないのが本作の主役は西田尚美演じる春子だということ。
    子供たちのパートと同時進行で、春子のドラマも同様に進行していっているのです。
    この2種類のエピソードが上手く絡み合うからこそ、感動が2倍にも3倍にもなるわけですね。

    あとは純粋にセットや細かい美術品の色合いがとても鮮やかで美しいんです。
    本作を観るうえで注目してほしいのはこの一つ一つのアイテムの色です。
    “青葉家”という名の通り、青や緑がバランスよく配色されていて、目にも優しく目を奪われるのです。

    もちろんファミリーものということで食卓で団欒するシーンも随所に挟まれます。
    春子の作る料理の一つ一つがとても美味しそうで、忍成修吾演じるソラオの作るタコスも本作でなかなかいい仕事するのでめちゃくちゃ食欲をそそられます。
    明日はタコスを食べようかなとさえ思わされたぐらいです。
    ビールをはじめとしたアルコール類も食卓を彩り、とにかく食欲を刺激される映画です。

    人間的に醜い部分が基本的に出てこない映画なので、ホッコリしたいときにオススメの作品です。

    ※2021年新作映画180本目
    ※2021年自宅鑑賞238本目

  • 4.5

    ほしママさん2021/11/23 15:24

    住まいを心地よく彩るとか
    全く出来ない無粋な人間ですが
    青葉家を囲むナチュラルな
    家具やグリーンや食器に
    まずは、ホッとする気分に。

    不思議な2組で構成される家族に
    夏の間だけ、またひとり。
    突然母から「いっといで」と
    送り出されたとしても
    ここなら何とかやってけそう。
    歓迎のお料理の美味しそうなこと。

    中学生、高校生。
    それぞれに友だちの事
    進路の事で悩みを抱えている。
    (それが、例え優等生でも。)

    でも、今何かをなし遂げたように
    見えている大人たちにも
    そんな時代はあったんだよ。
    そして、今も尚悩みながら
    日々を送っているんだよ‼️

    友だち二人に背中を押されて
    どんな告白❓️って思ったら~🎙️

    かけがえのないひと夏の物語。
    そこは、サマーフィルムと同じ🥰

    ※余談※
    知世同様、ちょっと物を
    取ろうとして腰を痛め
    只今、ベッドで安静中。
    痛くて辛いけど、見逃し作品にも
    出会えて、いいこともあるよ‼️と
    ポジティブに捉えることにしました。

    あんまり好きだったので
    配信ドラマも4話コンプリート🥰

  • 4.4

    marieさん2021/11/23 00:45

    ドラマからのファンです。
    落ち着いたテンポの映画だけど、飽きることなく最後まで楽しめます。
    青春っていいなー。
    そして細田佳央大さん演技うまい〜〜〜

    はぁちゃんライスがどんな味なのか気になる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る